【2018年】オーストラリアでIELTSに強い学校10選!料金と各学校の特徴比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアでの就学、就労や、移住を考えている人に対して、しっかりとした英語力保持者であるかどうかを測る指標として求められるのがIELTSスコアです。また、そうした状況に当てはまらない英語学習者にもおすすめなのが、IELTSを学ぶこと。英語圏で名高いIELTSスコアを取得することによって、日本での就職が有利になったり、基本的な英語力を伸ばすことができます。テストで測られるリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つの英語スキルを独学で学ぶのはなかなか根気が必要。効率よく、プロから学べるIELTSコースがおすすめの語学学校を、オーストラリア主要4都市から10校ご紹介します!

IELTSとは

IELTS(International English Language Testing System:アイエルツ)は英語能力試験の1つです。日本ではあまり知られていませんが、世界の英語圏では非常にメジャーな試験です。オーストラリアでも、外国人が就学や就労、移住を希望する場合に、IELTSスコアを証明する書類を提出することが要求されます。

IELTSスコアで測れる4つの英語スキル

日本でメジャーな英語能力試験のTOEICが主にリスニングとリーディングの能力を測る試験であるのに対し、IELTSは日常で実際に英語を使うために必要な4つのスキルのバランスを重視した出題方式になっています。

  • Listening(リスニング/聞き取りの能力)
  • Reading(リーディング/文章の読解能力)
  • Speaking(スピーキング/会話をする能力)
  • Writing(ライティング/文章作成の能力)

IELTS試験の種類

IELTS試験はアカデミックとジェネラルの2種類に分けられ、アカデミックがより難易度が高くスコアの取得が難しいとされています。リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのスキルのうち、リスニングとリーディングの分野でテストの内容や難易度が異なります。自分がどういった目的のためにIELTSを受験するか、どちらの種類を受験が求められているか、勉強を始める前にしっかりと確認しましょう。

試験の種類 必要とされる場面
IELTS Academic(アカデミック) 英語圏の大学などの高等教育機関での就学時の審査
IELTS General Training(ジェネラル) 英語圏での永住や就労時の審査

IELTSスコアについて

オーストラリアの就学に必要なIELTSスコア

オーストラリアで就学を希望する人は、教育機関の種類によって、必要とされるスコアが決められていることを覚えておきましょう。スコアには、各スキルごとのスコアの他に、平均点(overall band score/オーバーオール・バンド・スコア)があり、各教育機関で求められる平均スコアは以下の通りです。

  • 私立専門学校:アカデミック5.5点以上
  • TAFE(州立職業訓練専門学校):アカデミック5.5点以上
  • 大学:アカデミック6.0点以上
  • 大学院:アカデミック6.5点以上

ただし専攻などにより必要なIELTSスコアが異なる場合もあり、医療系などの専門分野でも高スコアが求められる傾向があります。各学校のウェブサイトや留学エージェントなどを通して確認しましょう。また、大学や大学院の場合、上記の平均点を満たしていても各項目のスコアが6.0以下の場合は、入学許可が下りにくいといわれています。

オーストラリアの労働、永住に必要なIELTSスコア

就学のための学生ビザの他、労働、永住などの目的でオーストラリアに滞在する人も専用のビザが必要で、一部のビザ申請にはIELTSスコアの証明が必須となっています。必要なIELTSスコアはビザの種類によって異なりますが、各スキルでジェネラル5.0〜6.0点以上のスコアが一般的です。

IELTSを勉強をすると、TOEICスコアもアップする?

もちろんTOEICと IELTSはテスト形式が違うため、テスト形式を理解するための勉強はもちろん大切です。ただし、TOEICスコアを取得したいからとIELTSに目を向けないのは非常にもったいない!

下の表はIELTSスコアが、他試験のどのくらいに相当するのかを示した換算表です。この表から、TOEICスコアよりもIELTSスコアを取得するのが難しいのが見て取れるでしょう。もちろんIELTSの勉強がTOEICの勉強に直結するとは言い切れませんが、IELTSの勉強をすることで英語力がしっかりと底上げでき、TOEICのスコアも自ずと取得しやすくなると言えます。

