オーストラリア/ワーキングホリデービザが最長3年に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア政府は2018年11月5日、休暇を楽しみながら就労もできる「ワーキングホリデー」ビザの制度変更を新たに発表しました。

農家の人手不足などが深刻であることを背景に現行のワーキングホリデービザから、今回いくつかの変更点が挙げられました。大きな変更点としては、ワーホリ最長滞在期間が3年へ延長できる点で2019年7月以降に施行となります。

移民局の公式ページの内容

オーストラリア政府移民局ページに掲載されている変更点です。

Changes to the WHM visa program include:

●From 5 November 2018, expanding the regional areas where subclass 462-visa holders can work in agriculture (plant and animal cultivation) to qualify for a second year of stay in Australia. Currently only those who work in Northern Australia are eligible.

●From 5 November 2018, increasing the period in which subclass 417 and 462 visa holders can stay with the same agricultural (plant and animal cultivation) employer, from 6 to 12 months.

●The option of a third-year for subclass 417 and 462 visa holders who, after 1 July 2019, undertake 6-months of specified work in a specified regional area during their second year.

●Over the coming weeks, offering an increase in the annual caps to a number of countries that participate in the subclass 462 visa program.

●Increase the eligible age for subclass 417 visa applicants from Canada and Ireland to 35.

引用元:https://www.homeaffairs.gov.au/News/Pages/changes-working-holiday-maker-visa.aspx
〈オーストラリア政府移民局公式アナウンス〉

※日本人はサブクラス417です

 

【上記の英文の日本語訳】

●2018年11月5日から、現在、オーストラリア北部で、農作物や酪農に従事するサブクラス462ビザ保有者に対し、オーストラリアで2年目の滞在資格(セカンドビザ)を取得できる地域を拡大する。

●2018年11月5日から、サブクラス417及び462ビザ保有者が同雇用主(農作物や蓄農)の元で滞在できる期間を最大6カ月から最大12カ月間へ延長する。

●サブクラス417及び、462ビザ保有者に対し、セカンドビザ(2年目)保有者に限り、更に1年サブクラス417及び462ビザの更新を可能にする。2019年7月1日以降またセカンドビザの期間内に6カ月間の地域指定業務を行うことが条件となる。

●今後数週間にわたって、サブクラス462ビザプログラム参加国の国籍対象者のannual caps (年間上限)を提供する。

●サブクラス417ビザ申請者の年齢をカナダとアイルランド国籍の者に限り35歳の年齢まで適用年齢を引き上げる。

※日本人はサブクラス417です

日本人の主な変更ポイント

1.【最長滞在期間】2年から3年へ延長

現行のワーキングホリデー制度では、1年目にオーストラリア政府が指定した地域で、指定された業種への労働に実労88日間(約3カ月)以上従事することで、最大2年に滞在期間を延長することができます(セカンドワーキングホリデー)。

新制度では、2年目滞在中に6カ月間農作業などに従事すると3年間の滞在延長が認められます。

この新制度は2019年7月より施行となります。1年目に長期で就労しても対象にはなりませんのでご注意ください。

2.【就労可能期間】6カ月から12カ月へ延長

これまでのワーキングホリデー制度では、同一雇用主の下で最長6カ月までの就労が認められていましたが、2018年11月5日より、ファームの仕事(agricultural :plant and animal cultivation)に限り同一雇用主の下で最長12カ月まで働くことができるようになりました。

【年齢制限】35歳までの引き上げは現状なし!

2016年10月にオーストラリアのワーキングホリデービザの年齢制限が、18歳〜30歳から18歳〜35歳までに引き上げられると発表がありました。

ところが今回の変更で適用となったのは、カナダ人とアイルランド人のみ。日本人は対象外となりました・・・。

 

※今回の変更点の詳細は下記からご覧ください。

オーストラリア政府移民局ページ

現行のワーキングホリデー制度

現行のワーキングホリデー制度について詳しく知りたい方は、下記をご参照ください。

無料でビザ相談から留学手続きまで

オーストラリア留学ワールドでは、手数料無料で学校のご入学お手続きを行っております。まずは留学の詳細や学校の情報など何でもお気軽にお問い合わせください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Morrow World Inc. 運営事務局
Morrow World Inc. 運営事務局

株式会社Morrow Worldは「オーストラリア留学ワールド」と「フィリピン留学ワールド」の留学サービスをはじめ、明日の世界を切り拓く人材をサポートしております。日本・フィリピン・オーストラリアを拠点に留学では「失敗しない学校選び」並びに「成功する留学プラン」を提案し留学生を全力サポート中。個人の留学相談・法人やパートナー企業のご相談もお気軽にお問い合わせくださいませ。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