【オーストラリア学校訪問】永住権につながる調理師コースがオススメなEvolutionに行ってきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回訪問したEvolutionは2005年に設立されました。ビジネススクールとして10年以上の歴史があり、最大の目玉のコースはクッカリーコースです。サティフィケイトⅣ以上のコースを修了すると卒業ビザが申請できる可能性があり、そのビザを利用することで最大2年間の滞在が可能になります。その後、永住権を目指してスポンサービザ取得のために卒業後の期間を利用する人も多く、その点でも大きな魅力を持つ学校です。

他のビジネススクールと違い、特色のあるコースを扱っているため、特有のサポートやカリキュラムで構成されています。またクッカリーのコースには、調理実習に必要な包丁やユニフォーム、その他全ての備品が学校費用に含まれています。

ユニークな校内イベントや奨学金制度、充実した支給物そして教師陣の徹底したサポート体制など、今回の訪問を通して感じたたくさんの魅力をお伝えしていきます。

Evolutionの5つの特徴

99%の就職率

学校在学中と卒業後の就職率は合わせてなんと脅威の99%!理由は多くありますが、最大の理由は育成ポリシー。就職後に即戦力として活躍する学生を形成するために、様々な取り組みがされているために、この数字が実現しています。実践を意識した授業構成になっており、コマーシャルクッカリーコースで言えば、カリキュラムの7割が実技形式、残りの3割が講義形式となっています。

手厚いサポート体制

卒業後の進路決定の際には、レセプションをはじめ多くのスタッフが学生たちをサポートします。在学中にも仕事先の情報提供やレジュメ作成における指導、ジョブインタビューの練習なども学校側がサポートしてくれます。もちろん仕事関係以外のことも相談にのってくれます。Evolutionには日本人スタッフもいるため、緊急時などにも安心して相談できます。

奨学金制度

入学後の1ターム目の成績優秀者を推薦あるいは立候補にて選定し、選ばれた生徒には奨学金制度が適用されます。$55000~600000(日本円で約500万円)分の費用がカバーされます。学費、家賃、食費、光熱費、移動費といった生活にかかる費用まで適用されます。もちろん、選ばれるための条件は厳しく、初めの1ターム目で選出されるという特殊な形でもあります。この制度を受けることができれば、留学生活のとても大きな助けとなります。こちらの詳しい詳細に関しては後ほどまた触れさせていただきます。

クッカリーコースの現場実習の充実と教師陣のフィードバック

実習場所に関しては、学校の紹介しているものから選択、または自身で見つけた職場からその実習先を決定します。現場実習中は1タームに1回、現場実習に出ている生徒の店舗へ講師が直接出向き、学生の仕事ぶり等を確認し、講師は全生徒に対してフィードバックを行います。さらに生徒は学校より指定されたアセスメントに取り組む必要もあります。それにより、学生は緊張感と意欲を持って取り組むことができます。

キャリア豊富な教師陣

元レストランシェフや現役シェフが教師陣として採用されています。現場での知識や技術をダイレクトで指導してもらえるため、今の流行についても知ることができます。一方で、学校規則の中には厳しいルールもあります。例えば、学校内にアイロンとそのための台が設置してあります。というのも、シワの多いユニフォームでは授業に参加することができません。このようにキャリア豊富な教師陣が真剣な姿勢で指導してくれます。それゆえに、生徒たちは即戦力で第一線に立つための技術はもちろん、現場での心構えも身に付けることができます。

キャンパス内をご紹介

レセプション

ビルの入り口のエレベーターから4Fに上がり、ドアが開くとすぐに見えるのがこちら。困ったことや、確認したいことがあればまずここを訪ねることになります。レセプションスタッフに、元シェフだった人もいます。

