【2017年最新!】シドニーフィッシュマーケット完全攻略!

このエントリーをはてなブックマークに追加

食の都シドニー

フィッシュ&チップスをはじめ、イタリアン、フレンチ、中華、韓国料理、タイ料理etc…

シドニーでは世界各国の料理が楽しめます。そして、その料理で使われる魚、オイスター、エビなどのシーフードなどすべては世界有数の魚市場「シドニーフィッシュマーケット」から来てるんです!!

そこで、今回はシドニーフィッシュマーケットの端から端まで調べた筆者が

  1. フィッシュマーケットの基本情報
  2. フィッシュマーケットで食べれるシーフード&その価格
  3. 注文からどこで食べるかの解説
  4. シーフード以外のお店8選
  5. フィッシュマーケット内のイベント

大きく分けてこの5項目+便利でお得な情報をご紹介します!

この記事を読まずに、フィッシュマーケットに行くのは勿体ない!この記事を読んでから行けば余すことなくフィッシュマーケットを堪能できます!!

シドニーフィッシュマーケットの基本情報

南半球1、そして世界2位の水揚げ高を誇るシドニーフィッシュマーケット

(ちなみに、1位は日本の築地市場です。)

シドニー内で食べれる魚介類はすべてこのフィッシュマーケットから市場に回ります。それ故に、フィッシュマーケットにある魚介類が一番新鮮!

シドニー内にある普通のスーパーではなかなか見つけられない魚もたくさんあります。

 

住所 Bank St & Pyrmont Bridge Road, Sydney NSW 2009

営業時間 7時~16時半(各店により前後あり)

WEB sydneyfishmarket.com.au

フィッシュマーケット内の地図

map

アクセスの方法

今回はすべてセントラルから出発する仮定でご紹介します。

ライトレール

分かりやすいので、1番おすすめの交通手段です。

セントラル駅から出ているL1 Dulwich Hill Lineのライトレールに乗ります。

IMG_7384

まずセントラル駅に着いたらGround ConCourseに向かいます。

すると、

IMG_7385

赤いⓁのマークはライトレールの記号なのでここから外に出ます。

ここを出るとすぐライトレールの駅です。

IMG_7388

乗ったらFish Market駅まで約15分ほどでつきます。

駅に着いたら、反対側のホームまで行きます。

IMG_7389

反対側のホームに行くと階段があるので、上っていきます。

IMG_7391

階段を上がりきると左手側に横断歩道があります。ここを渡って、左に進むとフィッシュマーケットに到着です。

IMG_7392

この写真の奥の水色の建物にお店が集中してます。

バス

セントラル駅のGround ConCourseのFlight Centerがある方の出口から外に出ます。

道に出たら右に曲がって進むと、右手側にBelmore Parkという公園があり、左手側にバス停(Pitt St opp Barlow St)が見えてくるのでそこから501系のバスに乗ります。

そこからフィッシュマーケット近くのバス停(Miller St opp Jones St)で降りましょう。

そこから道なりに沿って歩きくと、上記の横断歩道が出てきます。

※バスで行かれる方は降りるバス停が分かりづらいので、google mapなどを使って自分の現在地を見ながら移動しましょう

徒歩

セントラル駅からだとだいたい30分程度で、ずっと大通りに進んでいくだけなので散歩がてら行くのが好きな人にはお勧めです。

タクシー、Uber

Uberでセントラル駅からフィッシュマーケットまで8ドル~11ドルほどです。

しかし、シドニー市内は交通渋滞がかなりひどいのであまりお勧めしません。

ピーク時間

最も混むのはやはり、日曜日のお昼の時間帯

●Opal Cardが日曜日はどんなに使っても2.5ドル

●中国人観光客の増加

この2つの要因で日曜日のお昼は激混みです。この時間帯はテイクアウトしたものを食べる場所取り、車で行く場合は駐車スペース確保にかなり手こずります。

もし、駐車場にいくつか大型のツアーバスが停まっていたら、それは確実に中国ツアー団体客のバスです。よって、メインの建物内は激混みです。頑張ってください。

平日は週末に比べて混んでないので、人込みが苦手な方は平日に行くことをお勧めします。

フィッシュマーケットで楽しめるフード

①オイスター

フィッシュマーケットに来たら絶対食べるべき牡蠣!オイスター!

