【学校訪問】シドニーのEmbassyに実際に行ってきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、シドニーにあるEmbassy English Schoolに行ってきました。45年以上の歴史があるこの学校は、イギリスのHastingsという地からスタートしました。現在では、シドニー・メルボルン・ブリスベン・ゴールドコーストの4か所に校舎を持っており、カナダ・アメリカ等、他の国にもキャンパスのある世界的に有名な語学学校です。

これまでに50万人以上の生徒を受け入れてきており、語学学校としてのクオリティも高く評価されています。

今回、実際にシドニー校を訪れ、担当のスタッフからもお話を伺うことができました。実際の写真や掲示されているものも交え、より雰囲気のある記事を皆さんにお届します。

コースについて

Embassy Sydney校には、大きく分けて4つのコースがあります。

一般英語:General English

もっとも人気のある一般英語コースは、文法やリスニング、ライティングそしてスピーキングといった、英語全般に対するスキルを向上させることを目的としたコースです。レベルが五段階あり、事前にレベルチェックテストを受け、判断されます。レベル変更の相談等も対応してくれます。

語学学校で良く使われるレベル一覧

Elementary >
Pre-Intermediate >
Intermediate >
Upper-Intermediate >
advanced

IELTSコース:IELTS Exam Preparation

IELTSのスコアアップに特化したコースです。学校の入学資格や自身アピールポイントとして取得するために受講する学生が多いです。このコースを通して、ボキャブラリーが増えた、という声をよく聞きます。
Intermediate以上で受講可能。

ケンブリッジコース:First Certificate (FCE) and Certificate Advanced (CAE)

スコアの失効期限のないケンブリッジ検定。近年ではグローバル化に伴い、日本でも注目を集めています。こちらはそのスコアアップを図るための準備コースです。基本的に扱う英語のレベルが高く、受講するためには一定の英語のレベルに達している必要があります。
FCEはIntermediate以上、CAEはAdvanced以上で受講可能。

大学進学コース:English for Academic Purpose(EAP)

進学をすることを目的としている方が受講するコースです。国外で大学に申請する際は入学基準とされている基準があり、その基準を満たすための準備をします。
Pre-interemediate以上で受講可能。

Embassyの特徴

長く続く歴史と信頼ある教師陣

Embassy English Schoolは45年以上の歴史があり、50万人以上の学生を受け入れてきました。教師陣も経験豊富であることが前提で、厳しい採用基準を突破した先生のみが教壇に立っています。その信頼さゆえに、これだけ長く歴史があり、学生が絶えず入学し続けています。

返金保証

この学校は以下の条件を満たしたうえで、自身の英語力に成長がみられない場合、支払った金額の返金保証があります。驚くことは、以下の条件が厳しいものではないということ。純粋に勉強をしようとしている方であれば、問題なくクリアできるかと思います。

  1. 授業にきちんと出席し、95%以上の出席率
  2. 宿題を含む、すべてのコースワークを行うこと
  3. プログレステストを5週間に1回受けること
  4. 12週間以上の学習期間のある学生が対象

「学生の英語の成長に対して保証をしている」と言い換えることもできます。

多くの受賞歴

  • Super Star English Language School  1回受賞
  • ST Star Awards 5回受賞
  • ST Star Awards under 18 1回受賞 その他多数

働いている先生方も数々の栄光ある受賞をしているこの学校で働けることに、とても誇りを感じているそうです。

最新のプロジェクター教材を使った授業

教材は大手出版社と共同開発して実際にスクリーンに書き込みが出来たり、動画や会話の音声などを使って効率的に学習することが可能です。ただのテキストブックだけを使った授業と違い実際に授業を受けた学生や卒業生からも好評で楽しみながら学べる点もEmbassyが選ばれる理由の1つです。

校内を紹介

アクティビティボード

アクティビティでぎっしりなカレンダー表です。見ているだけでわくわくしますね!毎月このようなアクティビティボードが準備され、生徒の目にすぐ止まるシステムになっています。

自習PCルーム

自由に利用することが可能なPCルーム!ネットを使用する必要のある宿題はここでズバッと終わらせてしまいましょう。わからない点は校内の先生に聞けるという特典付きです!

ライブラリ

ずらりと並んだ教科書。利用しない手はありませんよ!購入すると意外と高価な教科書類。あるととっても助かるこれらの施設。

バルコニー

奇麗に管理されたバルコニー。なんでも、時々軽いパーティをこちらで開催することもあるそうですよ!天気のいい日に来られたら最高のリフレッシュに!

学校について

Embassy Schoolは生徒の実際の様子なども主にFacebookに投稿しています。きになる方はこちらからチェックしてください!→Embassy Facebook ページ

マーケティング担当Andiにインタビュー

今回は、10年以上この学校で勤務しているオーストラリア人マネージャーのAndiに「どのような人にこの学校はお勧めか」にフォーカスを当てて聞いてみました。

Q:どのような人にこの学校はお勧めですか?

A:経験からみて、25歳以上の人にお勧めできると思うよ。

Q:25歳以上?それはなぜですか?

A:もちろんその年齢以上というわけではないよ。ただ、この学校には英語以外を話すカウンセラーはいないんだ。だから、何かあったときに自分自身で英語を話し、解決しなきゃいけない。そういうことに対して強い生徒が、25歳以上の学生に多いってこと。

Q:中には何かあったとき、母国語を話せない環境に対して不安を感じる学生もいると思います。そのあたりについてはどうですか。

A:それはいるね。でも、居心地の良い自分の国から大きな勇気を持ってオーストラリアに来ている。英語の勉強をするためにね。もちろん我々も本気の姿勢の学生に対してサポートは一切惜しまない。だからどんな状況でも勇気を持って英語でトライしてほしい。そして本人のその勇気は必ず自身の英語のスキル向上に繋がるからね。

Q:そういったことに対して積極的に過ごせる人がその年齢に多い、ということなんですね。

A:そういうこと。でももちろんその年齢以下の人も大歓迎だよ。笑 要は、しっかりプランと意志を持ってここに来ている人にお勧めしたいんだ。どのくらい英語が喋れるかではなくて、どれだけ喋ろうとするかだからね。素晴らしいキャリアを持った教師陣で、みんなの受け入れ態勢はいつでも整っているよ。

まとめ

学校選び、これは留学を決めるときにとても答えが出すことが難しいものの一つだと思います。どのような学校生活を送りたいのか、国籍や立地、学校の保証内容など答えを出すためにはたくさんの事柄が絡んでくると思います。

少しずつ少しずつ、自分に合っている部分を見つけながら、学校選びも楽しんでもらえればと思います。今回訪問したEmbassy Schoolは他の学校とは違う視点で、学生を力強くサポートしていると感じました。日本語を話せるサポートデスクはありませんが、必ず力になってくれる先生方の姿はとても頼もしいものでした。

みなさんの学校選び、また留学生活がより良いものになりますように!一緒に海外留学、楽しみましょう!

この記事を書いた人


takuyagunji
takuyagunji

TAKUYA 僕のオーストラリア冒険記ー自然と勉強と友達とー 人生の大半をスポーツに入れ込み怪我にてリタイア。三年間の日本企業での就労後、サッカー以外の自分の価値を見いだすために英語力0の中、オーストラリアへ。 大自然に囲まれて、勉強に四苦八苦し、たくさんの異国の友達と出会い。全力投球の僕の人生、少し覗いてみてください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。