オーストラリア 専門留学 / TAFE(学生ビザ)

オーストラリア専門学校 / TAFE 留学って?

オーストラリアには、私立専門学校やTAFEと呼ばれる公立の職業訓練校があります。ビジネスやホスピタリティ、ツーリズム、ビューティーなどの幅広い専門分野に関するコースが開講されています。コース期間は半年から長期パッケージですと6年超。専門分野を学んだりスキルを高めるために通うための学校であり、もちろん授業はすべて英語です。そのため、入学には一定の英語力が不可欠となります。ただし、英語力が求められるレベルに達していない場合、その専門学校もしくはTAFEに併設もしくは提携している語学学校で基礎英語力を伸ばしてからの進学も可能です。

専門分野に興味のある方や、スキルアップとして学びたい方、オーストラリア独自の分野を学びたい方におすすめです。

オーストラリアで専門学校 / TAFE留学がおすすめな3つの理由

Point 1

学べる専門分野の幅が広い

専門分野の幅が広く、私立専門学校では一般的なビジネス、ホスピタリティなどの分野はもちろんのこと、オーストラリアならではの分野でもあるツーリズム、ヨガ、ビューティーなどを提供する学校もあります。

TAFEは公立の職業訓練専門学校であるため、オーストラリア国内のあらゆる職業に対応できるような人材を育成するために私立専門学校よりも更に多種多様なコースを提供しています。そのため学校の規模は大きく、多くの専門分野、選択科目などが学べます。

Point 2

世界一グローバルな環境で留学

人種のサラダボウルと呼ばれるオーストラリア。ワーキングホリデーや留学、就労、移住などさまざまな理由で世界各国から人が集まり、多様な文化が共存しています。専門学校の留学では英語で専門分野を学ぶため、ベースとしての英語力が必要になります。入学条件にも必要英語スコアが設定されていて、専門学校やTAFEで出会う他国の生徒の英語力は非常に高いと感じるでしょう。特に私立専門学校は、海外からの留学生の比率が高くなっています。一方で、TAFEは公立なだけあってオーストラリア人の生徒がほとんどで、オーストラリアらしい雰囲気の中で学習ができます。

Point 3

学生ビザでも働ける

オーストラリアで学生ビザ取得をおすすめしたい1番の理由は就労許可(Work Permit)です。本来学業がメインである学生ビザ保持者は、就労できない国が多いのに対して、オーストラリアの場合2週間で40時間以内という制限はあるものの、働けるというメリットがあります。更に学校がホリデー期間に入ると時間制限がなくなりフルタイムで就労も可能。学校で勉強しながら働けるオーストラリアでは生活に必要な資金を補うことが出来るため、費用的なメリットと海外で働く事によって経験やスキルを磨くチャンスがあります。

オーストラリアの専門学校 / TAFE 留学(学生ビザ)でできること

専門学校/ TAFEで開校されているコースは短くても半年、長いと6年程徹底的に学習することも可能です。
英語で専門分野について学ぶということは将来のキャリアや経験・スキルに直結していきます

実践的な英語を用いて、高度な専門分野を学べる

専門分野を英語で学ぶのに、もちろん基礎英語力は欠かせません。ただ、専門分野の基礎を学べるだけでなく、その分野に関連する実践的な英語も身につくため、総合的な力を手に入れることができます。その後、外資系企業への就職や、転職を考えている方にとっての強みとなります。

働くことができる

他国の語学留学ではWork permit(就労許可)がなかったり働くことが難しかったりしますが、オーストラリアの専門学校 / TAFE留学では実際に働くことができます。もちろん本来の目的は勉学ですので2週間で40時間までと規制はありますが、仕事を通しさまざまな経験やスキル、実践英語を学び滞在費用まで稼ぐことができます。

ホリデーを使って、好きなことを楽しめる

基本的に12週間の就学ごとに、数週間のホリデー(休暇)期間があります。このホリデー期間を使って、広大なオーストラリアをラウンドトリップ(1周)や観光・旅行をしたり、オーストラリアならではの趣味やスポーツに挑戦することもできます。

