オーストラリアのお酒を楽しむ!【ビール & パブ】徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんオーストラリア楽しんでいますか?
今渡航準備中の方!オーストラリアは楽しいことがいっぱいです。

今日は1日頑張った後に一杯飲みたくなったり、大好きな友達とワイワイしたい!

ちょっとお酒が欲しい、そんな時に行きたいオーストラリアのパブとビールについて解説いたします。

オーストラリアで外せない文化の一つ「パブ」。

オーストラリアのお酒といえばワインが有名ですがビールもものすごく美味しい国なんです。

「パブって何?」って人も、ローカルの人や海外からのお客さんがたくさん集まっているローカルのパブへぜひ一度足を運んでみてください。

パブについて

「パブ」はあんまり日本では聞きなれない言葉かもしれませんね。簡単に言うと、気軽に行ける日本での「居酒屋」としての役目を担っています。

気取らないオープンなお酒を楽しめる場所です。

海外で「今日はお酒を一杯飲みたいな」といったときに、恋しくなる「居酒屋」ですがオーストラリアでは皆さんパブに行きます。

オーストラリアをはじめ、世界中で今日本食は大人気です。流行りと言うよりももう根付いた文化の一つといった感じです。

なのでオーストラリアにも居酒屋風のお店や「ジャパレス」と言われる日本食レストランが色々とあります。

でも日本と違ってあまり遅くまで営業していません。気軽に一杯といった感じでお酒を飲む場合にはバーやパブに行くことになります。

「でもパブって何?」

img_4234

パブの多くが「〇〇ホテル」などの名前が付いてたりします。

昔は夜遅くなるとホテルでなければお酒を提供することができなかった時代の名残です。今でも宿泊施設を併設しているところもたくさんあります。

パブの語源はPUBLIC HOUSE。「パブリック・ハウス」だそうです。

ご存知の方も多いと思いますが、オーストラリアは元々イギリスの植民地だったのでその文化を今なお色濃ゆく受け継いでいます。

イギリスではお酒だけではなく、宿泊施設や雑貨屋も兼ね備えた場所でした。130年ほど前の文献から「パブ」という言葉が使われています。

町の社交場として愛され、それは今なおオーストラリアでも変わらずに続いています。

パブは各お店でいろんな個性があります。

おじさんばっかりがラグビーの試合や競馬を見てるパブもありますし、こだわりの地ビールやお酒を提供しているちょっとマニアックなお店に、夜や週末は生バンドの演奏があったり、クラブになったりするところもあります。

友達と一緒に盛り上がれるパブや、ゆっくりお酒を飲みたい時に行くパブなどその時の気分にあったお店を見つけてもらいたいです。

パブに行ってみよう

入店の仕方

img_4220

オーストラリアのお酒に関する法律は厳しいです。

夜のパブ入り口付近には、でっかくてイカつい警備員さん(セキュリティ)が立っています。

ほとんどの場合ここで「ID」を見せる必要があります。これは年齢確認のためです。

顔写真と生年月日がわかるものが必要です。まずはパスポートを見せましょう。

年齢を確認できるものがないと20歳(オーストラリアは18歳からお酒が飲めます。)を超えていても絶対中に入ることはできません。

友達数名で行って一人でも持っていないと全員入れないこともあります。必ずパスポートを忘れないようにしましょう。

昼間やセキュリティがいないとき、お店に入ってお酒を注文する時に店員さんに「IDを見せて」と言われることもあります。

日本の免許証だと「平成」「昭和」表記のため年齢が確認できないと言われることが多いです。

酒屋さんに行く時もIDを求められることもあるのでお気をつけください。

服装について

夜のパブでは安全のためサンダルなどでは入店できない場合が多いのでお気をつけください。

皆さん「Dress codeドレスコード」ってご存知ですか?服装の決まりみたいなものなのですが、日本だとあんまり普段気にすることはないですよね。

オーストラリアだとクラブやパブでのイベントで服装が引っかかって入れないことがあります。

「Sorry, You are too much casual.」(ごめんだけど、君の服装カジュアルすぎるよ…)

と言われて入れなかったことも何度かありました。

この服装に関してはすごく難しいところで、お店やセキュリティによって対応が変わってきます。

なんであいつの靴がOKでこれがダメなんだ…なんてことも。

オーストラリアでは基本的には全身スーツでないといけないことはあまり無いです。

「今日はイベントに行く。」って日など、服装について言われる可能性が多いときの鉄板とおすすめのスタイルを少しご紹介します。

「Smart Casual/スマートカジュアル」

ならまず問題無いです。
ドレスコードがSmartCasualの場合も多いです。

男性(目指すは清潔感と綺麗め)
襟付きシャツ
長ズボン(デニム、短パンはダメ)
革靴など(スニーカーやサンダル以外の靴)

女性(これが難しい…)
ワンピース/ツーピース
ボレロ/カーディガン
スカート/パンツ
ブラウス
革靴
スカーフ・ネックレス・小さめのバッグ
etc…

女性もデニム素材はカジュアルすぎると判断される場合もあるので注意!
基本的にいつもは普段着で大丈夫なのでご安心ください。
イベントやお店、シチュエーションに合わせてコーディネートを楽しんで下さい。

注文のしかた

img_2604

入店したらパブでは席に座ってレストランのように待っていても店員さんは注文を取りには来てくれません。飲み物も食べ物もバーカウンターで注文します。

まずはバーカウンターに向かいましょう。

欲しいお酒を頼むか、ビールサーバーが並んでいますのでそこからお気に入りのものや、気になるものを選びましょう。

お酒が出てきたら、その場でお金を支払います。

Can I have/get(欲しいもの品名)? 〜もらえる?
Could I have/get(欲しいもの品名)? 〜いただけますか?

