フィリピンの学校情報

IELTS学習で有名なSMEAGクラシックに「潜入留学」してきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

IELTSのスコアを日本で上げるのは至難の業。語学留学を検討する人も多く、私もその中の一人でした。フィリピン留学のIELTS学習といえばここ「SMEAGクラシック」と名前が挙がるくらい有名なフィリピンでも最大級の語学学校。このSMEAG CLASSICキャンパスに「潜入留学」してきましたので実際の経験を踏まえて紹介していきます。

なぜフィリピンで留学なのか

近年フィリピン留学は日本人の留学先として凄まじい人気です。日本からたった4時間半程で行ける場所でありながら英語圏でみっちり英語学習ができる。まずはフィリピン留学が人気でオススメな理由をご紹介します。

格安の費用で留学可能

フィリピンではとにかく格安+短期間で英語を伸ばすことができます。欧米の語学留学と比較すると、航空券代、授業料、滞在費、物価、ビザ申請…どこをとってもフィリピンの方が格安なのです。物価が日本の3分の1と言われているので旅行も外食も買い物も思う存分楽しめます。

 

マンツーマン授業を中心とした充実の授業内容

フィリピンの語学学校は1対1のマンツーマン授業が多く組み込まれており、授業時間も一日平均約8時間で欧米の語学学校と比較すると約2倍です。マンツーマンの最大の特徴はその方のレベルに合わせて学習できる点!なので、英語の初心者の方でも先生が個別で理解できるまでみっちり教えてくれて、なおかスピーキングの機会がずば抜けて多いので日本人が苦手とする英語でのスピーキングスキルやコミュニケーションスキルが伸びます。

 

勉強だけに集中できる環境

多くの学校で学生寮が用意されていて食事、洗濯、そしてハウスキーピングまで付いているので英語の勉強だけに集中することができます。また門限を設けている語学学校も多いので、遊びの誘惑に負けることもありません。勉強しなければならない環境が整っているのでしっかりと語学力の向上が期待できます。

更にフィリピン留学の魅力が気になる方はこちら!

なぜSMEAGのIELTSコースがおすすめなのか??

今回「潜入留学」してきた学校はフィリピン最大規模を誇り、各キャンパスで特色のあるSMEAGです。その中でもCLASSSIC(クラシック)キャンパスはIELTSコースが有名で実際に全体の学生の約半数がIELTSコースを受けています。ここからはSMEAGクラシックキャンパスの特徴を5つ実際に私が肌で感じたことを踏まえてご紹介いたします。

 

1. IELTSに特化してある

セブ島にある語学学校の中でもSMEAGはIELTSの公式試験実施団体の1つである「British Council」の窓口が学校内にあり、公式テストの申し込みができる唯一の学校です。また、学校内の試験会場は実際の公式IELTSテストが行われる会場にもなっています。他にもCAPITAL(キャピタル)キャンパスはTOEIC、TOEFLの公式試験会場に、SPARTA(スパルタ)キャンパスはケンブリッジの公式試験会場に選ばれているということで高い信頼性があります。

学校の講師はIELTSを専門的に教えている先生が揃っているので、IELTSのプロ講師の下でIELTS攻略法を学ぶことができます。

SMEAGクラシックキャンパスはIELTSに特化した学校なので、同じ目標を持った生徒が世界中から集まります。IELTSに関する独自の勉強法を教え合ったり情報交換できるのもSMEAGならではの特権です。お互い切磋琢磨し合い、モチベーションを維持しながら最後まで勉強に励むことができます。

IELTS点数保証生徒の場合98%の学生が目標スコアを獲得しているという実績を出しており、毎週木曜日19:00~からはキャンパス内の試験会場で本番と同じ条件の下、IELTSの模擬試験を受けることができます。
*2018年10月現在

 

2. 食事が充実している

食事の質は語学学校によって実に様々です。私にとって食事のウエイトは大きかったので、バラエティー豊富で多国籍な料理を提供するSMEAGはとても良かったです。また、学校には日本人シェフもいるので安心です。かといっていつも日本食というわけではなく様々な国の料理を楽しむことができます。

 

3. 国際交流ができる

日本人留学生は全体の約3割程で、残り7割はアジア諸国(韓国、台湾、中国、モンゴル、ベトナム)、ヨーロッパ(イタリア、ロシア)、中東(サウジアラビア)などで構成されており、国際色豊かです。授業後も英語でコミュニケーションできるので英語力アップにつながります。

