2カ国留学

知っておきたい2カ国留学についてのまとめ

2カ国留学とは、一定の留学期間に2つに国に留学をする新しい留学スタイルです。最近では、2カ国留学が当たり前になりつつ今、改めて2カ国留学とはどのようなものなのか?メリットは一体なんなのかについてまとめました。

また、2カ国留学で失敗しないためのポイントも解説するので、留学について興味のある方はぜひチェックしてみてください。

そもそも2カ国留学とは?

2カ国留学とは、一定の留学期間に2つに国に留学をする新しい留学スタイルです。留学の目的ごとに留学場所を帰ることにより、自分の勉強ややりたいことを、お金を時間をかけずに、効率よく留学・ワーホリに行くことができます。

主な2ヵ国留学の目的は、

・語学留学+ワーホリ
・語学留学+専門・大学進学
・語学留学+語学留学
・語学留学+インターンシップ

など、自由に組み合わせることができます。一般的に、初めの国では、費用を抑えて英語を勉強できる国へ行って、短期間で英語を集中的に勉強して、その後に、別の国へ行き、ワーホリや留学へ行きます。

初めの格安で英語を勉強するという目的で、選ばれる留学先は、マルタ、フィリピン、フィジーですが、その中でも、絶大な人気を集めているのがフィリピン留学です。フィリピン留学は、安い費用で、マンツーマン授業をみっちり朝から晩まで勉強できるため、短期間で学習効果が現れると言われています。

2カ国目の留学先として人気なのは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、イギリスです。これらの国は、日本とワーホリ協定も結んでいるので、語学留学、大学進学だけではなく、ワーホリビザで行くこともでき、毎年たくさんの方が、ワーホリに行きます。

【フィリピン留学が選ばれる理由】

フィリピン留学についてはこちら

2カ国留学のメリットとデメリット

2カ国留学は費用を抑えて、短期間で英語の成果が出る新しい留学スタイルと呼ばれています。しかし、2カ国留学は、皆さんに会う留学ではありません。もしかしたら、費用と時間だけを消費しまって、効果が出ない人もいます。では、一体、どのような人が2カ国留学に向いているのかを解説します。

 

【2カ国留学に向いている人】

  • 英語初心者
  • コストを抑えて留学したい
  • たくさん経験したい
  • 英語を最速で上達させたい

 

【2カ国留学に向いていない人】

  • 英語上級者
  • フィリピンの環境はどうしても無理
  • ネイティブから英語を学びたい

2カ国留学に向いていている人は、英語を最速で上達させたい方に向いています。また、2カ国留学の方が留学費用を抑えることができるので、2カ国留学をする人が増えています。

 

2カ国留学のメリット

2カ国留学のメリットについてお話しします。

  • 目標まで最短距離で行ける
  • 異文化交流ができる
  • 費用を抑えることができる
  • 仕事を見つけやすい
  • 現地生活で困らない
  • 友達がたくさんできる
  • ワーホリ期間でいい経験がたくさんできる

1カ国目の目的は、2カ国目の留学先で良いスタートを切るための準備期間です。しっかりと英語力を身につけた状態で、ワーホリや留学に行くので、英語で対応できるようになるので、現地の友達もすぐ作ることができ、お仕事もすぐ見つかるでしょう。

2カ国留学とダイレクトで留学する人は、スタート時点が全く違います。

目標まで最短距離で行ける

英語初心者の方が、フィリピン留学をした場合、欧米圏へ留学するよりも、英語の上達速度が早いと言われています。なので、英語力を向上したい方や英語のスコアを摂って欧米留学で、専門・大学進学を目指している方、そして、ワーホリで仕事をゲットしたい方には、2カ国留学は、最短距離で目標に達成できるステップだと言えます。

 

異文化交流ができる

フィリピンは、発展途上国の国です。なので、初めはいろいろとショッキングな出来事があるかもしれません。私も、フィリピンにきた時は、いろいろありましたが、”住めば都”という言葉の通りいつの間にか慣れていきます。

フィリピン人は、とても家族や友達など、人を大切にする国民性で、とてもフレンドリーです。彼らと交流することにより、物事をいろいろな方向から考えることができるようになるでしょう。