みんな観光客の人たちは買って食べています。

IMG_7436

おそらく、ふら~っと歩けばすぐ見つかります。

どこのお店もOYSTER BARとセクションを作っているので上のほうにある看板を目印に探してみてください。

どのオイスターを買うべきか

IMG_7416

ぜひ、ROCK OYSTER(岩牡蠣)と表記されているものを買いましょう。

おそらくこの味はシドニーでしか食べられないと思うぐらいに、日本人の知っている牡蠣と味が違います。

PACIFIC OYSTER(真牡蠣)と表記されているものが世界的に食されている牡蠣で、日本人の知っている味の牡蠣です。

なので、両方買って食べ比べてみるのもいいですね♪

オイスターの注文の仕方

残念ながら、オイスターは1個単位では買えません。

半ダース(6個)か1ダース(12個)単位でのみ、購入可能です。

表記されてる値段は1ダース分なので、半ダースで買う場合は表記価格の半額です。

なので、上記の写真のオイスターは12個で30ドル、6個で15ドルです。

②刺身

フィッシュマーケットでは基本的に刺身用に切られてパックされたものは置いてません。

大きい魚の塊のセクションがあるのでそこに行きましょう。

欲しい量を言って、刺身用に切ってとお願いするとスライスしてくれます。

IMG_7398

ただ、結構切り方が雑ですごく薄く切られたりもするらしいです。

③ホットフード

刺身やオイスターの他に、調理されているシーフードもたくさんあります。シドニー名物フィッシュ&チップスも売っているので食べることができます。

IMG_7083 (1)

ソースは置いてあるのですが、フリー品ではなく別売りなのでレジのところで購入してください。

フィッシュマーケット内のシーフードは安い!

フィッシュマーケットでは、シドニー特有の新鮮なシーフードがあります。

さらに、スーパーなどで買うよりも値段もお手頃なのです!!

価格比較

フィッシュマーケット内のものがどれほど安いのか、シドニー内の大手スーパーで売っている商品と比較してみました。

商品目 Coles フィッシュ・マーケット
ジャンボ・ブラックタイガー(エビ) 約35ドル 約30ドル
ASCサーモン 約30ドル 約25ドル

*値段は1キロ当たりの値段です。

フィッシュマーケット内でも店舗によって値段のばらつきが結構ありますが、最低でも4~5ドル程度スーパーより安いです。その上スーパーより新鮮なので行かなきゃ損!

意外とみんな知らない!?コスパの良いシーフード inシドニーフィッシュマーケット

それは、ここDE COSTI SEAFOODにあります。

IMG_7395

ライトレールのFisk Market駅側からフィッシュマーケットに入った際に、メインの建物より先にこのお店が現れます。

そして、お店の奥まで進むと・・・

IMG_7396

このマグロとサーモンの切り落としです。

お値段は1キロ17ドル!

私は以前300グラム買いましたが、値段はたったの5ドル10セント

ちなみに、300グラムは友達と2人で食べきれないほどです。スーパーでサーモンの切り身1枚買ってだいたい同じぐらいの値段なので安っっいです!!

買ったらどこで食べるの?

フィッシュマーケット内外にテーブルがあるのでそちらで食べます。

けれど、シドニーをよく知る人たちはみんなフィッシュマーケットの中で食べることをお勧めします。なぜかと言うと人間の食べ物を狙うカモメがフィッシュマーケットの周辺にはそこら中にいるからです!

「自分の目の前においてたのにカモメにとられた・・・」

「箸でつかんでいたものをカモメにとられた・・」

などなど・・・。

カモメに気を使わずにゆっくり食べるのを楽しみたい場合はぜひ、フィッシュマーケット内で食べましょう。

 

けれど、フィッシュマーケットの外にある港はとても素敵なので写真を撮るにはいいと思います。

IMG_7433

こんな感じに漁船がたくさん停まっています。

シーフード以外のお店

フィッシュマーケットの敷地内には、シーフード以外を取り扱っているお店があります。そこから8店舗ご紹介します。

①VIC’S MEAT MARKET(お肉屋)

IMG_7459

駐車場を挟んで、メインの水色の建物の真逆に位置しています。

フィッシュマーケットなのになぜか肉屋があります。それも、スーパーで見かけたことない肉の塊を売っています。

IMG_7450

このほかにも、ソーセージやビーフジャーキーなんかも売っています。

ここはメインの建物内と違い、日曜日でも割と空いていてゆっくり商品を吟味できます。

②WATERSIDE FRUIT CONNECTION(八百屋)