 

4. 限りなくスパルタに近い環境

一日最大約10時間の授業を受講できるSMEAGは朝6時40分から夜20時35分まで授業が詰まっています。45分✕10コマからなるメイン授業と早朝授業に夜間授業があります。また、門限もしっかりと設定されていて、授業の欠席をする場合は原則学校常駐のナースから体調相談をした後に欠席許可をもらう必要があります。その日の気分や眠いという理由では基本的に授業をサボる事ができない厳しい環境に身を置くことによって勉強だけに集中することができます。

 

5. 徹底されたレベル分け

初日にプレイスメントテストを受け、それによりクラス分けが(最大13段階)されます。プレイスメントテストはIELTS形式でリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つから成り立っています。私はIELTS6.0クラスに配属されました。同じレベルの生徒と高い目標達成意識を持ち、お互い競い合うことでスコアアップにつながります。

 SMEAG CLASSIC(クラシック)での1日

ではSMEAG CLASSICキャンパスでの私の一日を紹介します。メインの授業が10コマあり、それ以外にも早朝授業と夜間授業があります。メインとなる授業は2時間続けて同じ科目が行われており、1限目と2限目の間には5分休憩があり、科目が変わる3限目の間には10分休憩といった様にそれぞれ休憩時間が入ります。

 

6:40〜8:00 早朝授業

慣れるまでが大変ですが、非常にためになった授業だと思います。なぜなら実際の公式IELTSの試験も多くの場合、朝一番にリスニングが行われるからです。早朝だとぼーっとして英語を聞き取れない人も多いと思いますが、このスパルタ授業のおかげで私は克服できました。講師の声が非常に大きくはっきりしていて、問題ごとにホワイトボードに詳しく解説を書いてくれたのでわかりやすかったです。

 

8:00~8:40 朝食

SMEAGのご飯はすべてビュッフェ形式です。好きなものを好きなだけ食べられ、質もよく美味しいのでついつい食べすぎてしまいます。朝食は写真のようにパンがメインです。

 

8:40〜10:15(1・2限目)リスニング グループクラス

専用のテキストブックを使って行います。セクションごとに類似問題をひたすら解き答え合わせをします。約5名で行われるグループクラスで、生徒が間違えた問題を重点的に講師が解説していきます。キーワードをホワイトボードに書いてくれるので理解しやすかったです。講師は音源を何度も繰り返して再生してくれ、頼めば聞き取れるまで何度も流してくれます。もちろん講師にもよりますが、私のリスニングクラスの宿題は基本的にはありませんでした。リスニング音源はもらうこともできるのでその日やった部分を夜の時間で聞き返して自己学習でリスニングもできます。

 

10:25~12:00(3・4限目) オプションクラス

自由参加型のクラスです。私は宿題が終わっている日は参加し、終わっていなければ自習室で勉強していました。このクラスはスピーキングで、生徒同士が与えられた様々なトピックの中で議論する、というものです。気楽に参加できるのが良いところで、10名から15名程の大グループなので新しい友達を作ることができます。

 

12:00~13:00 昼食+昼休み

ある日の昼食です。具だくさんのうどん、豪華でした!

 

 13:00~14:35(5・6限目)リーディング グループクラス

専用のテキストブックを使って行います。1対4のクラスで、講師の前で一斉に解くので緊張感をもって取り組めました。答え合わせは生徒間で交換して行い、私の講師は非常に細かく答え合わせをしていくスタイルだったので、問題ごとになぜその答えを選んだのか解答しなければなりませんでした。もちろん英語で理由を説明しなければならなかったので、グループリーディングが個人的には一番きつかったです。リーディングでは問題を解く時間が多いともったいないので、主に問題を解くのは授業時間以外の宿題として出ることが多かったです。無駄な時間が可能な限りないように効率的に授業が進められていました。

 

14:45~16:20(7・8限目) ライティング マンツーマン

テキストブックは私の場合は不要でした。IELTSのライティングは書き方のコツを毎回教えてもらいました。マンツーマン指導なので細かい点まで質問できます。先生と一緒にブレインストーミングをし、ライティングのネタ集めも行いました。せっかくのマンツーマンなので、基本的には毎日task1とtask2を宿題として解いてきて添削をしてもらうスタイルでした。授業の流れは宿題の添削(文法、スペルミス等)→新しいトピックのブレインストーミング→書き方テクニックの伝授です。

