安全? 危険? オーストラリアの「治安」をレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外生活というと、日本とは違う「治安」の状況が心配になりますよね。オーストラリアは銃の所持は法律で禁じられています。

危険な地域はある? 街でスリに遭う? 夜1人で出歩いて平気? 電車の中は安全? テロの可能性はある?など

安心して暮らすためのオーストラリアの治安情報を、シドニーを例にお伝えします。住まい選びなどに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

昼間の街、危険はある?

私がオーストラリアに来た数年前、昼間のシドニーを歩いていてまず感じたことは「全然危なくない」ということ。

海外だから、荷物をひったくられたり危険な人にからまれたり当然するのでは、と身構えていたのですが、数年暮らしていて一度もそういうことはありませんでした。

海外ではしっかりフタの閉まるカバン以外は使うべきでない、という考え方もありますが、シドニーやゴールドコーストなどで昼間普通の暮らしをする分には、開口部の広いトートバッグを持ち歩いていても一向に問題ないようです。

日本にいる時と同じように

「人混みでは荷物はしっかり持つ」

「電車や公共の場所で荷物から目を離さない」

など、常識的な行動を取ってさえいれば、オーストラリアの治安の良さを体感できるはずです。

ただし間違っても見知らぬ人からの「お金を貸してほしい」「友達になってあげる」「荷物を見ていてあげる」など不審な誘いには乗らず、毅然とした態度でノーと言いましょう。

お酒のルールは日本より厳しい?

%e6%b2%bb%e5%ae%89%ef%bc%91

街の中を歩いていると時々見かけるこの表示。「Alcohol Free」とは、「アルコール無し」の意味。(お酒飲み放題では無いので注意!)

この表示があるエリアでは、歩きながらお酒を飲んだり、外で座って飲酒をすることが禁止されているということです。

これはオーストラリアでは決して珍しいものではありません。泥酔した人によるトラブルを未然に防ぐためのもので、お酒については日本より厳しいルールが存在します。

パブ、酒屋ではID必須!

%e6%b2%bb%e5%ae%89%ef%bc%92

夜遅い時間になると、お酒を出す店(パブ、レストラン、クラブなど)では入り口にセキュリティスタッフが立ち、入店者にはID(身分証)の提示が求められます。

これは年齢確認のためで、パスポートや国際免許証などで生年月日を証明しないと一切入店できませんので、夜遊びの際はIDをお忘れなく。

ちなみにボトルショップでお酒を買う時は、時間に関係なくIDが必要です。

また、お酒を出すお店では、泥酔者の入店を断ることが店側に義務付けられています。ボトルショップでも、過度に酔った人にお酒を販売することは違法ですし、酩酊状態の人にお酒を勧めることも禁止されています。

こうした厳しいルールがあるおかげで、街の治安が保たれ安心して過ごすことができるんですね。

警察・救急車は「000」

%e6%b2%bb%e5%ae%89%ef%bc%93

シティでは、治安維持のためのカメラが設置されていることも珍しくありません。

とはいえ万が一危険な目に遭ってしまったら、緊急事態なら迷わず「000」(トリプルゼロ)に電話を。

これは日本の110と119が統合された機能を持つ番号で、電話がつながると「警察ですか、救急車ですか」と聞いてくれるので、落ち着いて状況を説明しましょう。

夜は1人で歩かないこと!

人気の少ない場所は、夜は特にどこでも注意が必要と言われています。この辺りは日本とは大きく異なる点ですので、暗い路地や明かりの無い住宅街などへ行くことは避けましょう。

帰宅時も、酔っ払った人や犯罪者に出遭わないよう、ローカルのオーストラリア人は夜は1人では決して歩かず、少しの距離でもタクシーを利用するなど万全の備えをしているようです。

何かあってから後悔をするより、日頃から危機意識を持った行動が重要ということですね。

%e6%b2%bb%e5%ae%89%ef%bc%94

郊外に住んでいる人がシティから帰る場合、Nightride(ナイトライド)という深夜バスが終夜運行をしている場合があります。

夜の電車はセキュリティスタッフの乗り込んでいる車両などもありますので、そうした危険の無い選択を心がけ、電車でうっかり寝てしまうなんていうことのないようにしたいですね。

知っておきたい「危険なエリア」

シドニーの場合、シティ近郊のRedfern(レッドファーン)

%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%b3%e6%b2%bb%e5%ae%89_fotor
地図出典:Google Map

郊外のParramatta(パラマッタ)BlackTown(ブラックタウン)

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%a9%e3%83%9e%e3%82%bf%e6%b2%bb%e5%ae%89
地図出典:Google Map

この地区は、一般的にあまり治安が良くないと言われています。

シティー郊外は街灯の少ないところも多いので必ず気を付けましょう。

遅い時間には知らない人と気軽に話をしない、寄り道をせず真っ直ぐ家に帰る、鍵などの設備のしっかりしていない家には住まない、など十分な注意が必要です。

窓を割られて空き巣に入られる、ということも時にはありますので、貴重品や現金は絶対に安全な場所に置いておきましょう。

気をつけたいトイレ事情

以上のことに気をつけつつ、もう一点気をつけたいのがオーストラリアのトイレです。

日本と比べると公衆トイレが街中でも少ないので気をつけて下さい。外出中はお店や、公共施設のトイレなどを使うことが多いと思います。

昼間でしたら駅、デパート、ショッピングセンター、図書館、博物館などには必ずトイレがあります。夜間はファーストフード店、ガソリンスタンド、パブ、VIPラウンジなどで利用できます。

ただ時間帯によってはトイレの鍵が閉まっていることもあります。店員さんにトイレを使いたいと言ってカギを貸してもらいましょう。

小さい駅だと夜は駅員さんもいなくてトイレが閉まっていても開けてもらえませんので気を付けて下さい。

オーストラリア治安さいごに

%e6%b2%bb%e5%ae%89%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

オーストラリアでは組織的なテロなどが起きたことはありませんが、今や世界中どこの国でもそうした危険性は否定できません。

常に自分の周りに目を配り、不審な人や不審物を見つけたら警察や駅員に知らせる、少しでも危険を感じたらすぐその場を離れる、近くにいる人に助けを求めるなど、小さな行動が身を守ってくれるはずです。

慣れない海外生活を楽しいものにするために、最低限の安全確保は忘れないでくださいね!

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から