【オーストラリア*ワーホリ女子】Road Tripの魅力!

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めまして!

Working Holiday Visaでオーストラリアに滞在中のKaoruです。

今月でこっちに来て9ヶ月になります。

今まではCairns, Brisbane, Bunderberg, などを転々とし、Sydneyにたどり着きました。
移動方法は主に車で、ワーホリの醍醐味でもある

“Road Trip”

をしながら都市間の移動をしました^^
広大なオーストラリアに来たならぜひ一度はRoad Tripに挑戦することをおすすめします!

今日は私の経験から“Road Trip”の魅力について書きたいと思います。

【Road Tripとは??】

Road Trip (ロード トリップ)とは、簡単に言うと車で旅をすることです!
基本的には車の長距離旅のことを言います。

魅力その1

色んな景色が見られる

車で長距離を運転していると様々な光景に出会います。

kaoru1-3

早朝に出発したときのこと、
真っ赤な太陽に向かってオーストラリアの広い道路をドライブは爽快です。

kaoru1-4

ドライブ中、沢山の動物に出会いました。

近いです(笑)

柵を飛び越えて普通に道路を横断してきます、、、危険です、、、

kaoru1

サファリパーク気分を味わえます(笑)

写真がとれたのは牛ばかりなのですが野生のカンガルーやウサギ、アウトバックではラクダにも出会いました。

kaoru2

道路の真横の森林からなにやら煙がもくもく、、、山火事に遭遇しました!

最初は驚きましたが乾燥しているオーストラリアでは珍しくないようです。

kaoru22

ノーザンテリトリー、

オーストラリアの真ん中あたりの地域は建物はもちろん、周りに木も何もなく、平気で2時間ずっと一本道なんてことも。

kaoru23

本当にオーストラリアはでかい!!と実感

kaoru3

オーストラリアの夕日はとてもダイナミックで何度見ても魅了されます。

Road Tripは時に過酷なこともありますが毎回この車から見えるきれいな夕日が明日もがんばって進むぞ!!という気持ちにさせてくれました^^

魅力その2

自由に寄り道ができる

飛行機はもちろん、電車やバスでの移動では泊まれる場所は限られてしまいますし、たまたま通った小さな町で雰囲気のよいカフェを見つけて寄り道なんてことは車の旅でしかできません^^

私は沢山寄り道しながらゆっくりRoad Tripを存分に楽しみました。

kaoru24

全く人の居ないBunderbergのビーチ

貝殻を沢山getして帰ってきました♪

kaoru25

こちらは賑わっているByron bayのビーチ

kaoru26

偶然見つけてよってみた川

こんなきれいな景色を前に優雅に朝食を食べたいです(笑)

kaoru27

暑い、、、泳ぎたい、、、

そうだ、滝に行こう!なんてことも◎

kaoru5

山も車でならスイスイ登れます♪

オーストラリアはとにかく広くて自然がいっぱいなので

きれいな川や滝、海や山のlook outなど何日あっても足りないくらい沢山です。

Road Tripを計画する際にはなにか問題が起きた時のためにも時間にたっぷり余裕をもって寄り道が沢山できるようにすることを絶対おすすめします!

魅力その3

キャンプが楽しい♪

kaoru6

Road Tripと言えばキャンプです!

バッパーやホテルを見つけて泊まったりもしましたが、友達とやっぱりキャンプが一番だよね〜という結果に(笑)

バッパーは同じ部屋に6人やそれ以上の人たちがいてちょっと落ち着かない

ホテルは高い

キャンプだとテントで自分たちだけの空間だし何よりキャンプ場の入場料が一人10ドル程度で安い。

トイレやシャワーはありませんがフリーのキャンピングスペースを見つけたら

タダ!

kaoru7

ペトロールステーションの店員に聞いて教えてもらったフリーのキャンピングスペース。

kaoru8

テントからの景色

夜は満点の星空☆朝はきれいな朝焼けが♡

kaoru9

kaoru10

外で作って食べるご飯ってどうしてこんなにおいしいんですかね、、、

kaoru11

子猫がにおいにつられてやってきました

kaoru12

親猫もきました親猫グイグイ接近してきました。

有料のキャンピングスペースだとキッチンもついていることが多いです。

kaoru13

いかがでしたか?

こんな感じで私はアドベンチャーしていました(笑)

大変なこともありますがRoad Tripでしかできない経験・見られない景色

これは本当に特別な思い出になります!

自然やアドベンチャーが好きな方、広大なオーストラリアを満喫したい方はぜひぜひワーキングホリデーの目的のひとつに入れてみてください^^

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から