【オーストラリア企業インターンシップ】シドニー現地企業で就業体験プログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア・シドニーでの「企業インターンシッププログラム」をご紹介します。最低4週間の英語学習の後、シドニー現地の企業インターンシップに参加できるプログラムです。インターンシップ修了後には国内外での就職に役立つ修了証も発行されます。日本からオーストラリアでのワーホリを考えている方や、オーストラリアでインターンシップを経験したい方、今後のキャリアに悩んでいる方は必見です!

企業インターンシッププログラムについて

最低4週間の英語コース修了後、シドニー現地でのインターンシップに参加できる、企業インターンシッププログラムの詳細についてご紹介します。英語を使った仕事や外資系企業の就職を考えている方におすすめのプログラムです。

<必須>最低4週間の英語コース

国際色の豊かな学校で、英語コース(モーニングクラス)を4週間受講するのが必須条件です。インターンシップのプログラムへ参加する上での要件となっている理由として、海外しかも英語が母国語であるオーストラリアで働くためには、ネイティブの上司と英語でコミュニケーションを取る語学力が必要であるからです。指定の英語コースがあるわけではありませんが、ビジネス英語コースをおすすめしています。

ビジネス英語コースでは、ビジネスで役立つスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの英語スキルを学べます。ビジネス起業の経験がある担当講師により行われる授業では、ビジネス電話応対、交渉術、ビジネス文書作成、プレゼンテーションなどを学べます。その後のインターンシップでしっかりと通用するような構成となっています。

企業インターンシップ

これまでに400人以上もの留学生に対してインターンシップを紹介してきたプロがお手配する本プログラム。英語コミュニケーション能力の向上、ローカルの環境での実践的な英語学習、そしてオーストラリアの文化・社会への理解を目的とした内容となっています。

インターンシップ期間、紹介先については本人の希望を重視しお手配を行います。ただし、インターンシップで就くことのできるポジションはご自身の英語力や、過去の経験・スキルに基づいて設定されるため、人それぞれ異なります。

また、英語コース修了後に学校より卒業証明書、インターンシップ修了後にインターンシップ修了書が発行されます。この修了書は、今後日本や海外の就職に役立ちます。

  • インターンシップ紹介先 例

    チャイルドケアセンター
    フラワーショップ
    カフェ
    ゴルフ場
    語学学校
    デザイン
    メディア
    イベント
    広告
    一般事務
    マーケティング
    ツーリズム
    ホテル/ホステル
    IT
    エンジニア
    出版
    不動産
    保険
    建築
    金融
    会計 など

プログラム概要

対象者 18歳以上
観光ビザ、ワーホリビザ、学生ビザ
※事前テストと電話での面接あり
プログラム受講条件 英語コース修了後に中上級レベルの英語力
受講期間 英語コース最大17週間 + インターンシップ最大24週間(英語コース修了後)
※学生ビザの場合:英語コース+英語コース就学期間の1/4の期間のみインターンシップ可能(英語コース修了後)
レッスンスケジュール 英語コース(週23時間)
月曜〜水曜8:30AM – 2:15PM、木・金曜8:30AM-1:10PM
入学日 毎週月曜日(ホリデー期間を除く)
プログラム費用目安
(語学学校4週間を含む)
<英語コース・4週間>
1,870ドル(2018年6月現在)
<インターンシップ>
手配料 4〜12週間:1,250ドル(13〜24週間:1,600ドル)
▶ 合計3,120ドル

本プログラム参加者例・Kさんの場合

  • 参加期間:一般英語コース (23時間) 12週間 + インターンシップ 12週間
  • インターンシップ参加企業分野:メディア業界
  • ポジション:営業

主な業務内容

営業のポジションで、新聞に広告を掲載したいクライアントや広告代理店との取引が主な業務内容。

  • 経理担当と広告費の入金状況を確認
  • 入金が遅れている企業へのリマインド
  • 入金済みの企業にお礼メール送信
  • メールや電話応対
  • 書類作成
  • データ入力

インターン中に学んだこと

英語面では取引先の方とのメールが多いので、ビジネス英語とはいかずとも丁寧な英語は身についたような気がします。仕事に関することで分からないまま進めると誤解が生じるので、 自分でしっかりと理解してから相手に伝える、わからないことは質問する、というのがどれだけ大事かわかりました。 会社内だけではなく外に人脈ができると視野が広がりました。 実際に企業に入って働くという経験ができたことで、 将来のことや帰国までの過ごし方など自分を見つめ直すいい機会だと思いました。

印象に残っていること

業務で分からないこともいっぱいあったけれど責任を持って取り組み、 クライアントの人をたくさん知れました。それもいい経験かなと思ってます。 実際にやらないと分からない大変さが知れたことが大きかったです。

インターンをお考えの方へのメッセージ

日本のインターンのイメージとは違い、教えてくれる担当の先輩が常に指示してくれるわけではないので 自分から仕事を取りに行く姿勢が必要だと感じました。これは海外でしかできない経験だと思います。

 

その他インターンシップ・プログラムの詳細に関してはこちら

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Kaori
Kaori
留学カウンセラー

大学卒業後、大手ファッションアパレル会社に勤務。都内の店舗に勤務時、海外からの顧客が多かったことから勉強を始めた英会話がきっかけとなり、大学時代に叶わなかった海外生活を実現。オーストラリアではメディア会社での編集業務を経て、現職に。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