オーストラリア留学

オーストラリア【今更聞けない!】ワーキングホリデーって何?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーホリって何?

ワーキングホリデー(ワーホリ)ってよく聞くけど実際何?今更人にも聞けないし…。」

みなさん!安心してください!わかりやすく説明しますよ!

ワーキングホリデーはビザの種類です。

ビザっていうのは国が「君のパスポートは大丈夫だね!入国してもいいよ。」という許可と証明です。

「で、ワーキングホリデーって何?」

つまりその名の通り「ワーキング=働く」「ホリデー=お休み」です。

ワーキングホリデーでできる大きなことは次です。

【住める】・【働ける】・【学校に行ける】

観光ビザや学生ビザだと滞在許可の期間が短かったり、その国で「働く」ことに制限があります。

ワーキングホリデービザは観光してもいいし、働いてもいいし、学校に通ってもいい、すごく自由で最高のビザです!

「つまりワーキングホリデービザをゲットすると…?」

何でもあなたのしたいことができちゃいます!

ワーキングホリデービザなら、あなたが「何をしたいか?どうやって過ごしたいか?」をそのまま実行できます。

のんびり過ごすもよし!がっつり勉強して英語力アップ!働いてお金を貯めるもよし!そんな最高のビザです。

海外で勉強しながら働ける!旅行にも行ける!友達もできる!恋愛もできる!

miyako85_yuyakehutari20140725_tp_v

もちろん勉強しなくてもいいし、お金に余裕があれば働かなくてもいいです!

その国の美味しいものやお酒を楽しんだり、ずーっと海の近くでのんびり過ごすことだってできます。全部あなたのしたいことができちゃいます。

ワーホリってどこの国でも行けるの?

n811_chirabattakokkicard_tp_v

ワーキングホリデーの協定を結んでいる国同士でいけます。

今日本からワーキングホリデーで行ける国は14カ国です。

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • 韓国
  • フランス
  • ドイツ
  • イギリス
  • アイルランド
  • デンマーク
  • 台湾
  • 香港
  • ポーランド
  • ポルトガル

ワーキングホリデー制度豆知識

pak76_chikyuugitobin20130804_tp_v

ワーキング・ホリデー ( Working Holiday)とは、2国間の協定がある国同士でいけます。国やどの時の法律で変わりますが、18歳〜25歳または30歳が対象です。

それぞれの違った文化・生活スタイルを休暇を楽しみながら体験してもらうために実施されています。

制度的には仕事とお金を稼ぐことが目的ではないのですが、観光ビザなどではできない「その間の滞在資金を補うために働いてもいいですよ。」と言う特別な許可も付いています。

通常だと現地で過ごすための十分なお金がないと長期滞在や留学はなかなかできないですよね。

でもワーキングホリデーなら現地で働けるので最初の生活費さえあれば、あとは現地で生活費を稼ぎながら滞在できます。

基本的には、各国ごとに一生に一度しかできないです。つまり一生に一度のチャンス!。それに年齢制限もあるのでチャンスのあるうちに是非一度はチャレンジしてみましょう!

まずは、どんなことから始めればいいの?

jsk542_passtomemo_tp_v

ワーキングホリデービザの申請をしよう

まずは行きたい国、渡航する時期を決めよう。

①ワーキングホリデービザを申請する。

②ビザの許可が降りたら渡航可能!

最低限必要なのは以上です。

あとは航空券と、滞在費(食費や住まいのお金。)があれば行けちゃいます!

ビザは各国の大使館や領事館に申請します。条件などは各国で変わります。

ちょっとめんどくさい申請ですけど、オーストラリアのワーキングホリデービザはインターネットから申請できます。

「ビザ申請は英語が不安だし、面倒くさい!」安心してください!

私たちはオーストラリアのワーキングホリデービザの申請代行・サポートも無料でしているので質問など、お何でも気軽にお問い合わせください!

%e3%81%8a%e5%95%8f%e3%81%84%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%a1%e3%82%89

ワーホリのメリット

yuka160322000i9a4287_tp_v

何度も言ってますが大事なことなのでもう一回まとめときます。

☆長期滞在できる。
☆学校に行ける。
☆働ける。
☆滞在中現地で働けるから、滞在費用を安く抑えられる!

つまり…

生の英語に触れながら、海外で働く・学ぶができる!

もし来年留学したい!と思っても通常の留学だと数百万円の費用を作らなくてはいけません。それはなかなか大変ですよね?

でもワーキングホリデーなら現地で働きながら生活ができるので、最初に準備しなくてはいけないお金も最低限で海外に滞在できちゃいます!

ワーホリしたらしたらどうなれる?どうなる?

ワーキングホリデーに行けば、もちろんその国に住んでいる人達だけではありません。様々な国から留学生や、旅行者が集まっています。

現地の文化に触れながら、実際に生の英語を聞く・話す・学ぶことができます。

そして【海外で働くという経験】はあなたにとって必ずいい経験と実績になります。他のビザや留学ではできない貴重な経験が費用も安くできてしまうのです。

海外で働いた経験があれば、それはあなたの将来の夢や、次のステップへのメリットになります。

英語がうまくなればそれだけ選択の幅も広がりますし、海外で活躍することも全く夢ではありません。

例えば、就職や転職を狙っていくのならワーキングホリデーは最高のビザです。

働けるビザという強みが生かして海外での実際に働く経験を身につけられます。

オーストラリアの企業なども、ワーキングホリデーで採用し、能力・やる気があればそのまま正社員として雇ってもらえるチャンスもたくさんあります。

「今更海外でバイトなんて…。」と思っているあなた!