IMG_7411

メインの建物の一番奥に位置している八百屋。バラエティ豊かなフルーツや野菜を取り扱ってます。特に値段が安いというわけでもありません。強いて言うなら、チャイナタウンのマーケットでも見つけられなかったマンゴスチンが売ってます。

ここではシドニー内の飲食店のオーナーたちが、レストラン用にシーフードを買ったついでにそれに合う野菜やフルーツを買っていくそうです。

③ジュースバー

IMG_7428

IMG_7429

上記の果物屋の正面にジュースバーと、フルーツの入ったヨーグルトやチョコレートがけのフルーツが売っているお店があります。

フィッシュマーケット以外にも同じお店を見つけることができます。商品によっては他店舗より1.5倍ぐらい値段が高かったりするのでご注意ください。

④fishmans fine wine(ボトルショップ)

IMG_7418

メインの建物の中をまっすぐ進むと左手側にあります。

なんと、フィッシュマーケットでお酒が買えてしまいます!ここでワインやビールを買って、シーフードを食べながらお酒を飲むのもいいですね♪

※日本人は若く見られがちなので、ここでお酒を買う際には運転免許証やパスポートなど身分証を持って行きましょう!身分証がない場合お酒を買えないケースがあります。

⑤GREGORY’S BREAD(パン屋)

IMG_7417

先ほどのボトルショップのお隣にあります。珍しいパンがある訳ではなく、普通のパン屋です。

なぜフィッシュマーケットにパン屋が・・・。

実は、先ほどの八百屋と同様にレストランで使うシーフードを買ったついでに、ここでまとめてパンを買っていく方たちがいるらしいです。

⑥Blackwattle dell(チーズ専門店)

IMG_7410

さらにその隣にはチーズの専門店があります。シーフードもチーズもお酒もフィッシュマーケットで楽しめちゃうんです!

オーストラリア人はチーズ大好き!スーパーでも日本では考えられないほど数の種類のチーズが売られています。

私のオージーの友人曰く、

「オーストラリアでチーズを食べるならチェダーチーズを選ぶべき!」

だそうです。

シーフードのついでにオーストラリアのチェダーチーズを試してみては?

⑦アイスクリームスタンド

IMG_7434

外の飲食スペースにあります。カップやコーンに入れるタイプのアイス、市販のアイス、コーヒーを売っています。ちなみに、先ほどのBlackwattle dellでも大きめのアイスを売ってます。

子供連れの家族がよくここでアイスを買っていってます。

夏場のシドニーは本当に暑いので、デザートにアイスもいいですね。

⑧ROSIE’S OF PYRMONT(お土産屋)

メインの建物に入るとすぐ見えるところに位置しています。

IMG_7439

IMG_7404

写真のようなロブスターモチーフのものや、The オーストラリアのお土産品、素人にはどうやって使うのかよく分からない魚や貝に使う調理器具や食器類が売ってます。ちょっと覗いてみると色々あって楽しいです。

ATM

フィッシュマーケット内は基本キャッシュでの購入なので、必要な分キャッシュを用意しましょう。しかし、フィッシュマーケット内にも2つATMはあるのでご安心ください。

①コモンウェルスのATM

IMG_7421

先ほど紹介したお土産屋の隣にあります。日曜日のピーク時間には、みんな引き落とししたいようで列ができいてます。

②青いATM

IMG_7408

コモンウェルスのATMより先に進むと、ホットフードを売っているBBQ GRILLの近くに青いATMがあります。こっちのATMは人で埋もれて見つけづらいらしく、並ばずに引き落としできます。

トイレ

トイレはメインの水色の建物の中と、駐車場近くの外の2か所にあります。

①メインの建物の中

IMG_7419

メインの建物の中に入ってまっすぐ進むと、

IMG_7420 (1)

このおじさんが右手側に出てきます。同じ像が全部で2つあるので、2個目のこのおじさんに注目してください。

その正面にトイレがあります。

②駐車場近く

IMG_7476

ライトレールのFish Market駅側に、オレンジ色の建物DEEP SEAFOOD CAFE & OYSTER BARがあります。写真で、その右隣にトイレがあります。

