【おすすめ4選】日系の海外留学保険!補償内容や選び方も解説

日本の海外留学保険ってたくさんありますよね。しかも補償内容も海外旅行保険と比べて多いので、何を付帯するか悩みます。この記事では、海外留学保険とはどういった内容なのかや、海外保険の基本的な補償内容から、海外留学保険ならではの付帯している補償内容を解説。さらには、おすすめの海外留学保険4選もご紹介します。これで保険会社もこれで迷わず選べます。ぜひ参考にしてくださいね。

海外留学保険とは?

海外留学保険とは一般的な海外旅行保険をベースとして、それにプラスで留学生に必要な補償をセットしたものです。
一般的な海外旅行保険は、渡航先で病気やケガをしたときの治療費、他人にケガをさせてしまったり他人の持ち物を壊したりしてしまった場合の賠償責任、自分の持ち物が破損したり盗難に遭ってしまった時の補償が付いています。海外留学保険には、長期滞在を想定して起こり得るリスクへのカバーがプラスされています。

海外留学保険の補償内容の解説

基本的な補償

まずは基本的な補償内容を知りましょう。ここにある補償内容が全て付帯されているわけではありません。一度目を通し、「これはいらない」という場合は付帯しないという選択もあります。保険会社によって違うので確認してください。

留学先で病気やケガをした時の補償

治療費用補償」「救済者費用補償」「病気・障害死亡補償」「障害後遺障害補償」は主に医療に関する補償です。特に押さえておきたい補償は治療費用補償救済者費用補償です。治療費用補償は、診察や入院、手術などでかかった費用を一定の限度額の範囲内でカバーしてくれます。救済者費用は、移送や搬送にかかる費用をカバーします。

人やモノを傷つけた時の賠償責任の補償

賠償責任補償」は他人や他人のモノに損害を与え、賠償責任を負った時に補償されます。

携行品や交通機関のとラブルがあった時の補償

携行品損害補償」「航空機委託手荷物遅延費用補償」「航空機遅延費用補償」があります。自分の携行品や他人から無償で借りている携行品が盗難や破損といった偶発的な事故にあい損害を受けた時の補償です。また飛行機の遅延やトラブル、受託手荷物の受け取りが遅れたことにより発生した想定外の費用を補償してくれます。

 

あれば安心の補償

保険によっては付帯するかしないか選べる場合があります。なので海外留学保険を選んだからといって、下記の補償が全てが付帯されているわけではありません。自分が選んでいる補償内容の確認をしてください。

留学中に人やモノを傷つけた時の賠償責任の補償

留学生賠償責任補償」は海外留学中に「日常生活に起因する事故」または「居住施設の所有・使用または管理に起因する自己」で他人にケガをさせたり、他人に損害を与えて賠償責任を負ったときに、補償をしてくれます。イメージとしては、賠償責任よりさらに広い範囲で補償がされます。通常の保険ではここまでの範囲は補償されていません。

留学中に携行品にトラブルがあった時の補償

留学生生活用動産損害補償」は留学中に「生活用動産」が盗難、破損、火災等の偶然な事故にあった場合に補償されるもの。イメージとしては、携行品損害よりさらに広い範囲で補償されるます。
「生活用動産」とは被保険者が所有している物、留学のために他人から無償で借りた物、宿泊、居住施設に保管中のものの事です。

例えば、アパートに置いていた自分で買ったテレビが盗まれた場合、保険適応となります。

留学中に家族に不慮の事故があった時の補償

留学継続費用補償」は留学生の扶養者が事故により死亡または重度後遺障害となった場合、留学継続の費用を補償されるもものです。
例えば父親が死亡し、留学生が経済的な基盤を失ってしまった場合、学業を継続できない状況に陥いることを回避するためのものです。

