メルボルンの「自然」×「インスタ映え」観光スポット22選!!

自然とアート、2つの顔を持つ観光名所メルボルン。インスタ映えスポットとしても人気上昇中のおしゃれな街です。欧米建築様式を融合させたような美しい街並みも魅力の一つで、世界からカフェ好き、コーヒーマニアが集まる街です。今回は私が実際に訪れたメルボルンの観光スポットを、自然とインスタ映えの2つのカテゴリーに分けて紹介します。

7年連続世界一住みやすい街「メルボルン」

「英国・エコノミスト誌」が世界で最も住みやすい都市であり、また世界で最もコーヒーが美味しい都市としてメルボルンを選抜。そんなメルボルンを実際に私が撮った写真を使って旅人目線で更にアピールしていこうと思います!

メルボルン観光スポット~自然編~

1. グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)

グレートオーシャンロードとは、世界一美しい道、全長約243キロの海岸線です。日帰りバスツアーが定番で、私は地元のバスガイドツアーに参加しました。(一人約8600円昼食代込み)

日帰りバスツアー(英語)申し込みはこちらから

午前7時メルボルン市内発午後9時メルボルン市内着です。日本語ツアーもありますが値段は割高です。
オーシャンロード、とだけ聞くと海がメインなのかなと思いますが、実は海だけではないのです。見どころは沢山あります。

日帰りバスツアーで立ち寄った有名スポットについて以下順に紹介します。

  1. グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)
  2. ポートキャンベル国立公園(Port Campbell National Park)
  3. ロック・アード・ゴージ(Loch Ard Gorge)
  4. 12使徒海洋国立公園(Twelve Apostles Marine National Park)
  5. ケネットリバーホリデイパーク(Kennett River Holiday Park)
  6. アポロ ベイ(Apollo Bay)
  7. メイツ・レスト・レインフォレスト・ウォーク(The Maits Rest Rainforest Walk)

2. ポートキャンベル国立公園(Port Campbell National Park)

グレートオーシャンロード最大の外すことのできない観光スポットです。

 

3. ロック・アード・ゴージ(Loch Ard Gorge)

ジブリ映画「紅の豚」の舞台の一部になったと言われています。

 

4. 12使徒海洋国立公園(Twelve Apostles Marine National Park)

グレートオーシャンロードのツアーの1番の見どころといえば12使徒(The Twelve Apostles)!ここでサンセットが見れたらラッキーです。

 

5. ケネットリバーホリデイパーク(Kennett River Holiday Park)

野生のコアラとオウムを無料で見ることができます。特にオウムは観光客慣れしているため、頭や肩に留まってくれます。オウムと2ショットも夢ではありません。私はオウムに好かれたため、シャッターチャンスは何度もありました!頭と手にオウムが…!色鮮やかなオウムはとても美しかったです。

ポイント:エサを買う必要はありません。落ち葉をちぎって手のひらに載せるとオウムが勘違いしてこちらに来てくれます。

 

6. アポロ ベイ(Apollo Bay)

ツアーの道中で立ち寄る昼食休憩所として多くの客で賑わっています。

Iluka Motel&Restaurant

バスツアー付属の昼食。ハンバーガー、ローストチキン、フィッシュアンドチップスの中から選択。こちらはフィッシュアンドチップスです。

Dooleys Ice Cream

行列ができていたジェラート屋さん。国内で多くの賞を受賞していて、店内には数多くのトロフィーが飾られていました。アポロベイを眺めながら美味しくいただきました。

 

7. メイツ・レスト・レインフォレスト・ウォーク(The Maits Rest Rainforest Walk)

古代の熱帯雨林が広がる森の中をウォーキングできます。ドライブの休憩に最適。スタート地点とゴール地点はMaits Rest car park(駐車場)なので一周回って帰ってくる感じです。自然のパワーを感じ、森を抜けた後は肌がなんだか潤っていた気がします…!

