『オーストラリア交通手段!タクシーとUBER』お得クーポン付き!

このエントリーをはてなブックマークに追加

どの国にいても便利な交通手段として利用されているのがタクシーですよね?特に車社会のオーストラリアではとてもありがたい交通手段です。

タクシーを頻繁に利用する方、またそうでない方も移動に関してのお得な情報は知りたいですよね?

そこで紹介するのがUberという日本ではあまり知られていない配車サービスです!

オーストラリア滞在中はタクシーよりもUberを利用する方がお得なので是非、活用することをお勧めします!

今回はタクシーとUberの違いについてご案内します。

*この記事のどこかにお得コードが隠れています!

1. Uber(ウーバー)とは?

Uberは簡単に言うと、一般人が自家用車を利用し行うタクシーサービスです。日本ではまだ一般的に展開されていないため認知度は低いかもしれませんね。

Uberの主なメリットとして、タクシーより比較的安い です。(*時間や曜日などにより異なります。)

  • 事前にアプリで料金と移動時間を想定してくれる
  • 支払いがアプリ上で簡単。目的地に着いてお金を払う必要がない
  • アプリで簡単に呼べる
  • アプリで事前に行き先の場所などを指定できる

なので旅行でオーストラリアに来ていたり、英語がいまいち苦手な方にも、安心して使っていただけるサービスです。

2. Uberならではの利点

評価システム

Uberはドライバーと利用者が相互に5段階評価をつけるシステムがあります。

アプリでUberを呼んで、ドライバーが決まると、そのドライバーの評価をチェックすることができます。

なので評価が低いドライバーに当たってしまった場合は、乗車拒否・キャンセルをすることができます。

私の経験上はほとんどのドライバーが良い人でしたので安心して利用しています。

  • 【注意】何らかの理由でUberの依頼をキャンセルしたい場合は5分以内にしないとキャンセル料が発生するのでご注意ください。

そもそもUberはドライバーが平均で4.6以下の評価の場合、そのドライバーをシステムから外すので、ドライバーは全力を尽くし良い評価を保とうとします。

なので、車に乗車するとガムやお水を無料で提供してくれることもよくあります。

夏になるとオーストラリアは本当に暑いので、飲み物のサービスはとってもありがたいです!

また、タクシーだと運転手の評価などは事前に知ることができないので、Uberなら安心ですね。

支払い方法

お支払いに関して、Uberの場合は目的地に到着してからお金を払う必要はありません。アカウント作成時に登録したクレジットカードから自動で引き落とされます。

Uberなら事前に目的地までの料金の目安が事前に分かります。例えば、$9〜$13などと表示されますので乗る前にいくら位必要なのかがわかります。

タクシーだと目的地に着くまで料金がわからないですよね?なのでUberは本当に便利です!

3. 利用の仕方

まずはアプリのダウンロードをしましょう

こちらのアプリのダウンロードはUber公式ホームページもしくは下記から無料ダウンロードできます!

Google Play – Androidストア
Apple – iTunes

ダウンロードが完了しましたら、次はアカウントを登録します。

登録の際には以下の個人情報が必要となってきます。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • クレジットカードの情報

登録が完了すると、あとはUberを呼ぶだけです!

4. Uberの呼び方

Uberの呼び方はとても簡単です!
アプリをひらくとこのようなスクリーンが出てきます。

  1. 自分の位置と、その周辺にいる車両が表示されます。
  2. 現在地( Pick up location)を入力。
  3. 次に目的地 (Where to) を入力します。
  4. Request Uberをクリックして待つだけです!

目的地に着くと、車を降りてお礼を言うだけでいいのです。(料金はアカウント作成時に登録したカードから自動的に引き落とされます。)

ここでお得情報です!無料で乗車できる方法をご紹介します。

アカウント登録後、初めてUberを呼ぶ前に、こちら 「mayai141ue」のコードをpromotion枠に記入していただくと、初回乗車時が無料になります!是非利用してみてください!

コード(割引コード)の入力の仕方に関しては、下記の画像に従って行ってください。

 

① 画面左上にある ≡  (メニュー)を押します。
② Payment を選択します

 

③ Add Promo/Gift Code を選択します。
④「mayai141ue」を入力し、右下のADDを押します。

5. オーストラリアのタクシー

オーストラリアではタクシーの呼び方や乗り方に関しては日本と違いはあまりありません。

主な違いはドアが手動なところです。なので降りたときは忘れずにドアを閉めてあげてください。

また、州によって異なりますが、オーストラリア NSW州では後部席のシートベルト着用が義務付けられています。

そして小さなお子様がいらっしゃる場合はチャイルドシートが必要となります。

1歳以下のお子様がいる場合チャイルドシート無しで乗せるのは違法なので注意が必要です。

NSW州では各タクシーのうち約10%の車しかチャイルドシートを積んでいません。なので無い場合がほとんどです。

Uberもチャイルドシートが無い場合が多いので、お子様と一緒に乗車する場合は事前にチャイルドシート付きの車を予約するかチャイルドシートを事前に購入しましょう。

6.最後に

私はオーストラリアでタクシーもUberも両方利用していますが、個人的にはUberの方がお得でサービスもいい印象です。

以前、友達を空港まで見送りにいった際、空港までタクシーよりも$30以上安くおさまりました。移動時間に関しては普通のタクシーと変わらないので、お勧めです!

しかし、地域と時間帯によっては利用者が少ないなどドライバーの個人的な理由でUberをなかなか捕まえれない場合も生じます。

なので、朝早くに空港に行かなければならないときなどは、やはり料金的には高くつきますが、電話一本でどこにでも呼べるタクシーの方が安心です。

また、オーストラリアの地域全てでUberを利用できるとは限りません

Uberは一般人が提供しているサービスなので、主要都市以外の人が少ない地域などでは利用ができません。

ケアンズでもまだ使えないみたいですね。そう考えるとタクシーはまだまだなくてはならないサービスのようです。

この記事を書いた人


Maya
Maya

オーストラリアは多国籍でアジア人も数多く住んでいますが、日本人コミュニティーはまだまだ小さいです。英語、日本語、韓国語が話せる私だからこそシェアできるオーストラリアのリアルな日常生活やサバイバル情報を教えていきます!
まずは無料で留学相談から