ビールサーバーがたくさんあって名前が分からないときは指をさしながら
Could I have/get this? これいただけますか?
でOKです!

クラフトビールのあるパブは味見させてくれるので遠慮せず気になるサーバーを指差して
Could I try taste this? これ味見させてもらえますか?
と言って味見しちゃいましょう。

オーストラリアはチップを支払う義務はありません。でも最高のサービスを受けたり、小銭なんていらねーぜってときは

「Please keep the change.」お釣りは結構ですよ。

と言ってチップにしましょう。もしくはバーカウンターの上にチップ入れがあることが多いのでそこに入れましょう。

ビールについて

img_4224

オーストラリアに来るまで知らなかったのですが、オーストラリアのビールは本当に美味しいです!

ビールの種類もものすごく豊富です。クラフトビールなどレアなビールが生で飲めるお店もたくさんあるので是非飲んでみてください。

生ビールはTap beer(タップビール)やDraft /Draught beer(ドラフトビール)と言います。

ビールを頼んだときサイズを聞かれることがあります。

ビールのサイズは実は国ごとや、オーストラリアの州によっても呼び名や量が変わってきます。

①Middy・ミディー / Half pint・ハーフパイント(小サイズ、グラス)
②Schooner・(中サイズ、ロンググラスくらい)
③Pint・パイント(大サイズ、生中ジョッキくらい)
④Jug・ジャグ(ピッチャーサイズ、みんなでシェアして飲む)

PintかSchoonerか聞かれることが多いです。みんなでシェアしながら飲めるJugは割安なのでよく頼みます。

お店によっては無いところやもあるので聞いてみましょう。

シドニーでは遅い時間には法律でJugやキツいお酒(ショットやオンザロック)は提供してくれなくなります。

フードメニューとビールのおつまみ

ポテトチップスしかないようなお店もあるのですが、本格的な料理を提供しているパブもあります。

パブ自家製のおつまみや、定番のチップスやウェッジ(ポテトフライ)、フィッシュアンドチップスやステーキも美味しいですよ。

ドリンク以外のフードメニューが充実しているお店が多いので是非行ったらお酒以外も要チェックです!

パブでの注意

シドニーLock Out Laws「ロックアウト・ロー」

これはシドニーの法律です。シドニーはお酒に関する法律が大変きびいしいです。パブやバーも日本みたいに24時間営業ができません。

1:30am〜:入店不可、再入店も不可

深夜1:30以降はお店に入れません。「よーし次の店に行こう。」と思ってももう入れないのでご注意を。
ちょっと外に一服したり、友達を見送りに行っただけでも再入店も絶対できません。筆者もこれで最初の頃よくわからず何度も締め出されたり、友達と逸れました…。これが本当に困りました。

3:00am: ラストドリンク
「さぁーもう一杯飲もう!」と思ってももうお酒の提供ができません。

シドニーのこの法律はすごくストイックで厳しいものです。
もしまだシドニーシティーにいて飲みたい時は24時間営業しているカジノへ行くか、シティーから出て他のとこに行くしかありません。

ロックアウトローの有効地域
CBD・Kings CrossからCockle Bay・Surry Hills・Darlinghurst・Rocks・近辺のパブ、バーなど全てです。
それ以外の地域だともっと遅くまで営業していたりします。

店内での注意点

オーストラリアは比較的安全な国ですが日本とは違います。

お酒の注文やトイレに行く時に荷物を席に置きっぱなしに絶対しないようにしましょう。

それと席を立つとき飲み物を置きっぱなしにしていくのもダメです。お酒に変な薬を入れられたりする危険があるので必ず気をつけてください。

img_4155

ローカルの人や、たくさんの旅行者や留学生と知り合う機会がたくさんあります。是非一杯ひっかけて気軽にお話ししましょう。

お酒を飲むと英語がうまくなるなんてこともあったりします。

ビール以外にワインやカクテルも楽しめます。ジュースやノンアルコールドリンクもあります。ご飯の美味しいところも多いのでお酒が飲めない人も十分楽しめます。

美味しいからってくれぐれも飲みすぎには注意しましょう。私も記憶共々色々亡くしたこともございます。
あなたも是非今夜からお気に入りのパブを見つけに行きませんか?

この記事を書いた人


Taro
Taro

念願の海外生活第一歩として、フィジーへ留学。 そのままオーストラリアに流れ着きギリホリ(年齢ぎりぎりのワーキングホリデー)開始。 その後メディア会社、キッチンスタッフ、ドライバーなどの仕事を経て、現在は今までの経験を生かし留学サポートスタッフを担当
まずは無料で留学相談から