<IELTSスコア換算表目安>

IELTS TOEFL
IBT
TOEIC 英検 英語レベル
9.0 120 Proficient 
8.5 119
8.0 117-118
7.5 109-116 970-990
7.0 100-108 870-970 1級 Advanced 
6.5 90-99 820-870
6.0 80-89 740-820 準1級 Upper
Intermediate 
5.5 69-79 600-740
5.0 61-68 550-600 2級 Intermediate 
4.5 52-60 500-550
4.0 45-51 450-490 準2級 Pre
Intermediate 
3.5 33-44 300-440
3.0 29-32 291-299 3級 Elementary 
2.5 20-28 270-290
2.0 12-19 260-269 4級 Beginner
1.5 100-259 5級
※あくまで参考程度のスコア比較です

IELTSコースがおすすめなオーストラリア語学学校10選

IELTSは4つ英語スキルのバランスが重視され、どれか1つのスキルが得意なだけでは英語力の証明になりにくいという特徴があります。ご自身の目的に向けた必要スコアを取得するためにも、IELTS試験のプロからバランスの取れた勉強方法とテスト対策についてアドバイスを受けましょう。ここからはIELTS試験対策に特化したコースを開講する、おすすめの語学学校10校をオーストラリアの主要4都市ごとにご紹介します。

  • シドニー(7校)
    1. Cass Training International College(CTIC)
    2. La Lingua Language School
    3. ACCESS LANGUAGE CENTRE
    4. Astley English College (AEC)
    5. Cambridge College International(CCI)
    6. North Sydney English College (NSEC)
    7. Sydney English Language Centre(SELC)-Bondi Campus
  • メルボルン(1校)
    8. ILSC -Melbourne Campus
  • ゴールドコースト(1校)
    9. Inforum Education Australia
  • ブリスベン(1校)
    10. Embassy English -Brisbane Campus

シドニー

1. Cass Training International College(CTIC)

2017年にブルーの爽やかな色使いをした新校舎が設立されたCTICで提供されるIELTS準備コースは、IELTSの元試験官だった講師が教壇に立ち指導してくれるため、傾向と対策をしっかりと学べます。モーニングは月〜木、イブニングは月〜金、また新たに開講となった2.5日クラスを加え3つのスケジュールで構成されています。

<12週間での料金目安>

入学金 $200
教材費 $120
授業料 $330×12週間=$3,960
合計  $4,280

*上記料金は2018年5月現在の料金です。
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

 

2. La Lingua Language School

La Linguaは先生と生徒、スタッフと生徒の距離が非常に近いアットホームな学校です。同校のIELTS準備コースは、IELTS検定の元試験官を務めていたベテラン講師による授業です。毎週金曜日に模擬試験があり、テストで良い結果を残すにはどういった点に注意をしたら良いか、自分の今の弱点は一体どこかなどの丁寧な個別アドバイスも魅力です。スケジュールはモーニングとイブニングから選ぶことができ、レベルもIntermidiateからAdvancedと自身の英語スキルに合ったクラスを受講できます。

<12週間での料金目安>

入学金 $170
教材費 $75
授業料 $295×12週間=$3,540
合計  $3,785

*上記料金は2018年5月現在の料金です。
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

 

3. ACCESS LANGUAGE CENTRE

シドニーシティの中心地・セントラル駅から徒歩すぐのところに位置するACCESS LANGUAGE CENTRE。日本人の割合は15%と低く、多国籍な学生たちと交流できる環境があります。同校のIELTS準備コースは、モーニングとイブニングの2つの時間帯から選べます。クラス内でのサンプルテストに加えて、月に1回の模擬試験とその結果に対するフィードバックを先生からしっかりと受けられるのが特徴です。

<12週間での料金目安>

入学金 $220
教材費 $160
授業料 $272×12週間=$3,264
合計  $3,644

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください。

 

4. Astley English College (AEC)

Astleyは、一般英語コースとIELTS準備コースに特化したリーズナブルな価格設定が魅力的な学校です。日本人の割合が少なく、小規模クラスでアットホームなのが特徴です。AstleyのIELTS準備コースは、月〜水の週3日のモーニングクラスか週5日のナイトクラスのどちらかを選ぶことができ、仕事と勉強を両立させた生活を送ることができます。また実際に授業を受けている生徒からも、熱心な先生による厳しめの授業が好評とのことです。

<12週間での料金目安>

入学金 $200
教材費 $100
授業料 $170×12週間=$2,040
合計  $2,240

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

 

