フィリピン留学

【元採用担当が語る】ワーホリでキャリアアップするための4つの行動

『ワーホリは留学、それとも遊び?』ワーキングホリデーを経験したことがある人なら、誰でも疑問に思ったり、または人に聞かれてもうまく答えることができない永遠の疑問。
 
なぜ留学と言い切れないのか……、なぜ遊びだと思われてしまうのか……、その原因は、実はいたってシンプル。『その人がどういったワーホリ生活をおくってきたかによって変わる』からなのです。
今回は、日本の某大手企業の人事を担当していて、現在オーストラリア/シドニーのメディア会社のJAMS.TVの営業を担当されている和田さんにオーストラリアでキャリアアップするためのワーキングホリデーの方ができるポイントをお聞きしてきました。

【元採用担当が語る】ワーホリでキャリアアップするための4つの行動 

せっかく20代の貴重な時間と留学費用をかけて渡豪したからには、楽しいだけのワーホリではもったいないですよね? というわけで、今回は大手企業で人事採用担当を経験し、多くの面接を担当してきたJAMS.TVの和田さんに、採用担当者から見てどのようにワーホリ生活を過ごせばよいのかアドバイスをもらい、日本に帰ってきてからいきる4つの行動を聞きました。

和田悠希(わだゆうき)

兵庫県神戸市出身の27歳。2013年から日本の某大手企業の営業を3年間担当したのち、東京本社にて人事の採用担当者として約2年間勤務。2018年よりキャリアアップを目的に渡豪し、現在はJAMS.TV営業部員の一員として働く。趣味は幼少期の頃より続けているサッカー。

 

1. オーストラリアでしかできないことに挑戦する

まず採用担当者がワーキングホリデーから帰国した求職者に対して思うのが、オーストラリアで「どんな体験をしたか」ということ。ワーホリが採用担当者にとって悪い印象を与えるという噂もありますが、実はそんなことはありません。
 
あなたの友達や家族と同じく、ワーキングホリデー中の生活に興味を持っています。そこで、自分がワーホリ期間中に掲げた目標は何か、その目標を達成するために何に挑戦をして、どう成長できたかをきちんと答えられると、採用担当者の心をぐっと掴むことができるのです。
 
なんでも大丈夫です。なにか日本ではできなかったことにワーホリ期間中に挑戦してみましょう。また、それを面接でうまく話せるように練習しておきましょう。

 

2. 外国人の友達をつくって国際感覚を掴む

外資系などの英語を使って外国人とプロジェクト進行をする必要がある企業の場合、採用担当者は『英語力の高い人材=グローバル人材』とは考えません。
 
英語力が高いだけでなく、各国の文化や風習に理解があるか、また日本サイドとの橋渡し役として、柔軟な対応ができるかというのも大きなポイントとなります。
 
オーストラリア人だけでなく、せっかく多民族国家で生活しているのであれば、ヨーロッパやアジア、中近東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな地域から来た人ともコミュニケーションをとって、国際感覚を掴むのも良いでしょう。

 

3. インターンを通して海外での就労経験を積む

ワーホリの場合、就学期間に制限があるため、多くの人が学校に通う期間よりも就労する時間の方が長くなると思います。給与や英語環境を考えると、ローカル環境で仕事をするのが一番ですが、帰国後の就職活動を考えるとそれだけでは不十分になる可能性もあります。
 
例えば、ローカルレストランでウェイタージョブに就けたとしても、日本帰国後にオフィスジョブで働く場合は、ウェイターとしての業務を通して得たスキルや経験が次の仕事に直結すると、採用担当者は考えない可能性があるからです。
 
つまり空白期間と認識されることもあります。そういった場合のために、インターンとして海外での就労経験を積むことは大きな助けになるでしょう。やるからには英語環境を目指した方が、自分のスキルアップに繋がりますが、採用担当者へのアピールという面では、現地日系企業でも問題ないでしょう。
 
どんな業務に取り組み、なにを得て、その経験を次の仕事にどう活かすかをきちんと話せるようにしておくことが大切です。採用担当者はインターンでの経験を、どのように会社で活かせるのかを必ず見ています。目的、目標を立ててインターンに参加しましょう。
 

 

4. TOEICのハイスコアを獲得する。

採用担当者は「TOEICの点数=英語力」として判断するケースが多い。

TOEICのスコアを持っていて悪いことは一つもありません。ワーホリで英語を頑張った証にもなるので、就活に使うもしくは使わないの選択は後で考えるとして、まずは受験してみるのが良いと思います。
 
ちなみに、新卒でTOEICのスコアが有効になるのは700点からと言われています。しかし、外資系企業や英語を使う職種を目指すのであれば800点は欲しいところ。特に海外生活経験者として自分を売り込みたいのであれば、尚の事高いスコアを取得しておいた方が良いでしょう。
 
勉強をしていない人にとっては拒否反応があると思いますが、1年間のオーストラリア生活で英語はきっと身近なものになったはず。コツさえ掴めばスコアを取得することはできると思うので、まずは残りの期間から逆算をして、実際に自分が狙えるスコアの目標を立ててみましょう。
 

フィリピン留学ワールドが推す
日本帰国前のフィリピン留学
『TOEIC点数保証制度』って?