オーストラリア専門学校 / TAFE 留学はこんな人におすすめ

オーストラリア専門学校 / TAFEについて

オーストラリアで専門分野を学びたい場合、専門学校とTAFEという2つの選択肢があります。この2つがそもそもどのように違うのか、学校の規模やコースなどを中心に比較してみましょう。それらを踏まえて、ご自身にぴったりの学校選びをすることで理想的な留学となります。

VET私立専門学校

格安の費用で専門分野をインターナショナルな環境で学べる

VET(Vocational Education and Training)専門学校とは私立の専門学校でCollege=カレッジとも呼ばれます。専門学校のキャンパスのほとんどは主要都市にあり、特定の専門分野にしぼった授業内容が提供されます。主に海外の学生を受け入れる私立専門学校では多国籍な環境の中学ぶことができ、国際的な感覚を養うことができます。また、日本人学生向けの学費が安い学校が多い点も人気な理由です。

TAFE州立職業訓練専門学校

豊富なコースをオーストラリア人のローカル学生と学べる

TAFE(Technical and Further Educationの略。テイフ)は、公立の職業訓練専門学校です。オーストラリア全国にキャンパスがあり、州ごとに運営されています。コースの種類も非常に多く、ビジネス、エンジニア、看護、福祉、農業など300以上のコースを提供しています。また、 TAFEは主にオーストラリア人が通う学校なので、ローカル学生と一緒に学ぶことができます。

専門学校とTAFEの比較

TAFE 私立専門学校
ロケーション オーストラリア全土 主に主要都市部
キャンパス キャンパスを持つ所が多い 主にビルなどの一角
学校規模 大規模 小・中規模
学生の国籍 主にオーストラリア人 多国籍な留学生
入学日 通常、年2回(2,7月) 多くの入学日を設定
コース期間 普通 短め
付属の語学学校の有無 あり あり(学校によって異なる)

専門学校とTAFEの違い

TAFEは公立の職業訓練専門学校であるため、オーストラリア国内のあらゆる職業に対応できるような人材を育成するための多種多様なコースを提供しています。そのため、学校規模は大きく、多くの専門分野、選択科目などが学べ学生も主にオーストラリア人。
一方、私立の専門学校はビジネス、ホスピタリティ、ツーリズム、ビューティーなどの特定の専門分野にしぼり多国籍な留学生と共に比較的安い学資で学ぶことができます。

取得できる資格、学位について

資格や学位の取得に必要とされる基準というのは、オーストラリアの高等教育期間であるAQF(Australian Qualifications Framework)によって定められています。その基準を満たしていれば、専門学校とTAFEの履修期間の違いや、各専門学校が設定する履修期間やコース内容、授業料の違いにかかわらず同様の資格、学位が取得できます。

オーストラリア専門学校 / TAFE 留学の入学について

入学条件

英語力:IELTS5.5以上

英語力の証明にはIELTS5.5ポイント以上やそれに相当する英語力が必要となります。基本的に、TOEICや英検などは利用できません。また専門性が高い翻訳、通訳、医学関連などのコースは、さらに高い英語力(IELTS 6.5〜7.0など)が必要になります。

英語力証明がない場合やレベルが足りない場合、ダイレクトエントリーという方法があります。これはまずTAFEや専門学校、提携の語学学校で英語レベルチェックテストを受け、その後TAFE付属語学学校や提携の語学学校で英語を勉強し、必要スコアに相当する英語力への到達が認められれば、IELTSスコア証明なしで入学できるシステムです。初めに語学学校で英語や現地の生活に慣れた上で、専門コースをスタートできるのもメリットです。

