オーストラリア留学

オーストラリア【ワーキングホリデー年齢制限】の引き上げが確定!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月17日更新&追記

2016年後半に、「2017年1月1日からオーストラリアのワーキングホリデービザの年齢制限が30歳から35歳へと引き上げられる。」とオーストラリア政府から情報が出されていました。

しかし残念ながら現在は未だ年齢制限の変更は実施されていません。

オーストラリア移民局サイトでも年齢制限変更の新しい情報は現在発表されていません。

オーストラリアワーキングホリデー年齢制限の引き上げまでにはまだ時間がかかるようです。

※ 以下の記事は2016年度末のものです。年齢制限に関する続報が出次第随時ご報告していきます。

2016年9月に、オーストラリア政府から「ワーキングホリデービザの内容が改定される。」と重要な変更が発表されていました。

オーストラリア政府からは「ワーキングホリデービザは2017年1月1日から新しい制度になります。」と発表されていましたが、方向性がいくつか発表されただけで正確な内容が決まっていませんでした。

そしてやっと新たな情報が発表されました!

大きく変更される3つのポイント!

【年齢制限の上限が35歳まで】引き上げ!

2016年のオーストラリアのワーキングホリデービザの年齢制限は【18歳~30歳まで】でした。
(31歳の誕生日を迎える前にビザ申請を完了しなくてはいけなかった。)

今回のワーキングホリデービザの内容改定で、【年齢制限の上限が35歳まで】に引き上げられました。
2017年以降は31歳以上の方でもオーストラリアのワーキングホリデービザの申請ができます!

ビザ申請料金が$50値下げ!

2016年現在、オーストラリアのワーキングホリデービザ申請料金は440オーストラリア$です。ワーキングホリデービザの内容改定に伴いビザ申請料金は$50値下げされます。

2017年以降は390オーストラリア$で申請することが出来ます!

働ける期間の延長!

現在オーストラリアのワーキングホリデーの決まりで、【同一雇用主の下で最長6カ月まで】しか働くことが出来ませんでした。
つまり、どんなに仕事に慣れてお給料が上がっても、気の合う仲間とうまくやってても6ヶ月が過ぎると強制的に辞めなくてはいけませんでした。

2017年からの変更で【働く場所を変えれば同一雇用主の下で最大12カ月まで】働くことができるようになります。
例えばレストランで働いていた場合。社長が同じでも、他の店舗などに移動すれば全部でまるまる1年間働くことができるようになります!

気になる所得税!?増税?

e080599df6c82d4df71bd0f2ad64ddec_s

オーストラリアのワーキングホリデーへの所得税、通称「バックパッカー税」。これは多くのワーホリたちにとって死活問題です!

これに関してはずっと大幅に増税される方向で政府内で話し合われていました。「所得税が32.5%以上になるのではないか?」とずっと心配されていました。
その後もオーストラリアの農家や観光関係からの反対など色々あり…。

今年9月の発表では 「2017年から、オーストラリアにワーキングホリデーをしている、年間所得が37,000オーストラリアドル未満のワーホリメーカに対して発生する所得税を、32.5%から19%に引き下げる」

しかし、その後も繰り返し協議が行われており、2016年12月1日の時点では「バックパッカー税率が、最終的に15%で上院を通過」と発表されています。

しかしまだ決定ではありません!「バックパッカー税」に関する協議は今も続いています。今はまだ待つしかありません!

税金について新情報が入ってきたので情報アップデートしました!

ワーキングホリデービザを持っている方は滞在期間に関わらず、(37000ドルまで)1ドルから税金が15%かかる。

以前は32.5%の方向だったのかなり軽減されました。今まであった非課税枠(税金のかからない)が無くなりました。

1ドルから15%の税金がかかります。今までオーストラリア滞在期間が短いなど、法上では「非居住者」とされていた方は32.5%の税金を払わされていました。

しかし、今回の変更で、今まで非居住者となっていた方も15%の税金で済みます。オーストラリアの滞在期間が短い方には逆に32.5%から15%へ減税となりました。

2016年12月15日現在

ソース:バックパッカー税率で難航の末に15%で上院を通過(日豪プレス)
ソース:Backpacker tax passes Senate with Greens support (ABC News)

ワーキングホリデーのセカンドビザについて

条件を満たせば取れるセカンドワーキングホリデービザ(2年目のワーキングホリデーができる!)。現在セカンドワーキングホリデーに関する情報は何にも発表されていません。

オーストラリア移民局からもまだ何の情報もアップされていません…。
WEB:オーストラリア移民局
WEB:在日オーストラリア大使館

こちらもおそらく来年の2017年1月1日から情報が発表されると思われます。それまでしばらく待つしかありません!

まとめ

なんだかごちゃごちゃしていますがつまり…

重大3ポイント!

●ワーキングホリデー年齢制限が35歳までに延長!
●ワーキングホリデービザが50$値下げ!
●同じ雇用主から働ける期間が6ヶ月から最大12ヶ月に!

まだ決定ではない!
ちゃんと決まって施行されるのは2017年1月1日から!

政府から色々と情報の発表はありますが、正直正式に始まるまでは内容が全くどうなるかわからない!
結局全部変更されちゃう可能性もあります。

実際オーストラリア政府の政策は急に変更になったり、中止になったりが珍しくありません。よく言えばおおらかな、フレキシブルな政治。

こっちからしたら「何でもっとちゃんと考えて始めなかったんや…。」なんて思うことも…。

しかしこれはビッグチャンスです!
現在オーストラリアへのワーキングホリデー(ワーホリ)を検討中のあなた!
「もう年齢的にワーホリはダメだ。」「お金がないし留学は無理だな…。」と諦めていたあなた!

2017年1月1日に情報が発表されるまでしばらく我慢してください。
政府から正式に発表があってからビザの申請を始めることをお勧めします!
新たな情報が発表されたらまたご案内させていただきます。

情報出展:Changes to Working Holiday Visa (Australian Skilled Migration)

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から