 

費用を抑えることができる

フィリピン留学は、欧米圏へ留学するよりも、3分の1の費用で留学することができます。値段も安くて、授業時間もたくさんあって、マンツーマン授業を受けられて、おまけに、留学費用には、クリーニング、洗濯代、食費まで含まれています。正直、これで学校は運営できているのが驚きですよね。

なので、費用以上のクオリティを提供してくれるフィリピン留学なので、多くの方が2ヵ国留学の語学留学の留学先として選ばれています。

 

仕事を見つけやすい

英語が話せる状態でワーホリに行けば、お仕事をゲットするまでに時間は長くはかかりません。何をするにも大事なのは英語力です。仕事のスキルと基礎だけでも英語をしっかりと固めていけば、落ち着いて面接に挑むこともでき、ローカルのレストランやカフェでのお仕事も夢じゃありません。

現地生活で困らない

ワーホリで外国に渡航したら、自分で住むところを決めて、自分で仕事を探して、自分の力で生活していかなければなりません。留学エージェントを使ってワーホリに行く方は、事前のサポートがあったり、現地に留学エージェントのオフィスがあれば、現地サポートをしてもらえるかもしれません。しかし、基本的には自分で仕事や住むところを探さなければならないので、英語ができれば、自分で対応することができるので、スムーズに全てうまく行きます。

 

友達がたくさんできる

せっかく海外に来たのに、英語ができないせいで、結局、日本人同士で集まってしまう方もたくさんいます。もちろん同じ言語で話せる人は頼もしいし、安心感がありますが、正直もったいないと思います。

しかし、英語ができれば、例えばmeet upのイベントに参加した時や職場の方のパーティーに参加したときに友達が作りやすいです。そして、留学・ワーホリで出会えた人は、この先も連絡を取り合ったりすることだってあります。

ワーホリ期間でいい経験がたくさんできる

、英語が話せる状態でワーホリに行った方が、もともと自分がやりたかった事や夢に挑戦できるチャンスを掴みやすいです。例えばローカルのレストランで働く、彼氏・彼女を作る、サークルを作って活動をするなど、自分の頑張りと運次第では、そのまま、その会社に就職できる可能性もあります。

 

2カ国留学のデメリット

ものごとの全てには、メリットとデメリットがあるので、もちろん、2カ国留学にもデメリットがあります。

  • ワーホリする人は長期で休みを確保しなけれなならない
  • 英語上級者には物足りない
  • 複数の人数での会話で応用力がつかない
  • フィリピンの環境に合う合わないがある
  • 英語が話せると勘違いしやすい

などが、挙げられます。2カ国留学は、長期での留学になるので、長期で留学を取れないと難しいかもしれません。

ワーホリする人は長期で休みを確保しなけれなならない

ワーホリ予定者が2カ国留学する場合は、長期で休みを確保できたほうが好ましいです。なぜなら、1年間しか休みが取れない場合、2カ国目の留学先へ長期の滞在はできなくなります。

 

英語上級者には物足りない

フィリピン留学では、英語の基礎や基本表現を学ぶことができるので英語初心者にとってはとても良い環境だと言えます。しかし、英語の基礎がもう身についている人やネイティブが使う独特の会話表現を学びたい人にとっては物足りないかもしれません。

 

複数の人数での会話で応用力がつかない

フィリピン留学では、グループクラスもありますが、基本的にマンツーマン授業を行います。なので、グループなど、複数人いる中で会話や授業をするとなると、経験値不足のせいか、積極的に自分から会話に入って行くことが難しくなります。

 

フィリピンの環境に合う合わないがある

フィリピンは発展途上国なので、衛生面が日本よりよくありません。それに、食事も、味付けの濃いものが多く、口に合わないかもしれませんが、語学学校は食事や衛生面に関しては、とても気にかけているので、留学生活で大きな心配をすることはないと思います。

 

英語が話せると勘違いしやすい

語学学校の先生たちは、ベテランな方ばかりなので、たとえ文法が間違っていても、言いたいことを理解できてします。なので、自分は正しい英語を話せていると思って、自信を持って、2カ国目の国行った際に、自分の英語力の現実を知って、ショックを受ける場合もあります。