なんだか恐竜が出てきそうですね…!

ゼンマイという名前の植物。神秘的でした。

ちなみに…

道中ではこのような景色が車内から堪能できます。

海だけに限らずオーストラリアの壮大な自然に触れることができるグレートオーシャンロード。田舎が既に恋しいです…。

 

8. カールトン庭園(Carlton Gardens)

カールトン庭園には、王立展示場(Royal Exhibition Building)とメルボルン博物館(Melbourne Museum)があります。実は王立展示場、メルボルン唯一の世界遺産なのです。

 

9. 王立植物園(ロイヤル・ボタニックガーデン)

1842年に造園された、1万2000種以上の植物と50種以上の野鳥が生息する英国式の歴史ある植物園です。園内にはカフェや売店があるので時間をかけてゆっくり散策できます。ベンチがたくさんあるのでお昼ご飯を食べるのもよいですね。

緑の天井。都会の忙しさを忘れてしまいます。

このように日本ではお目にかかれないユニークな植物がたくさんあります!

メルボルン観光スポット~インスタ映え編~

10. ブライトンビーチ(Brighton Beach)

メルボルンといえばココですね。Port Phillip Bayまで17キロ続く海岸地帯。サザン・クロス駅(Southern Cross Station)からブライトンビーチ駅(Brighton Beach Station)まで約45分。ブライトンビーチ駅で降車し、海岸線の遊歩道を北に向かって約15分歩くとブライトンビーチボックスが見えてきました。今までテレビやインスタグラムで見てきたので生で見れて感動しました。メルボルンにいるのだなと実感…!

お気に入りの家を見つけるのがとても楽しいです。
Question:これらのユニークな家は全部でいくつあると思いますか?

Answer:82個
多いですね…!

 

11. Too Many Chiefs

ブライトンビーチボックスから徒歩約30分の場所に位置するインスタ映え抜群のおしゃれなカフェ。ランチはココで決まりです!とにかくカラフルで可愛くて、終始キャーキャー叫んで写真を撮っていました(笑)この写真はレインボーラテです。まさにアート。飲むのがもったいない(><)!店員さんの気分により柄が変わるので常連さんになりたいなと思いました。
続いてグリーンバーガーにブラックサンド…衝撃的です。見た目も味も最高でした。

帰りは目と鼻の先にNorth Brighton Railway Stationがあるのでそこからメルボルン市内に戻れます。

 

12. デグレーブス ストリート(Degraves Street)

世界的にも有名なメルボルンを象徴するカフェストリート。ランチで訪れました。狭い裏路地で、急に別世界に入るようなイメージです。薄暗さが逆におしゃれな雰囲気を演出しています。

Eliana Lulu

イタリア料理とカフェが合体したようなお店。ピザを注文しました。見てるだけでお腹が空いてきますね!ユニークなのが料理名。Never been Kissed, That’s That, It’s Not about You を注文しました。名前の由来を想像しながらモグモグ…ピザは一枚約1500円。行く価値はあります!

 Pidapipó Gelateria CBD

メルボルンで一番人気のジェラート屋さん。現地に住む人が勧めるのも納得です。写真はソルティーキャラメルです。甘すぎないのも人気の秘訣ですね!

 

13.ホイザーレーン( Hosier Lane)

地元の人だけではなく、世界中のアーティストが描いたストリートアート。

ゴミ箱まで…!段々と目がチカチカしてきますね(笑)

「インスタ映え」とはこのことですね!