『日本帰国前にTOEICのスコアを上げたい!』という人におすすめしているのが、フィリピン留学の『TOEIC点数保証制度』。TOEIC保証コースで入学し、12週間経っても目標スコア(後述)に達しなかった場合は、以降の授業料が完全免除となります。
 
あるフィリピンの学校のTOEICスコア保証コースの英語力条件以下の通り
  • TOEIC 600保証:入学時に380点以上の公式スコアもしくは同等の英語力
  • TOEIC 700保証:入学時に480点以上の公式スコアもしくは同等の英語力
  • TOEIC 850保証:入学時に780点以上の公式スコアもしくは同等の英語力
 
試験問題のパターン分析と実践模擬テストを繰り返し、TOEIC受験を徹底的に対策するだけでなく、生徒の総合的な英語力を構築し、実生活やビジネスの場でも使える一般英語も同時に伸ばしていくことが可能です。
フィリピン留学ワールドでは定期的にフィリピン留学フェアを開催してます!『TOEIC点数保証制度』だけでなく、人気のフィリピン留学について全てお答えします!詳細ページ下部を確認ください。

フィリピン留学ワールドの魅力

オーストラリア国内でフィリピン留学の相談が可能

シドニーのタウンホール駅から歩いてすぐな距離に本店オフィスがあります。オーストラリア国内にフィリピン留学の相談オフィスがあるので、オフラインでフィリピン留学の専門カウンセラーが迅速かつ丁寧な対応が可能です!

豊富な知識と最新情報

「フィリピン現地把握率オーストラリアでダントツNo.1」の名にかけて毎日現地スタッフからの最新情報を仕入れるほか、定期的に学校訪問をすることによって、信頼できる情報を提供できます。またカウンセラーはフィリピン留学とオーストラリアでのワーホリの両方を経験しているので、親身にみなさんの悩みに答えてくれます!

オーストラリアから最安の航空券・保険をご提案

オーストラリアからフィリピンへ直接渡航する為の格安航空券の手配から、おすすめの保険プランの提案まで、全て無料でサポート。フィリピン留学の準備にかかる手間とコストを大幅に減らし、オーストラリアでの留学生活の時間も一切無駄にさせません!

「フィリピン留学フェア in シドニー」のお申し込み

日時:2019年 6月18日(火)
時間:10:00-11:00 / 12:00-13:00 / 15:00-16:00 / 17:00-18:00
※1日4回開催されるので好きな時間帯を選んで参加できます。
場所:Morrow World シドニーオフィス
料金:無料!
お申し込みフォーム:http://tabiken.com/ph/seminars

※メール・LINEでのお申し込みの場合は、「フィリピン留学フェア参加」とご記載の上、
①お名前
②電話番号
③参加希望時間
を送信してください。


フィリピン留学ワールドでは、手数料無料で学校のご入学お手続きを行っております。100人いれば100通りの留学があるようにあなたの希望をお聞きして最適なプランをご提案致します。

まずは人生相談でも結構です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

毎日無料カウンセリング受付中! ご質問やお問い合わせは、担当のヨシ宛にお気軽にご連絡ください!
住所: Suite 605,Level 6 /68-70 Dixon Street, Sydney NSW 2000
電話:0401 713 952(日本語対応 担当:ヨシ)

メール:info@morrow-world.com
LINE ID : morrowworld
お問い合わせ:http://tabiken.com/contact

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Yoshiyuki Morosawa
Yoshiyuki Morosawa
日本政府公認 留学協会 海外留学アドバイザー認定資格保有【RCA:170018】/豪州政府公認 留学カウンセラーPIER認定資格保有【QEAC:O451】

【Morrow World Inc. 創業者】26歳でのフィリピン留学をきっかけに英語を学び、海外で異なる文化や価値観に触れ生活することの楽しさを知る。その後オーストラリアでレストランのマネージメントやファームでの海外の仕事経験を生かし留学事業をメインに起業。 年間の9割以上をシドニーやセブ島を拠点に海外で生活。世界中の教育機関を視察し、自身の経験も踏まえて「失敗しない学校選び」並びに「成功する留学プラン」を提案し留学生を全力サポート中
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