 

 

2カ国留学の安さの秘訣

2カ国留学は、留学費用が安い国で英語を勉強するので費用を抑えることができます。しかし、格安で留学をしても、英語力が身につかなければ意味がありません。ですので、マンツーマン授業でしっかり勉強ができて、留学費用もリーズナブルなフィリピン留学が人気です。

では、実際にどの程度、留学費用が異なるのかを比べてみましょう。ここでは、オーストラリアの語学学校に5ヶ月通った場合と、2カ国留学でフィリピン3ヶ月+オーストラリア2ヶ月通った場合を比較しました。

 

【語学学校に5ヶ月通った場合の総額費用】

オーストラリア留学 2カ国留学
193万 157万

 

【差額】

 オーストラリア留学費用193万
− フィリピン留学費用       157万
_________________________________
             36万

36万円も留学費用を抑えることができます。

 

両者を比べると、36万円も留学費用が異なってるのがわかります。なぜ、こんなにも差が生じるのかを比較してみました。

 

2カ国留学で失敗しないためのポイント

2カ国留学が成功するかしないかのポイントは、留学する前が肝心です。もちろん、一生懸命英語を勉強することも大切です。しかし、2カ国留学のプランニングが1番初めに重要となります。ここがしっかり決まれば、あとは、ご自身の頑張りで理想の2カ国留学生活を手に入れることができるでしょう。

それでは、2カ国留学で失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

 

1. 目的を明確にする

まず初めに、自分が海外へ行ったら何をやりたいのかを明確にする必要があります。もし、ワーホリへ行く方でしたら、ローカルのカフェで働きたい、ローカルの人と一緒に何かをしたい、友達をたくさん作りたい、英語で接客できるようになりたい、ホテルのフロントデスクでお仕事をしたい…など、やりたいことを明確にする必要があります。やりたいことは何個あってもいいと思います。

なぜ必要かというと、もしかしたら、語学留学中に勉強に嫌気がさしてしまうかも知れません。そんな時に、留学の目的がしっかりしていれば、自分で乗り越えることができます。

 

2. 自分にあった学校を探す

英語が伸びるか伸びないかは自分の努力だけではなく、語学学校にも関連してます。語学学校にはいろいろなタイプの学校があります。マンツーマンで授業をしてくれる学校や、1クラス15名くらいのグループクラスなど、様々です。

フィリピンの語学学校は、どの学校も基本的にマンツーマンで授業を展開してくれます。しかし、語学学校の中にも、平日外出禁止なスパルタの学校や、門限のない学校など、いろいろなタイプに分かれています。自分の学習スタイル、生活スタイルに合わない学校に行ってしまうと、ただただストレスを感じて勉強に集中できず、留学生活が終わるなんてこともあります。

そうならないためにも、語学学校の選定はとても大切です。

【合わせて読みたい記事】

 

3. カウンセラーに相談してみる

2カ国留学を成功させるためにも、一度留学エージェントに相談してみるのも良いかと思います。なぜなら、留学エージェントは、その国についての情報を詳しく知っているからです。自分で必要な情報をインターネット上から探してもいいですが、留学のプロに聞くのが時間をかけずに必要な情報を入手できる手段です。また、一社だけに限らず、いくつかのエージェントに相談してみて、自分に合った留学プランを選ぶことが、2カ国留学を充実させるポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。2カ国留学は、お金と時間をかけず、効率よく英語力を伸ばすことができ、2カ国目に行った際に良いスタートを切るための準備です。自分の理想の海外生活を過ごすためにも留学エージェントに相談するのも一つの方法だと思います。

2カ国留学で気になることがありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

あなただけの素敵な2カ国留学になるよう心より祈っております。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


yue
yue
ウェブライター

前職は警察官で、退職後に昔から海外に憧れていたこともあり、オーストラリアでIT留学をしました。現在は留学サポートMorrow Worldのフィリピン支部にて学生の現地サポートから、留学の魅力をwebを通じて発信しています!皆様も留学で自分の可能性を広めませんか?
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