※IELTS(アイエルツ)試験:イギリスやオーストラリアなど世界の英語圏でメジャーな英語能力試験のこと


出願書類

専門学校 / TAFEへの出願をご希望の場合は、下記4点の出願書類が必要となります。

・最終学歴の卒業証明書(英文)
・最終学歴の成績証明書(英文)
・英語力の証明書(IELTSのスコアや語学学校のレベル証明)
・パスポートのコピー


入学時期

専門学校の場合:年に複数回

基本的に年4回です。ただし学校によっては毎月設定しているところもあります。独自の教育方針があるためこのように柔軟な受け入れが可能です。

TAFEの場合:通常2月と7月の年に2回

年に2回の7月と2月に入学日を設定しています。コース開校日の3~4カ月ほど前から募集を開始し、人気のコースは早く定員となる場合もあります。また、コースによっては入学時期が異なることがあるので、IELTS受験、成績証明書の入手、申込み締切日などに十分注意して準備を行いましょう。

オーストラリアの専門学校 / TAFE 留学のビザについて

学生ビザの基本情報

オーストラリアで、3カ月以上の専門学校 / TAFE留学を目的とする場合、学生ビザを取得して留学します。

申請条件 高校卒業以上の学歴
ビザ申請料 575豪ドル※2018年7月より申請代金が変更となりました
就労条件 最大週20時間の就労が可能
その他
  • 心身ともに健康であること
  • 通学する学校は、政府認定校(CRICOS)であること
  • 十分な資金を所持していること

学生ビザの申請について

申請方法

申請方法 オンライン申請のみ可能です
支払い方法 クレジットカード払いのみ
使用可能クレジットカード VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、International American Express

申請時に必要となるもの

申請料 575豪ドル
パスポート 有効期限が1年以上あるもの
海外留学生保険(OSHC) OSHC(海外留学生保険)は、オーストラリアの国民保険であるメディケアでの補償と同等のものを留学生に提供し、留学生がオーストラリア滞在中の病気や怪我などの際に適切な医療を少ない負担で受けられるようにするためのものです。このOSHCは主に、オーストラリアの民間最大手保険会社で取り扱われています。
オーストラリア政府により、オーストラリアへ学生ビザで滞在する全ての学生はOSHCへの加入が義務付けられています。また、こちらは学生ビザの期間全体で加入している必要があります。
入学許可証(CoE) CoE(Confirmation of Enrolmentの略)は、入学許可証のことです。これは入学申請後、学校が政府に対し、入学申請した学生がその学校で就学することを保証する証明書です。この証明書と、証明書に記載されているCoEナンバーが、学生ビザ申請時に必要となります。
GTE Assessment GTE(The genuine Temporary Entrantの略)は、学生ビザ申請者がしっかりとした就学目的のある一時的な入国者であるかどうかを確認するために行われる審査のひとつで、非常に重要なものです。この審査はビザ申請の段階で行われ、自分がGTE要件を満たしている正当性を2000字以内で説明します。

移民局の状況により発給までにかかる日数は異なります。

※ビザ申請後に健康診断の受診や追加書類の提出が求められることがあります。その場合、最長4〜6週間以上要することもあります。

具体的なコース(スキル / 資格)と卒業後の職種の紹介

私立専門学校は一般的なビジネス、ホスピタリティなどの分野はもちろんのこと、オーストラリアならではの分野でもあるツーリズム、ヨガ、ビューティーなどを提供する学校もあります。TAFEは公立の職業訓練専門学校であるため、オーストラリア国内のあらゆる職業に対応できるような人材を育成するための多種多様なコースを提供しています。そのため学校の規模は大きく、多くの専門分野、選択科目などが学べます。

一般系

ビジネス マーケティング、営業、事務、マーケター、管理職
会計 会計士、アカウンティングマネージャー
IT コンピューターエンジニア、ウェブ関係
ホスピタリティー レストランやホテルでの接客、ホテルマネージャー
トラベルツーリズム 旅行会社、航空会社
社会福祉 コミュニティーセンターや福祉施設のヘルパー
看護 アシスタントナース、看護師

