【世界一多い!?】オーストラリアのシャークアタック事情と対策

最高のビーチが数多くあるオーストラリア。海辺での生活を満喫するも良し、シティライフを楽しみながらビーチへふらっとリフレッシュしに行ったりも可能です!

そんな最高の海ですが…気をつけたいことが…

それは「サメ」です。オーストラリアではサメに襲われることは一般的にシャークアタックと呼ばれています。

そこで今回はオーストラリアでビーチや海に行く際に絶対に気をつけたいシャークアタックについてオーストラリアの現状と事件の発生数・もしサメに遭遇した際覚えておきたい点を合わせて解説していきます。

世界ダントツでシャークアタック件数が多いオーストラリア

大自然がいっぱいの魅力的なオーストラリア。そして自然があれば野生動物もたくさん生息しています。

その中でもサメは出来れば出会いたくない野生動物の1種類です。オーストラリア沿岸は、世界最大級のサメの生息地でもあります。なんと約180種類ものサメが生息しているそうです。

オーストラリア北東部に広がる世界中のダイバー憧れのグレートバリアリーフを始め、美しいビーチが全国に数多くあります。世界中から観光客や、ダイバー、サーファーがオーストラリアの美しい海を求めてやって来ます。

世界有数のサメの生息地に、世界中からマリンスポーツを楽しむ人達が大勢やって来ます。つまりサメとの遭遇する確率も必然と多くなってしまいます!

このような理由からオーストラリアは世界的に見てもシャークアタックの件数がダントツで多いのが現状です。具体的にいうと、オーストラリアで904件。ちなみに2番目にシャークアタックが多く発生している国は南アフリカで395件。その次がハワイの230件です。(1900年~2016年までの統計)

海に入っていきなりこんなサメがいたらびっくり…!ではもう手遅れになってしまうことも?その可能性がないとは言い切れない!

参考:【サーフィン用】サメに襲われる確率は?各サーフトリップ先別の情報と対策

サメの鋭い感覚器官

①包丁代わりにもなる鋭い歯

サメは鋭い歯がびっしり生えています。獲物となるのはオットセイ、アシカ、アザラシなどを始め、魚や死骸も食べます。

そのため、強力で鋭い歯を持っていて、ある実験でサメの歯を包丁代わりにして様々なものを切ってみたところ、キュウリなどは普通の包丁同様に簡単に切ることが出来たそうです。また、なんとペットボトルや空き缶も試しに切ってみたところ、簡単に穴が空いたそうです。恐ろしいですね…

参考:空き缶に穴を開けるほどの攻撃力 鮫の歯を加工した古代ハワイ戦士風の包丁が制作される

②サメの鼻は人間の100万倍感知できる!?

実はサメの鼻は人間の鼻とは違い、呼吸をするためではなく獲物を捕らえる時に匂いを感知するためだけに使われているのです。

どのくらい嗅覚が優れているかというと、サメの鼻は血液そのものに対して鋭いというより血液に含まれるアミノ酸に対しての嗅覚が人間の100万倍以上とも言われています。もはや数字が大きすぎて想像もつかないかと思いますが、具体的に言うと50メートル先に血液を1滴垂らしただけでも反応出来てしまうそうです。

参考:サメの感覚器官

サメが人を襲う理由とは

よく言われる理由の一つが、ダイバーやサーフボードに乗っている人間の姿が、オットセイなどに似ているので目が悪いサメが間違って襲ってしまうというもの。

船から飛び込む音やサーファーがパドリングをしている音などもオットセイやアザラシが出す音に似ているため、サメをおびき寄せてしますそうです。

映画「ジョーズ」の影響でサメは人を襲いまくる恐ろしい動物というイメージが世界中に定着してしまいました。サメは別に好んで人間だけを襲っているわではありません。(人の味を覚えたサメなんかは別でしょうが…。)

また、約400種類もいるサメのなかでも人間を襲うのは5種類ほどしかいません。その中でも特に気をつけたいのはホオジロザメ、オオメジロザメ、イタチザメ、この3種類です。

その他のサメは基本的におとなしい性格で臆病です。わざわざサメに危害を加えたり、無駄に近づいていったりしなければ襲われることはありません。

サメに襲われた日本人も…

しかし残念ながら過去にはオーストラリアで日本人サーファーが襲われて、出血多量で死亡してしまった事故もありました。

情報出典:AFP通信「サメ襲撃で日本人死亡、豪東部のビーチ」

情報出典:日豪プレス「日本人男性が死亡、サメの襲撃で」

年間のシャークアタック件数

では実際にサメの事故はオーストラリアでどれくらい起きてるのでしょうか?
2019年のシドニータロンガ動物園からの公式情報を見てみましょう。

州名 事故件数
(トータル)
命に関わる事故 負傷あり 負傷なし
NSW 4 0 3 1
QLD 6 0 6 0
SA 0 0 0 0
WA 1 0 1 0
VIC 0 0 0 0
TAS 0 0 0 0
NT 0 0 0 0


情報出典:
タロンガ動物園この報告からもお分かりいただけるかと思いますが、死亡してしまうケースは決して多くは無いです。噛み付かれた後に戦って生き延びた強者や、「間違って噛んじゃった!」とサメが気付いて離れていく場合もあります。

海でサメに襲われる確率は?

