オーストラリア 短期留学(観光ビザ)

短期留学とは

短期留学とは、最短1週間〜最長3ヶ月間の留学を指します。

「忙しいので短期間で集中して英語力を身に付けたい」
「留学してみたいけど準備や手続きが大変そうで手が出ない...」

そんな方にぴったりなのが短期留学。

「観光ビザ」という面倒な手続き一切なしのビザで渡航可能で、学生は夏休みなどの長期休暇、社会人なら有給休暇に気軽に挑戦できるのが特徴です。

学校に通って英語を学びながら、休日にオーストラリアの美しい海でサーフィンをしたり、広大な大自然でのハイキングなど、メリハリのある生活ができるのがオーストラリアの魅力。

世界中の留学生から人気のオーストラリアは、語学学校も豊富なので、英語初心者の方も安心して自分のレベルに合わせて学ぶことができます。観光とはひと味違うローカルな海外生活を体験できるため、長期留学の下見として短期留学を活用する方も少なくありません。

オーストラリア短期留学がおすすめな3つの理由

Point 1

短期間・低コストで気軽に挑戦できる

短期留学とは最短なものは1週間から挑戦できます。普段仕事が忙しく、なかなか海外に行く時間がない社会人の方でも有給休暇を使えば不可能ではありません。期間が短い分コストも抑えられるので、学生の方も夏休みなどの長期休暇を利用して留学に挑戦できます。「オーストラリアは物価が高い」と心配する方も多いですが、実際、家賃はシェアハウスやバックパッカーズホステルに滞在することによって、滞在費を抑えることが出来ます。また、生活費も自炊する頻度を増やすなど工夫をすれば日本と大きく変わりません。語学力だけでなく、生活力を高められるのも留学の醍醐味です!

Point 2

語学・資格・観光の全てが実現可能

短い滞在期間でも目標を掲げて勉強すれば、確実に英語力は身につきます。少なくとも英語を使う抵抗感はなくなるでしょう。世界各国から留学生が集まるオーストラリアには、資格が取得出来る学校や語学学校もたくさんあります。語学学校に通いながらバリスタやダイビングなどの資格を取得することも可能です。学習面だけでなく、観光も充実しているのがオーストラリア。イギリス植民地時代からのおしゃれな西洋的街並みも都心部に残しながら、少し離れれば美しい海や山などの大自然も楽しめるオーストラリア。実際に住んでみることで、観光では味わえないローカルな場所も楽しめるのが、短期留学ならではの魅力です。

Point 3

世界トップクラスの留学環境

オーストラリアは「世界でもっとも住みやすい国」と言われるほど、経済的にも豊かな国です。盗難も他の外国と比べると圧倒的に少ないので、最低限の注意を払えば事件に巻き込まれるという心配はありません。一年を通じて雨が少なく暖かいので、とても過ごしやすい環境です。親日なオーストラリア人も多く、街を歩けば日本食や日本の商品が地元の人に愛されている光景をたくさん見かけるでしょう。新たな環境に不安を抱えるあなたにとって、親日家の多いオーストラリアはとても友人をつくりやすい環境です。また「人種のサラダボウル」という多国籍国家としての異名をもつオーストラリアでは、あなたに世界各国に友人をつくるチャンスを与えてくれること間違いありません。きっとあなたの視野や考え方を広げるきっかけになります。

こんな人におすすめ

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ

短期留学3のおすすめプラン

短期留学といっても、個人によってかかる費用や過ごし方はかなり異なります。具体的には、滞在期間や住まい形態(ホームステイ・シェアハウス・学生寮)、通う学校によって個人差が大きく出ます。今回は実際の留学経験者による1週間滞在の場合、1ヶ月滞在の場合、3ヶ月滞在の場合と滞在期間別に大まかにご紹介します!予算の参考にしてみてください。

1週間超短期留学プラン

滞在期間 1週間
就学期間 1週間
滞在先 バックパッカーズホステル
準備費用 約16万円
  • 観光ビザ:1,600円 ($20)
  • 航空券:(往復)80,000円
  • クレジットカード付帯海外保険:0円
  • バックパッカー滞在費:17,000円 ($210)
  • 食費:20,000円($250)
  • 雑費:4,000円($50)
  • 学費:40,000円 ($500)(入学金$200+授業料$300/週 )

合計:162,600円 ※1ドル80円換算

経験者の声

アイさん

忙しい仕事の合間に一週間の休暇がとれたアイさんは念願の超短期留学にチャレンジ!語学学校に行くことで、短期間でも海外の友人をたくさんつくることができたアイさんは友人から多くの刺激を受けたそうです。バックパッカーズホステルというリーズナブルな滞在方法で準備費用を安く抑えた分、週末にはダイビングなどオーストラリアならではのレジャーに人生初チャレンジ。充実した一週間を過ごすことができたそうです。