教育系

チャイルドケア チャイルドケア教師、インターナショナルスクール教師
J-shine 日本人小学校英語教師
TECSOL 小学校英語教師
TESOL 小・中・高等学校英語教師、英会話学校教師

スキル系

クッカリー シェフ、パティシエ
ビューティー エステティシャン、アロマセラピスト、ネイリスト、まつげエクステ
ファッション デザイナー、マーチャンダイザー、ファッションコーディネーター
ヨガ ヨガインストラクター
スポーツ スポーツトレーナー、パーソナルトレーナー

オーストラリアの主要都市について

シドニーはオーストラリア最大の都市であり、ニューサウスウェールズ(NSW)州の州都でもあります。留学生や移民も多く、自然と都市が融合した多様な民族・文化が共生する、多様性に富んだ世界屈指の国際都市です

詳細情報

メルボルンはビクトリア(VIC)州の州都であり、国内ではシドニーに次ぐオーストラリア第2位の都市です。「世界で最も住みやすい都市ランキング」で7年連続1位を獲得しており、落ち着いた英国風な街並みが特徴です。

詳細情報

クイーンズランド(QLD)州南東部に位置する、ゴールドコースト。亜熱帯性気候に属し、年間晴天率は約70%と1年を通して快適な気候であり、オーストラリア最大の観光保養地として有名な地域です。

詳細情報

クイーンズランド(QLD)州南東部に位置し、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市であるブリスベン。都会的な雰囲気と自然豊かなリゾートの薫りを一度に楽しめる地域で留学先としても人気です。

詳細情報

オーストラリア北東部、ファー・ノース・クイーンズランド地方の中心都市ケアンズ。世界最大のサンゴ礁グレート・バリア・リーフと美しい湿潤熱帯地域という「海と山」両方の世界遺産を持つ、このエリアの観光拠点です。

詳細情報

西オーストラリア州最大の都市であるパースは、穏やかな気候とゆったり流れるスワン川、そして美しいビーチが特徴です。こぢんまりと便利で美しい街並みの中で、リラックスした留学生活を楽しめます。

詳細情報

オーストラリア留学ワールドだからできる充実の語学留学サポート

留学期間を無駄にしないプランをご提案!

1.日本内閣府公認 NPO留学協会認定 海外留学アドバイザーが在籍

留学の成功はプランニングが大きく鍵を握っています。カウンセラーは全員留学経験者。だからこそあなたには成功して欲しい。そのような思いを持ってご対応致します。
また、日々移り変わるビザや現地情報・学校の状況等も現地スタッフがいるからこそ、常に最新でリアルな情報をご提供して、充実した留学となるようにプランニングの段階からとことんサポート致します。オーストラリア現地スタッフがあなたのご希望をしっかりとお聞きして最適な学校やプランをご提案致します。

不安な初留学でもご安心を!

2.オーストラリアオフィスで万全のサポート体制

留学のロケットスタートを切って頂くためにも到着後しなければいけない手続きや現地での必要なことをスムーズに進めて行きます。
そしてオーストラリア現地到着後、皆さんが困る家探しや仕事探しまでサポート。現地にオフィスがあるからこそできる充実のサポートはオーストラリア留学ワールドが選ばれる理由の1つです。その他無料サポートのビザ申請・銀行口座開設・携帯電話・TFNやRSA取得まで充実のサポートをご提供。

詳しいサポート内容はこちら

いざという時に役立つ!

3.緊急時の24時間連絡対応

病気やトラブルの際、スタッフ直通の電話番号/LINE/Skypeにて24時間、日本語でご対応致します。また、24時間緊急サポートで最もご連絡の多い、到着時の飛行機の遅延やキャンセル・ピックアップサービスなどのご到着に関わることもご対応。
海外での生活でご本人様も親御様も心細い気持ちや心配があるかと思いますが、現地で親御様のご連絡やご要望にも可能な限りご対応いたしますのでご安心くださいませ。トラブルや緊急時は全てご自身で解決しようとせずに、お気軽にスタッフへご連絡くださいませ。

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