オーストラリアで発生するシャークアタックの件数をもとに、単純に計算してみるとこのような計算が出ます。

国名 事故件数
(2012年~2016年)
死亡事故
(2012年~2016年)
事故の発生頻度 *1
オーストラリア 104 13 17.5日に1件
南アフリカ 23 6 79.3日に1件

*1 事故件数(2012年~2016年)÷  5年間(2012年~2016年)= 事故の発生頻度

シャークアタックの発生件数が一番多いオーストラリアでは命に関わる関わらない関係なく、シャークアタックは約2週間一度、起きている計算になります。2位の南アフリカと比べてもオーストラリアの方が圧倒的に頻繁にシャークアタックが起きていることがわかります。

しかし、Florida Museum of Natural Historyによると、人生でサメに襲われる確率というのはかなり低いとされています。

【アメリカ人が一生で遭遇する確率】
車の事故 84人に1人
自殺 119人に1人
溺死 1,134に1人
飛行機事故5,051に1人
サメに襲われる確率 2万5,641人中1人
列車事故 15万6,169に1人
火事 34万733に1人

こちらのデータはアメリカ人をもとにしたデータですが、見てお分かりいただけるように一生でサメに襲われる確率というのは交通事故などと比べても極めて低いと言えます。

しかし、シャークアタックに遭遇する確率はかなり低いとは言えども、自分が2万5,641人中の1人にならないとは言いきれないので、やはり海やサメが集まりそうな場所では常に気を付けましょう。

参考:【サーフィン用】サメに襲われる確率は?各サーフトリップ先別の情報と対策
一生にサメに襲われて死ぬ確率
Risk of Death

覚えておこう、4つのサメ対策!

ここまでサメの特徴やシャークアタックが実際に起きている件数、または遭遇する確率などを見てきましたが、それではここからは実際にどのように自分の身をシャークアタックから守るか見ていきましょう。

①絶対に赤と黄色のフラッグ外に行かない

立ち入りゾーンにわざわざ自分から入る人なんているの?と思ってしまうかもしれませんが、実際立ち入り禁止ゾーンを超えて海に入ってシャークアタックに遭遇している例も少なくありません。

オーストラリアのビーチで海に入る際は必ず黄色と赤いフラッグが置かれている範囲以内で泳いだりサーフィンをするようにしてください。このフラッグが意味するのはそのビーチはライセンスを持ったライフガードの監視下であるという意味です。つまり、もし何か海で危険なことが起きてしまってもライフガードがすぐに駆けつけて来てくれる環境にある範囲であるということです。

このフラッグだけではなく他にも様々なフラッグがあるので、The complete list of beach flags and warning signs というサイトではオーストラリアのビーチに置かれているフラッグの種類と警告サインの種類がまとめられていますので、ビーチに行く前には必ず目を通しておくといいでしょう。

参考:Being safe at the beach

②1人で早朝や夕方に海に入ることは避ける

早朝や夕方は1日の中で最もサメがお腹を空かす時間帯です。もしどうしても時間を選べない場合は必ず一人で行かずに誰かと一緒に行くようにしましょう。

③肌の露出、光沢の強い金属製品を避ける

サメはとても視力が悪いので、光を強く放つものを見ると獲物だと認識してしまう習性があるため、アクセサリー類などを必ず外してから海に入るようにしましょう。また、サーフィンをされる方はサーフボードなどもなるべくコントラストの強いものは避けるようにしましょう

④ケガをしている場合は海に入らない

先ほども述べたように、サメは血液に対してとても敏感なので、ケガしていている場合は海に入るのは極力避けた方がいいでしょう。また、生理中の女性も出来るだけ海に行くのは避けた方がいいでしょう

それでももしサメに遭遇してしまったら?

①パニックにならず静かにその場を去る

基本はまずはサメに遭遇してもパニックにならずに落ち着いて自分のするべきことを考えましょう!なるだけ背を向けずに弱いと思わせずに静かにその場から離れましょう。変に水しぶきを上げて威嚇したりするのは自傷行為でしかありません。サメは波に向かう習性があるので逆効果です。

②サメの急所を攻撃する(最終手段)

これはある程度、心の余裕と攻撃することの自信が要されますが、サメの急所を攻撃することでサメを追い払うことも出来ます。サメの急所は鼻と目です。鼻や目には多くの神経が通っているため攻撃するとダメージを受けやすい弱点です。しかし攻撃する際に噛みつかれたりする危険性も十分にあるのでこれはあくまでも最終手段だと思ってください。

③必ずライフガードに報告する

陸に上がったら必ずシャークアタックに遭遇したことを報告するようにしてください。そうすることで、その後のシャークアタックの発生率を下げることが出来ます。

参考:【シャークアタック】サメに遭遇したら心がけたい5つのこと

最後に

私は海が大好きなんで夏は毎週末くらいビーチに行ってますが、まだサメに襲われたことも無いし、海でサメを見たこともないです。なので、基本的には危険な地域で泳がなければ、まずサメに襲われる可能性は極めて低いといえるでしょう。

しかし自分が100パーセント、シャークアタックに遭遇しないかというとそれは断言できません。そのためにも、もしもの時を想定してある程度知識を入れておかなければなりません。

もともと海はサメのテリトリーです。そこに人間がお邪魔させてももらってる訳でもあります。遊泳禁止の場所では泳がないなど基本的なことを守りながら共存していくことが大事です。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Taro
Taro
留学カウンセラー

念願の海外生活第一歩として、フィジーへ留学。 そのままオーストラリアに流れ着きギリホリ(年齢ぎりぎりのワーキングホリデー)開始。 その後メディア会社、レストラン、ドライバーなどの仕事を経て、現在は今までの経験を生かし留学サポートスタッフを担当 現地のリアルな情報を発信していきます
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