支給品

料理人に必須の調理道具セット一式がずらり。このショートケースの中の物が全て学習費用に付属しています。左に見えるユニフォーム、そしてノートパソコンも支給されます。

 ジョブボード

現在募集の掛かっている仕事先が随時更新しながら掲示されています。その仕事先と直接つながっているため、ネット上には上がっていない情報も記載があり、学生に有益なものが数多く掲示されています。

授業風景

講義をしているところを覗いていると明るく話し掛けてくれました。貴重な時間をお借りして一枚パシャリ。生徒同士の距離が近く、授業内での話し合いもしやすそうな印象です。

実技授業風景

学生たちの実技風景。もちろん学校指定のユニフォームをみんな着用しています。前にも述べましたが、しわくちゃなユニフォームでは授業に参加できません。このような調理に対する真摯さが、就職先からの信頼を得ている要因の一つです。

キッチン内設備

一流のキッチンに負けない充実した設備の校内キッチンです。厳しいルールだけではなく施設面からも学生の育成に注力している様子がうかがえます。

校内コンテスト(クッカリーコースのみ)

定期的に行われる校内コンテスト。外部から飲食店のオーナーを呼ぶこともあるそうで、このコンテストをきっかけに仕事を得た学生もいるそうです。学生たちにとって大きなモチベーションの源になるこちらのイベント、とても魅力的です。

実際に学生が作った料理

就職後、即戦力となる学生の育成をしているため、授業で作られるものの完成度はやはり高い!最近ファストフード生活をしている私にはたまりません。今すぐ入学してもいいですか?

校内コンテストで優勝した生徒の作品

展示されているのは学生の作品です。このコンテストを通して、多くの学生の作品やその技術を知ることができます。そしてこのように学校を挙げて評価し、称賛する姿勢が生徒のモチベーションを維持することにもつながっています。

インタビュー

今回、インタビュー内容として、「各コースの特徴」と「こんな方にオススメしたい」をお伺いしました。

Q:コマーシャルクッカリーコースの特徴について教えてください。

A:コマーシャルクッカリーコースは、最短でサティフィケイトⅢを取得可能な15ヵ月間(1年3ヵ月間)のコースから、最長でサティフィケイトⅢ・Ⅳ・ディプロマ・アドバンスディプロマの4つを取得可能な33か月間(2年9カ月間)のコースまであります。現役で腕を振るっているシェフも講師として指導しているため、今現在の流行りも踏まえた指導を受けることができます。実際のレストランに実習生として働く期間も含まれています。
調理に興味がある又は、飲食店で働いてみたい、オーストラリアのレストランでシェフとして働きたいと考えている方には非常にお勧めなコースです。卒業後の就職先を探す際はサポート体制も併せ、安心して仕事探しができると思います。また、このコマーシャルクッカリーコースとアジアンクッカリーコースではディプロマ以上のパッケージ卒業で卒業ビザが取得できる可能性があり、その卒業ビザ中にスポンサー企業からロングタームビジネスビザがおりた場合、永住権に繋がる現在数少ない1から永住の可能性のあるコース、並びに職種になります。

Q:アジアンクッカリーコースの特徴について教えてください。

A:アジアンクッカリーコースはコマーシャルクッカリーコースと就学期間とコース、また取得できるサティフィケイトは同じです。近年アジアンフュージョンが流行しているため、オーストラリアにもその流行を取り入れようとするレストランが増えてきました。それに伴い、コースを通してアジアンフージョン特有の独創的なスキルや知識を得ることができます。コース修了後、そのスキルを生かしたレストランでの需要は当然増えています。これからさらにそのスキルや経験は重宝されることが予想されています。
新しいことにトライすることが好きな方や、アジア料理が好きな方あるいは創作料理が好きな方にピッタリなコースです。

Q:パティスリーコースの特徴について教えてください。

A:このコースの就学期間とコース、取得できるサティフィケイトは先述した2つと同様です。受講している学生は女性が多く、男性は比較的少ないです。こちらは「スイーツ作り」という本来のものに加え、とても芸術性が含まれるようになってきており、入学を希望する学生に以前は美容師だったという方が入学してきたこともありました。
スイーツ作りに興味のある方はもちろん、芸術と料理の両方に興味のある方に是非チャレンジしていただきたいコースです。

