Bayside English Cebu, Premium Campusベイサイド イングリッシュ プレミアム キャンパス

海を目の前にバケーション気分が味わえる、落ち着いた環境で学ぶ大人向けホテル型キャンパスです。100%オーダーメイドのカリキュラムで、個人の学習意欲に合わせて1日最大10時間の授業の受講が可能です。利便性に優れた立地条件で、お勉強とプライベートとメリハリのある生活を送ることができます。

ロケーション セブ島
日本人の割合 90%
学生定員 50名

Bayside English Cebu, Premium Campusの5つのポイント

Bayside English Cebu, Premium Campusの特徴

Bayside English Cebu, Premium Campus(Bayside Premium)はセブのリゾートエリアであるマクタン島にある日本資本の語学学校です。Baysideは2つのキャンパスを構えており、プレミアムキャンパスは元リゾートホテルを改装し、20歳以上の方を対象とした大人向けのキャンパスとなっています。海が目の前に広がる光景は、まるでバケーションに来ているかのような気分を味わうことができる最高のロケーションとなっています。

施設内には、ジャグジー付のプールやバー、開放的なロビー、レストラン、さらにはプライベートビーチまであり、勉強の疲れを癒すことができる環境が整っています。当キャンパスは少人数制のためアットホームかつ、静かに勉強に集中することができる雰囲気となっており、プライベートな時間をしっかりと確保したい方におすすめの学校です。RPCキャンパスよりも設備が充実しているため割高な料金設定となりますが、落ち着いた環境で自分のペースでしっかり勉強したい方には最適です。

コースは、1日最大10時間の授業数を確保でき、基礎をしっかりと固めたい人向けの一般英語コースに加え、上級英語を学習したい人向けのビジネスコースが用意されています。一般英語コースのマンツーマン授業は全てオーダーメイドとなっており、学生それぞれの弱点やニーズに応じた授業内容を提供しています。ビジネスマンなどに人気のビジネスコースでは、仕事で求められる英語力の向上はもちろん、TOEIC対策も可能となっています。さらに、平日の自由時間だけではなく、土日や祝日にも1時間500ペソというリーズナブルな価格でマンツーマン授業を追加することができるのもBaysideの魅力の一つです。

Bayside English Cebu, Premium Campusの学校詳細

住所 Premium: Punta Engaño, Lapu-Lapu City 6015 Cebu, Philippines
アクセス セブ・マクタン空港から車で約20~25分。
設立年度 2013年
日本人比率 90%
学校施設 自習室、カフェテリア、バー、売店、プライベートビーチ、プール、卓球台、バドミントンコート、など
学校資本 日本資本
学生定員 50名
日本人スタッフ 在籍

Bayside English Cebu, Premium Campusの学生寮情報

洗濯 週3回
ドミトリー施設 ベッド、机、椅子、冷蔵庫、棚、トイレ、シャワー、など 有料貸出: ドライヤー、携帯電話、デスクライト、延長コード
インターネット環境 Wi-Fi環境で使用可能
門限 月~木: 23:00 金・土・祝前日: 3:00 日・祝: 1:00
掃除 週2回

学校内外の写真集

授業以外でかかる費用

留学前のお支払い 入学金 150ドル
食事代 コース料金に含む
空港ピックアップ費 500ペソ(終日)※親子留学、10歳未満の子供は無料
海外送金手数料 60ドル
現地でのお支払い SSP申請費 6,500ペソ
テキスト代 500ペソ~(留学期間、レベルにより異なります)
光熱費 1人部屋700ペソ/週。 2人部屋450ペソ/週 。3人部屋300ペソ/週 
水道代 光熱費に含む
ビザ延長費 下記表参照下さい
ACR-Iカード費 3,500ペソ(60日以上滞在する場合のみ必要)
寮デポジット費 2,500ペソ(退寮時にご返却)
IDカード代 200ペソ

ビザ延長費用

30日まで 無料
59日まで(8週間) 3,640ペソ
89日まで(12週間) 8,550ペソ
119日まで(16週間) 11,490ペソ
149日まで(20週間) 14,430ペソ
179日まで(24週間) 17,370ペソ
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