まだまだチャンスはあなたが思っているより無限大ですよ!

オーストラリアでワーキングホリデーのメリット

sun71_kaigainodaigaku1031_tp_v

多国籍な人々と多様な文化が共存している!

オーストラリアには世界中から多くの人がワーキングホリデー、留学で来ています。

多くはイギリス、イタリア、ドイツなどのヨーロッパから。そしてアジアからは韓国、台湾、香港から。さらにアメリカ、南アメリカからも。

だから…

多国籍な環境で、様々な文化の国の人々とともに日々を暮らしていけます。
「英語」を学びたいのであれば最高の環境の一つです。

もちろん各国「訛り」があります。もちろん「アメリカ英語」が学びたいのであればアメリカへ。「イギリス英語が学びたい」のであればイギリスに行くことをお勧めします。

しかし、あなたもオーストラリアにくれば「英語のスタイルが一つじゃない!」ということに気がつくでしょう。オーストラリアで英語を学べば世界どこへ行っても通用しますよ!

オーストラリアは気候がいい!

ymd85_aozoratookinawanoumi_tp_v

オーストラリアのワーキングホリデーにラッキーなことの一つが「気候」です。温暖な気候のオーストラリア。

国土が日本の21倍もあるので都市によって気候の特徴は様々です。基本的にはとっても過ごしやすい気候です。

寒いのが苦手なら年中暖かい都市でビーチのそばでのんびりと生活することもできます。

自然も多い国なので都市部に住んでいても、街中から少し行けばオーストラリアの大自然に触れることができます。

オーストラリアの気候については詳しくはこちら!
【渡航前に知っておきたい!】オーストラリアの気候

海がなんといっても綺麗!オーストラリアの海やビーチは世界的にも有名です。

オーストラリアの海が大好きすぎて永住している人もいます。筆者もオーストラリアの海に心底惚れ込んでいます!

治安が良くて安全!

親日家が多い国なのも我々日本人にとっては嬉しいところです!多くのオージが日本にすごく興味を持っています。

「俺日本語話せるんだぜ!”Domo arigato!”」なんて言ってくる人や、中には日本人より美しい完璧な日本語を話す人もいます。

オーストラリアの多くの都市が毎年の「世界で最も住みやすい都市ランキング」上位に入っています。それだけ治安も良くて、暮らしやすい国なんですね。

オーストラリアの治安に関して詳しくはこちら!
▲安全? 危険? オーストラリアの「治安」をレポート!

オーストラリアワーホリ体験談

実際にオーストラリアでワーキングホリデーを経験された方々の体験談です。

Yuさん

最初旅行に来てオーストラリアが大好きになりました。ワーホリの制度を友達に教えてもらって行ってみよう!と思って来ました。

英語は中学校でやったのが最後だったからあまり話せませんでした。語学学校の一番下のクラスから通いながら、日本食レストランでウェイトレスのバイトを始めました。

もともと接客業が好きだったので、お客さんと話したり、料理の説明を必死で毎日したり、ミートアップに参加して英語も伸びました。

そんな私もそのまま職場で正社員に採用になって今はお店のマネージャーです!

Tatsuさん

日本の居酒屋でずっと働いていましたが、代わり映えのしない日々に嫌気がさしてワーホリでシドニー来ました。

英語も最初はほとんどできなかったけど、3か月間しっかり語学学校に通いながら、ジャパレスのキッチンの仕事をしました。

その後英語も日常会話が問題なくできるまでになったら、外人の友達もどんどん増えました。

今は友達のシェフに紹介されたローカルのレストランでヘッドシェフとして料理、メニュー作成を任せられてます。

Tomさん

最初はワーホリで来てシドニーの日経企業で営業の仕事をしました。

そのままワーホリが終わったら日本に帰って就活しようと思ってました。

でも帰る前に最後に何かチャレンジしようと思ってオーストラリアの企業のインターンシップに応募しました。

自分は正社員の経験があまり無かったし、初めての事ばかりで学ばなければいけないことも多く大変でした

でもその後、その企業で正社員としてのオファーをもらって今は日本の支社で働いてます。

準備や持ち物はこちら

☆オーストラリアワーキングホリデー・留学の準備&持ち物はこちら!

渡航前に絶対用意しておきたいオーストラリアの服装!

オーストラリア留学日本出発前に用意しておいたほうがいいもの【10選】

☆オーストラリアの航空券選びなどはこちら!

【決める前に知っておきたい!】オーストラリア航空券情報!

最後に

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s

留学やワーキングホリデーに興味のある方。行くかどうしようか迷っている方もたくさんいると思います。

ぜひ興味があるなら一度チャレンジしてみてください。本当に来てどうしても嫌になったり、なんか違うなと思ったら移動すればいいんです。

そして今まさにワーキングホリデーで頑張っているあなた!あなたは素晴らしいチャレンジの真っ最中です。

自分の力、目的を信じて進んでいってください。悩むこともたくさんあるでしょうけど【Never give up!】と【Challenging!】です!

もちろん大変なことも色々あるかもしれません。

それ以上に手に入れられるもの、貴重な出会い・経験がたくさんあなたを待っています!困ったらいつでも私達のオフィスに来てください!

オーストラリア現地情報や留学のご相談・ご質問などお気軽にお尋ねください。

どんなご質問でも現地を知り尽くしたスタッフが誠心誠意お応え致します。

素晴らしい体験があなたを待っているはずです。

私達が全力でサポートするので安心ください!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から