Q:ホテル・レストランマネジメントコースの特徴について教えてください。

A:最短で12カ月間(1年間)でサティフィケイトⅢを取得可能なコースからあり、最長24カ月間(2年間)の就学でサティフィケイトⅢ・ディプロマ・アドバンスディプロマの3つを取得可能です。このコースではレストランやホテルに就職をし、現場をマネジメントするスキルを身に付けて頂きます。現在も卒業者の多くが大手のホテルで活躍しています。こちらも他のコース同様に現場にて実習するカリキュラムが含まれています。
ホスピタリティに強い関心のある方や飲食店経験者、ホテルなどの業務に携わっていた経験のある方にオススメです。

Q:トラベル&ツーリズムコースの特徴について教えてください。

A:最短12ヵ月間(1年間)でサティフィケイトⅢを取得できるコースからあり、最長で25カ月間(2年3ヵ月間)でサティフィケイトⅢ・Ⅳ・ディプロマ・アドバンスディプロマの4つの取得が可能です。基本的な就職先としては旅行代理店や空港などになります。この業種の多くが新たな予約管理システムや顧客管理システムの導入を進めており、そのような新しいテクノロジーにも対応できるように最新の現場態勢を踏まえた授業が行われています。現場に身を置き、実際に経験していただく機会ももちろん設けておりますので、卒業後に堂々と勤務のできる自身とスキルを身に付けることができます。
関連した業務を経験したことのある方や、人に興味を持たせることが得意な方、お話し好きの方にオススメです。

Q:イベントマネジメントコースの特徴について教えてください。

A:このコースは最短3ヵ月でサティフィケイトⅢを取得できるコースからあり、最長2年でサティフィケイトⅢ・ディプロマ・アドバンスディプロマの3つを取得できるコースまであります。この業種で仕事を得るにはコネクションが不可欠です。そのため当校では実際のイベントに参加する機会を設けており、実際に学生の皆さんに現場に足を踏み入れてもらい、業界での横のコミュニティを作ってもらいます。このような機会を作り続け、経験を積んでもらい続けることで、就職への道を提供しています。またこのコースで得たイベント経験は日本のみならず、世界的な視点でも大きく力を発揮するものになると思います。
イベント企画や運営が好きな方、自由な発想を形にしたい方にオススメするコースです。

まとめ

Evolutionでは全てのコースが現場で働くことを強く意識されたカリキュラムとなっています。特に日本人は一歩踏み出すことに不安を感じることが多いかもしれません。しかし学校側のサポート体制が学生の背中を押し、不安をできる限り減らしてくれます。
また定期的に行われるコンテストや奨学金制度など、他ではあまりないイベントや体制が学生たちのモチベーションを高く維持させ続けている点もとても興味深く、魅力的でした。

今回の学校訪問記事を通して、目玉のクッカリーコースをはじめ他のコースの魅力を皆さんが感じてもらえたら幸いです。
慎重に進めたい学校選び、皆さんが「ここを選んでよかった」と言えますように!
一緒に充実した留学生活を送りましょう!

学校情報

住所:552 George St, Sydney NSW 2000
アクセス:タウンホール駅から徒歩1分

学校詳細ページはこちら

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


takuyagunji
takuyagunji

TAKUYA 僕のオーストラリア冒険記ー自然と勉強と友達とー 人生の大半をスポーツに入れ込み怪我にてリタイア。三年間の日本企業での就労後、サッカー以外の自分の価値を見いだすために英語力0の中、オーストラリアへ。 大自然に囲まれて、勉強に四苦八苦し、たくさんの異国の友達と出会い。全力投球の僕の人生、少し覗いてみてください。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