1ヶ月短期留学プラン

滞在期間 1ヶ月
就学期間 4週間
滞在先 ホームステイ
準備費用 約34万円
  • 観光ビザ:1,600円 ($20)
  • 航空券:80,000円(往復)
  • クレジットカード付帯海外保険:0円
  • ホームステイ滞在費用(朝晩食事付き):120,000円($1,500)
  • 交通費(ステイ先からシティー):10,000円($125)
  • 食費(ホームステイで朝夜は出るのでランチのみ) :10,000円 ($125)
  • 雑費:10,000円 ($125)
  • 学費:112,000円($1,400)(入学金$200+授業料$300/週 )

合計:343,600円 ※1ドル80円換算

経験者の声

カナさん

海外旅行をきっかけに長期留学に興味をもちながらも、1ヶ月以上の海外滞在は初めてのカナさん。まず第一歩として、食事を用意してくれるホームステイタイプの短期留学を決意しました。現地のことについて何でも教えてくれるホストファミリーはとても頼りになる存在。語学学校から帰宅した後も、英語を使う機会に恵まれたカナさんは1ヶ月の短さながら自身でも驚くほど英語力を身につけることができました。この経験をきっかけに長期留学を挑戦する決心もついたそうです。

3ヶ月短期留学プラン

滞在期間 3ヶ月
就学期間 12週間
滞在先 シェアハウス
準備費用 約65万円
  • 観光ビザ:1,600円 ($20)
  • 航空券:80,000円(往復)
  • クレジットカード付帯海外保険:0円
  • クレジットカード付帯海外保険 0円
  • シェアハウス滞在費 144,000円 ($1,800)
  • 食費(自炊多め) 96,000円 ($1,200)
  • 雑費 24,000円 ($300)
  • 学費 304,000円 ($3800)(入学金$200+授業料$300/週 )

合計:649,600円 ※1ドル80円換算

経験者の声

ユウタさん

思い切って3ヶ月の休みを取得し留学に挑んだユウタさんは、前半8週間は語学学校の一般英語コースで英語力を身につけ、後半4週間はその英語力を活用してバリスタ資格取得にチャレンジ。英語力を身につけ、海外での資格取得を経験をすることで、日本帰国後のキャリアにもつながりました。海外の方とシェアハウスに住んでいたため、英語でのコミュニケーション力も成長することができたようです。お休みの時間も多くとれたユウタさんは、観光ではなかなか行けないローカルなスポットもたくさん巡れたそうです。

短期留学で学べる科目や資格

一般英語コース

英語初級から受講可能で、初めてのご留学の方はほとんどの方が一般英語コースからのスタートとなります。リーティング・スピーキング・リスニング・ライティングの4技能をバランス良く鍛えることができ、クラスは初級~上級まであります。

バリスタ

バリスタとはイタリア語でBar(バー)でServise(サービス)する人を意味します。お客様の好みや体調に合わせて一杯一杯コーヒーを淹れる接客のプロです。コーヒーに関する基礎知識やエスプレッソマシーンの使い方などを学びます。英語でコースをたった数時間受講することで、Certification(証明証書)を取得でき、現地のカフェで職を探す際に有利になることもあります。

医療英語(看護・介護)

一般的に医療英語は医療現場で使われる単語や表現を学びます。またOET(Occupation English Test)と言われる、医療に携わる人のために作成された語学力判定試験コースを受講することも可能です。テストはリスニング、スピーキング、ライティング、リーディング全セクションを網羅し、実際の医療現場を想定した問題が作成されています。医療関係従事者の方で海外に活動の幅を広げたい方におすすめです。

J-SHINE (児童英語教師養成講座)

J-shineコースとは、日本の小学校で英語を教えることのできるNPO小学校英語指導者認定協議会認定の資格、「小学校英語指導者資格」を取得するためのコースです。 将来、日本で児童英語教師として働きたい方、子供が好きで英語を使って仕事をしたい方、海外の小学校教育について学びたい方にぴったりのコースです。

TESOL(英語教師養成講座)

TESOLとはTeaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語でない人向けの英語を教える資格です。世界中で英語を教えるのに有効な国際資格と言えます。英会話スクールでは講師の募集要項にTESOLの保有を条件にしているところも多くあり、英語指導スキルが一定水準に達していることの証明としても有効です。

日本語教師養成講座

オーストラリアで日本語を教えるための資格です。海外での日本語教師は日本人としてのアイデンティティーを最大限に発揮できる場といえます。日本語を教えるだけでなく、海外での教育現場を体感できたり、海外の子供と接することでもコミュニケーション能力を身につけることもできます。