海外留学保険を選ぶ際のポイント

  • 保険料・補償内容はどうか
  • サポートディスクなどが24時間電話が繋がるか
  • 自宅や学校近くにキャッシュレスの病院はあるか

保険料や補償されている期間、内容をまず初めにチェックしましょう。期間が保険適応外だったや高すぎて払えない場合があっては大変です。
その次に海外留学中に日本語でのサポートがあるかをチェックします。24時間対応であることも忘れずに確認してください。
最後に、キャッシュレス対応の病院が近くにあるか確認しましょう。キャッシュレスとは、保険会社が提携している病院に関してはお金を払わずに治療を受けることができることです。いざという時にキャッシュレスの病院があると自己負担が軽減されます。国によっては多額の治療費が必要な場合があるので、日本と同じ感覚ではいけません。この3点をおさえて海外留学保険を選んでください。

おすすめ海外留学保険4選

1. 東京海上日動 留学・ワーキングホリデープラン

東京海上日動 留学・ワーキングホリデープラン

【契約可能期間】6ヶ月から2年。

東京海上日動なら、世界中のどこにいても、日本の東京海上日動海外総合サポートデスクに24時間いつでも相談ができるので安心です。また世界80都市以上の病院と提携し、キャッシュレスサービスを受けることができます。
東京海上日動の留学生プランは、留学やワーキングホリデーでアパートやマンションを借りて滞在する方におすすめのプランです。 なぜなら、留学賠償責や留学生活動産損害も補償内容に入っています。また、7ヶ国語に対応対応する保険加入証明書の発行サービスがあります。

 

2. 損保ジャパン日本興亜 留学・ワーホリプラン

損保ジャパン日本興亜 留学・ワーホリプラン

【契約可能期間】6ヶ月から2年。

損保ジャパン日本興亜は、留学・ワーキングホリデーの方にも選択ができる保険です。「海外メディカルヘルプライン」「海外ホットライン」で万全のサポート体制。 渡航目的が変更になっても最長2年まで延長可能ですので、留学やワーキングホリデー後、現地で滞在延長をする可能性のある方には安心のプランです。
24時間対応のサポートディスクはもちろん、充実の補償内容となっています。また、オンライン上で見積もりやお問い合わせが気軽にできます。

 

3. AIG損保 海外留学保険

AIG損保 海外留学保険

【契約可能期間】3ヶ月から1年。

AIG損保のワーキングホリデー保険・留学保険は、米国を中心に世界55万ヶ所以上の病院にキャシュレスサービスがあります。また、海外のアシスタンスセンターで万が一の場合にもあなたのサポートをしてくれます。
通信販売専用プランには、歯科治療費や妊娠初期の異常による症状も補償してくれるなど、他の保険にあまりない幅広い補償内容が含まれていたりします。
留学生の他にワーキングホリデービザの方も加入できます。また、出発間際の方や急ぎの場合には、24時間インターネット上で手続きを完了できるオンライン契約も用意されています。

 

4. ジェイアイ傷害火災保険 t@biho

ジェイアイ傷害火災保険 t@biho

たびほはインターネットでの申込みはもちろん、取消や日程変更、補償内容の変更から契約内容の修正など、海外旅行保険に関わる各種手続きの大半をインターネット上で完結できるよう機能が充実しています。各種変更の手続きは海外からでもネットで可能です。また、リピーターには保険料を3%割引といったお得なサービスがあるのも特徴です。

 保険料の支払いはクレジットカード払いに加え、キャリア決済(通信料金等との合算による保険料支払い)を選ぶことが可能です。申込みから保険料の支払い、契約までがインターネット上で完結します。わざわざ直接店頭に出向かなくて良いのが、最大の特徴ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?たくさんの保険会社がある中でも、海外留学に特化した保険会社を選びました。また、補償内容も理解した上で付帯するか選んでくださいね。あなたにあった保険で快適な留学生活を送ってください。

もし自分に合った保険が分からないという方は是非お気軽にお問い合せくださいませ。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Aoi
Aoi
シドニー在住ライター兼旅人美容師

日本で5年間美容師をしたのち、英語力皆無でひとり旅に出発!現在シドニー在住です。好きな食べ物はアボカドとニンニク!趣味は旅で、オーストラリアの魅力をこれからどんどんお伝えしていきます♪
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