フィッシュマーケット内のイベント

すべて、予約必須でインターネットからの申し込み可能です。日本人用に行われているものではないので、すべて英語で行われます。

フィッシュマーケット舞台裏ツアー(英語)

専門のガイドが、普段観光客が行けないフィッシュマーケットの部分を案内してくれます。

◆ツアーの内容

・シドニーフィッシュマーケットの歴史競り下げ競争の説明とその購入方法

・オークションのフロア見学、ここにでは100種類以上の魚を取り扱っています

・牡蠣の殻剥き見学

・刺身、活け魚 、フィッシュマーケットならではの魚介類を取り扱っているお店の案内

・1時間半~2時間ほどのツアー

◆場所、時間

ツアーは毎平日開催されます。 (祝日、クリスマス~新年の期間を除く)

・6:30AMに始まり、8:30AM前後に終わります

・集合場所はChristie’s Seafood の横にある、木のテーブルがあるスペース

・大人 40ドル 子供 20ドル (10~16歳)

Web予約したい方はこちらから→シドニーフィッシュマーケット舞台裏ツアー予約サイト

シドニーシーフードクラス(料理教室、英語)

実は、シドニーフィッシュマーケット内にSydney Seafood Schoolと言う学校があるんです。そこで2~4時間程度で開かれる料理教室の概要をご紹介します。

料金

クラスの時間によって料金が異なります。また、何を作るかも月によって違うので詳しくはウェブサイトを参照してください。(開いたページの右側に「Upcoming Class」の文字があるので、そこから詳細が見れます。)

2時間クラス 90ドル
3時間クラス 130ドル
4時間クラス 165ドル

 

※この料金に含まれるもの

・一流シェフたちによる料理方法の説明

・実際の調理(4~6人程度のグループに分かれて調理)

・調理に使うシーフードと、テイスティングのワイン

・駐車料金

・Sydney Seafood Schoolのエプロンと、レシピ本のキット(英語)

ちなみに、1番人気のクラスはシーフードBBQだそうです。

Web予約したい方はこちらから→シドニーシーフードスクール 料理教室予約サイト

車のパーキング

車で来た際は駐車料金を払う必要があります。

駐車料金表

駐車時間 料金
15分まで 無料
15分~1時間 $4
1時間~1時間30分 $10
1時間30分~2時間 $16
2時間~2時間30分 $22
2時間30分~3時間 $28
3時間~3時間半 $34
3時間半~4時間 $40
4時間~4時間30分 $46
4時間30分~5時間 $52
5時間~5時間30分 $58
5時間30分~6時間 $64
一日の最大請求額 $64

シドニーフィッシュマーケットはそれほど大きくないので、1時間ちょっとあれば十分に楽しめます。

お昼をフィッシュマーケット内で食べないのであれば、1時間以内でも大丈夫です。

駐車料金を払う機械は2か所

①メインの建物の入口

向かって左側にあります。

IMG_7422 (1)

②DEEP SEAFOOD CAFE & OYSTER BARの近く

IMG_7474

さきほどの、駐車場側のトイレ横にあります。

帰りはタクシーで・・・

フィッシュマーケットまでのアクセスは公共交通機関をお勧めしますが、帰りは荷物が多くなってしまってタクシーを使いたい人もいるかもしれません。

タクシーを使いたい方はメインの建物近くのFREE TAXI PHONEを使いましょう。

IMG_7440

壁にかかっている電話をとると、タクシーが指定の場所に来る仕組みになっています。

電話をとったら、

IMG_7402 (1)

近くにあるこの看板があるところまで行きましょう。タクシーが拾ってくれます。

終わりに、

シドニーフィッシュマーケットはとても素敵なところです!安い、新鮮、バラエティ豊かなシーフードがたくさんあります!

まだ、行ったことない人たちは絶対に行くべき場所です。

1度行ったことある人たちには、この記事内でおすすめした安くて新鮮なシーフードやお肉などを買いましょう。家で友達と料理して一緒に刺身にして食べたりしてワイワイ楽しめます。

また、意外とこっちにいる日本人が知らないフィッシュマーケットのツアーや料理教室に参加してみれば、他の人たちが体験していないシドニーライフを楽しめるはずです♪

 

この記事を書いた人


Mao

日本で大学卒業して、そのまま学生ビザにてシドニーに語学留学!そこからさらにオーストラリア生活を延長して現在シドニー在住で現地のリアルな情報を発信中
まずは無料で留学相談から