 

16:30~18:05(9・10限目) スピーキング マンツーマン

テキストブックは私の場合は不要でした。スピーキングなのでとにかく話しまくります。先生がトピックを与えてくれるのでそれに答える形式です。難しいトピックの場合は先生が解答例を先に教えてくれます。IELTSのPart1,2,3を1回の授業ですべて網羅します。発音矯正も毎時間行ってくれたので、thやL・Rの使い分けに慣れることができました。また私は授業内容を録音していたので後で自分の発音チェックに役立てました。

 

18:05~19:00 夕食+休憩

至福のひとときです。夜のスパルタ授業にむけてしっかり食べます(笑)この日のメインディッシュはチヂミと鶏がらスープでした。

 

19:00~20:35 夜間授業

基本的にリーディングまたは文法を行い、たまにグループワークもします。内容は毎日変わりますが英字新聞を読んだり穴埋め問題をしたり、語彙問題を解いたりしました。

 

20:35~22:30 自習

強制ではありませんが、多くの生徒が自習室に行きます。SMEAGには勉強しなければならないという空気があるので自然と皆自習室に足を運びます。私は毎日授業の復習、宿題等をしていました。

ジム

勉強の息抜きとして授業の合間や夜間授業のあと、ジムを利用していました。他にもバスケットコートがあるのでスポーツも楽しめます。私はバドミントンもしました。

土日の生活

ここまで見てみると朝から夜までみっちり勉強すぎて地獄のような生活に見えますがそうでもありません。いろんな国の友達ができ、ともに将来のことを語ったりお互い刺激を受けながら勉強するので1週間はあっという間です。

 

毎週土曜日

朝9時~12時までMOCKテスト(IELTS模擬試験)を受け、月曜日に各授業でフィードバックを受けます。成績はグラフになって毎週公開されるので自分の伸びしろを確認することができます。(現在は模擬試験は毎週木曜日19:00~から行われています。)
*2018年10月時点

土曜の午前以外はフリーなので旅行にも行けます。

私は土日を有効活用し、マクタン島に行ってきました。フィリピンには本当に魅力的な島や観光地がたくさんあります。平日の勉強の疲れを癒やすためにも、ストレス発散のためにも週末の外出は本当にオススメです。

SMEAG CLASSIC(クラシック)キャンパスの詳細情報

SMEAG CLASSICキャンパス学校詳細ページはこちら

住所 2815, S. Cabahug conner, F. Gochan St., Mabolo, Cebu City, Philippines
アクセス マクタン空港から車で約20~25分。
設立年度 2008年
日本人比率 約30%
学校施設 自習室、カフェテリア、売店、スポーツジム、卓球、バスケットボールコート、バドミントンコート、バレーボールコート、ゴルフ練習場、学生ラウンジ、野外休憩所、など
学校資本 日韓共同資本
学生定員 275名
日本人スタッフ 在籍

 

コースの細かい内容や料金等についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

最後に

SMEAGには日本人スタッフも数名いて、医者の訪問診療もあります。私は一度体調を崩しましたがクレジットカード付属の海外保険に入っていたので無料で受診でき、薬もいただけました。(日本語通訳あり)

今回はたった3週間でしたがIELTSスコアを最終的に7.0取得するこのができました。IELTS攻略法などのノウハウを短期間で集中して学ぶこのができるのでおすすめです。

また世界中の様々なバックグラウンドをもつ人たちと友達になれるのでとても良い経験になります。私は今オーストラリアにいますが、SMEAGで友達になった台湾人と中国人の友達とオーストラリアで再会しました。彼らも目標のIELTSスコアを取得し私と同じようにオーストラリアで頑張っているみたいです。

学校に関するもっと詳しい情報やIELTS学習でオススメの学校などは是非下記からお問い合わせください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


na0mi
na0mi
シドニー在住 ライター

日本でIELTS7.0を取得後、海外15ヵ国目となるオーストラリアに現在交換留学中の22歳。”Dare to be different!" 何事も大胆に行動。趣味は食‼オーストラリアの食を日本に発信していきます。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