5. Cambridge College International

オーストラリアで留学生の受け入れを最初に開始した私立専門学校であるCCIは、2016年にオープンした新キャンパスをシティ中心部に構えています。日本人比率が少なく、多国籍な環境で少人数制のクラスが特徴です。同校の IELTS準備コースは4週間ごとにテストが行われ、それに対して1対1のフィードバックで自身の弱点やスコアを伸ばすための勉強法などのアドバイスが受けられます。月〜木のモーニングクラスと、月〜金のイブニングクラスが選べます。

<12週間での料金目安>

入学金 $200
教材費 $100
授業料 $190×12週間=$2,280
合計  $2,580

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください。

 

 

6. North Sydney English College (NSEC)

開校当初からほとんど変わらず、10年以上の講師経験があるベテランがそろっているNSEC。同校のIELTS準備コースは、アカデミック、ジェネラルが選べる他、モーニング、アフタヌーン、イブニングの3つの時間割から選択でき、中でもアフタヌーンは少人数のクラスでおすすめとのこと。また担当講師はIELTS試験官の経験があり、取得が難しいと言われるIELTSスコア8.0を取得した生徒を輩出したこともあります。

<12週間での料金目安>

入学金 $200
教材費 $100
授業料 $170×12週間=$2,040
合計  $2,340

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

 

7. Sydney English Language Centre(SELC)-Bondi Campus

ボンダイジャンクション駅から徒歩5分のところに位置する、SELCボンダイキャンパス。同校のIELTSコースは、モーニングクラスがアカデミック、イブニングクラスがジェネラルに特化しています。プレテストセンターに認可されているため、実際のIELTS教材を使用した実践的な授業を受けることができます。IELTSの現役試験官による授業に加え、2週間ごとのクラス内での模擬試験、月1回行われる特別機関によるスピーキングのトレーニングなども特徴です。

<12週間での料金目安>

入学金 $240
教材費 $120
授業料 $385 × 12週間=$4,620
合計  $4,980

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

メルボルン

8. ILSC -Melbourne Campus

徹底した母国語禁止のルールがあり、常に意識を高く英語学習に取り組める環境の整った学校ILSCの、アートな街メルボルンのキャンパスです。同校のIELTS準備コースは4段階にレベル分けされ、各レベルで5.5-7.0以上の目標スコアを取得するための授業を経験ある講師から受けられます。クラスはモーニング、アフタヌーン、イブニングの3クラスから選ぶことができます。

<12週間での料金目安>

入学金 $230
教材費 $220
授業料 $330 × 12週間=$3,960
合計  $4,410

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

ゴールドコースト

9. Inforum Education Australia

Inforumは学生へのサポートが充実しており、母国語禁止のルールがあるなどモチベーションを高く保って英語学習に励むことができる学校です。同校のIELTSコースは、スコア5.5を目指すIELTS準備コースと、7.0を目指すIELTSコースの2つがあります。現役の試験官による週4回の授業では、アドバンスレベルのリーディングとライティングのスキルアップを中心に行います。日本人の生徒もスコア7.0や7.5を獲得するなどの実績を兼ね備えています。

<12週間での料金目安>

入学金 $220
教材費 $168
授業料 $375 × 12週間=$4,500
合計  $4,888

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください

ブリスベン

10. Embassy English Brisbane

Embassyブリスベンキャンパスは、自然が溢れる都市の中で図書館やパソコンルームなどの充実した学校設備に加え、電子黒板や電子教科書といった最新技術を使用して学習できます。同校のIELTS準備コースは、デイクラスとイブニングクラスに分かれています。IELTSの試験官と同校での指導経験が10年以上ある教師による授業展開と、授業内で行われる週1回の模擬試験が特徴です。

<12週間での料金目安>

入学金 $230
教材費 授業料に含む
授業料 $350 × 12週間=$4,200
合計  $4,430

*上記料金は2018年5月現在の料金です
毎月異なる特別割引キャンペーンでご入学可能!詳細はお問い合わせください。

手数料無料で学校をお手配

オーストラリア留学ワールドでは、手数料無料で学校のご入学お手続きを行っております。ビザ延長や今後のオーストラリアの最適な滞在プランもアドバイス致します。

まずはコースの詳細や学校の情報等何でもお気にお問い合わせください。学校見学も無料でご案内しております。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Kaori
Kaori
留学カウンセラー

大学卒業後、大手ファッションアパレル会社に勤務。都内の店舗に勤務時、海外からの顧客が多かったことから勉強を始めた英会話がきっかけとなり、大学時代に叶わなかった海外生活を実現。オーストラリアではメディア会社での編集業務を経て、現職に。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