ケンブリッジ検定

日本での知名度は低いですが、世界150カ国で実施されるもっとも有名な英語試験です。就職の幅を広げたい方や、海外の高等機関への留学を検討している方にはおすすめな資格です。知識量ではなく英語をつかいこなす能力も問われるため、英語のレベルアップにも最適です。

TOEIC

Test of English for International Communicationの略で、主に英語を母国語としない人を対象とした英語によるコミュニケーション能力を測る検定試験です。日本では就職活動などに英語のレベルを測る判断材料として多くの企業が採用しています。

IELTS

International English Language Testing System(IELTS:アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、およびイギリス、オーストラリア、カナダなどへの海外移住申請に必須となるテストです。TOEICよりもより学問的な英語力が求められ、ライティング、スピーキングもリーディング、リスニングに加えて試験科目に課されています。

EAP 進学英語

English for Academic Purposesの略です。このコースでは4技能はもちろん、レポートやエッセイの書き方、プレゼンテーションやディスカッションなど進学後に役立つ事を中心に学習していきます。通常オーストラリアでは入学条件としてIELTSを採用していますが、EAPコースで一定の成績で修了することにより、専門学校、大学、TAFE等へ直接エントリーができます。自分が将来進みたいコースが事前にわかっているのであれば、そのコースがある大学への直接エントリーができる学校に通学するのが賢いルートです。

オーストラリアの主要都市について

シドニーはオーストラリア最大の都市であり、ニューサウスウェールズ(NSW)州の州都でもあります。留学生や移民も多く、自然と都市が融合した多様な民族・文化が共生する、多様性に富んだ世界屈指の国際都市です

詳細情報

メルボルンはビクトリア(VIC)州の州都であり、国内ではシドニーに次ぐオーストラリア第2位の都市です。「世界で最も住みやすい都市ランキング」で7年連続1位を獲得しており、落ち着いた英国風な街並みが特徴です。

詳細情報

クイーンズランド(QLD)州南東部に位置する、ゴールドコースト。亜熱帯性気候に属し、年間晴天率は約70%と1年を通して快適な気候であり、オーストラリア最大の観光保養地として有名な地域です。

詳細情報

クイーンズランド(QLD)州南東部に位置し、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第3の都市であるブリスベン。都会的な雰囲気と自然豊かなリゾートの薫りを一度に楽しめる地域で留学先としても人気です。

詳細情報

オーストラリア北東部、ファー・ノース・クイーンズランド地方の中心都市ケアンズ。世界最大のサンゴ礁グレート・バリア・リーフと美しい湿潤熱帯地域という「海と山」両方の世界遺産を持つ、このエリアの観光拠点です。

詳細情報

西オーストラリア州最大の都市であるパースは、穏やかな気候とゆったり流れるスワン川、そして美しいビーチが特徴です。こぢんまりと便利で美しい街並みの中で、リラックスした留学生活を楽しめます。

詳細情報

オーストラリア留学ワールドだからできる充実の語学留学サポート

留学期間を無駄にしないプランをご提案!

1.日本内閣府公認 NPO留学協会認定 海外留学アドバイザーが在籍

留学の成功はプランニングが大きく鍵を握っています。カウンセラーは全員留学経験者。だからこそあなたには成功して欲しい。そのような思いを持ってご対応致します。
また、日々移り変わるビザや現地情報・学校の状況等も現地スタッフがいるからこそ、常に最新でリアルな情報をご提供して、充実した留学となるようにプランニングの段階からとことんサポート致します。オーストラリア現地スタッフがあなたのご希望をしっかりとお聞きして最適な学校やプランをご提案致します。

不安な初留学でもご安心を!

2.オーストラリアオフィスで万全のサポート体制

留学のロケットスタートを切って頂くためにも到着後しなければいけない手続きや現地での必要なことをスムーズに進めて行きます。
そしてオーストラリア現地到着後、皆さんが困る家探しや仕事探しまでサポート。現地にオフィスがあるからこそできる充実のサポートはオーストラリア留学ワールドが選ばれる理由の1つです。その他無料サポートのビザ申請・銀行口座開設・携帯電話・TFNやRSA取得まで充実のサポートをご提供。

詳しいサポート内容はこちら

いざという時に役立つ!

3.緊急時の24時間連絡対応

病気やトラブルの際、スタッフ直通の電話番号/LINE/Skypeにて24時間、日本語でご対応致します。また、24時間緊急サポートで最もご連絡の多い、到着時の飛行機の遅延やキャンセル・ピックアップサービスなどのご到着に関わることもご対応。
海外での生活でご本人様も親御様も心細い気持ちや心配があるかと思いますが、現地で親御様のご連絡やご要望にも可能な限りご対応いたしますのでご安心くださいませ。トラブルや緊急時は全てご自身で解決しようとせずに、お気軽にスタッフへご連絡くださいませ。

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