 

14. ビクトリア州立図書館(State Library Victoria)

図書館がインスタ映え、とは理解しがたいですが…!もちろん図書館なので入場無料です。写真は無音で撮りましょう。図書館とは想像できないこのクオリティー。緑のランプが優しくて個人的に好きです。

 

15. 大観覧車メルボルン・スター(Melbourne Star    Observation Wheel)

全方向が窓になっているので360°メルボルンの景色を眺めることができます。特徴的なのはキャビンの大きさ。なんと最大20人まで乗ることができます。広すぎますね…!一周約30分で大人約3000円と高めですが、プロモーション割引等も行われているので私は約800円で乗ることができました。

 

16. フリンダース・ストリート駅(Flinders Street     Railway Station)

歴史的建造物に認定されているメルボルンのシンボルであり、東京でいうと東京駅にあたります。ジブリ映画「魔女の宅急便」の舞台として使われたそうです。(写真右奥)左手前はトラム(市電)になります。なんと町の中心街で乗るトラムはすべて無料です。上手く活用しましょう。

 

17. ユーレカ・スカイデッキ88(Eureka Skydeck     88)

オーストラリア第二の都市ともいわれるメルボルンの夜景を見ずには帰れません。ユーレカ・スカイデッキ88は南半球で一番高い展望台で、297メートルという高さです。ヤラ川(Yarra River)が見渡せます。デートスポットに最適ですね!

メルボルン観光スポット~番外編~

個人的にメルボルンの「行ってよかった」場所の紹介です。

18. LUNE croissanterie

アジア、欧米からこのクロワッサンを求めてメルボルンを訪れる人も多いNew York Times でも紹介されたクロワッサン専門店。カフェ同様ドリンクもオーダーできます。店内自体が大きな倉庫で作る過程を近くで見ることができます。

値段は高いですが世界を代表するクロワッサンを試す価値はあります。

 

19. クイーン・ビクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)

生鮮食料品(肉、魚、果物、野菜)から雑貨屋まで幅広く揃っている、130年以上続く歴史のあるマーケットです。

アボカドとブロッコリーが約40円でした。信じられない価格…!

フードコートもあります。私はスリランカ料理に初挑戦!約800円です。

補足:開館時間に注意してください。月曜・水曜は休みです→ 公式サイト

 

20. ヤラ川(Yarra River)

おすすめ夜景スポットです。フリンダース・ストリート駅は夜も壮大です。クルーズも楽しめます!

 

21. ブランズウィック ストリート(Brunswic Street)

ファッション、アート、料理を堪能できるメルボルンでも有名なストリート。一日いても飽きません。ユニークな雑貨屋もたくさんあります。

Industry Beans

カフェで一息。オーストラリアで有名な「アーモンドミルクラテ」を注文しました。鼻から抜ける甘いアーモンドの香りが苦みのあるコーヒーのマッチしてなんとも絶妙な味です。

 

22. メルボルンセントラル(Melbourne Central)

メルボルン・セントラル駅に直結する、約300店舗を抱える大型ショッピングセンターです。天気が変わりやすいことで有名なメルボルン。メルボルンセントラルは屋内なので雨の日はここでショッピングするのもよいですね。映画館やボウリング場もあるのでもちろん一日中楽しめます。

まとめ

一度訪れたらまた訪れたくなるメルボルン。カメラを片手に自然とアートに触れて、リフレッシュしてみてはいかがでしょうか?
日数に限りのある人(2日間等)は、丸一日はグレートオーシャンロードに時間を割き、残りはメルボルン市内観光というスケジュールがよいでしょう。市内はデグレーブスストリート、Hosier Laneのアートストリート、ブランズウィックストリート、これらの3大ストリートは必ず押さえておきたい場所です。
メルボルンはオーストラリア第二の都市ですが、忙しさを感じない、過ごしやすく心地よい場所でした。7年連続世界一住みやすい街として選ばれるのも納得です。
最後に…個人的なことですが、私のプロフィール写真は「デグレーブスストリート」で撮った写真です。フォトジェニックな写真を是非メルボルンで!

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


na0mi
na0mi
シドニー在住 ライター

日本でIELTS7.0を取得後、海外15ヵ国目となるオーストラリアに現在交換留学中の22歳。”Dare to be different!" 何事も大胆に行動。趣味は食‼オーストラリアの食を日本に発信していきます。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