【オーストラリア留学保険】格安から充実補償の保険まで4つのタイプをご紹介

オーストラリアに行く準備は順調ですか?それともまだ日数に余裕があるから、まだまだ進んでいませんか?留学前に、かならず調べて準備しておいてほしいことがあります。

それは海外留学保険!初めて加入する場合はわからないことが多いですよね。でも安心してください!これからご紹介するのは充実補償の保険から、クレジットカード付帯の保険海外にいても加入できる格安保険まで解説します。これを読めば、あなたにあった保険を見つけられますよ!

海外留学保険とは

海外留学中のトラブルにまつわる補償をまとめたものです。医療費や治療費の金銭的な補償だけではなく、トラブルの処理や現地でのサポートなどのサービスを受けられます。

想像してみてください。こんなことがあったらどうしますか?

慣れない海外生活。環境の変化で体調を崩したり、怪我をしたり、大切なカメラやスマホを盗まれたり。こんなことがあった時に、あなた1人で解決をしないといけない。しかも外国語で。運よく解決すればいいでしょう。ですが、その時に持っているお金で全てが解決できるとは限りません。

それでは、実際にどんなことが補償されるのかみていきましょう。

加入時のチェックポイント

保険に加入しようと思っても、補償内容は様々。聞き慣れない言葉もたくさん出てきます。なので!加入する前に知っておきましょう。そして自分には必要なのかどうか判断する基準にもしてください。

留学中の病気やケガをした時の補償は十分か?

ここに当てはまるものは「治療費用補償」「救済者費用補償」「疾病・傷害死亡補償」「傷害後遺障害補償」です。特に必要になってくるのは、「治療費用補償」と「救済費用補償」です。これらは病気やケガに1番関わりがある補償内容になっています。救済費用とは、救急車で運ばれたなどの補償です。

他人や他人のモノを傷つけた時の補償は十分か?

ここに当てはまるものは「賠償責任補償」です。もし、あなたが人のモノや、人に損害を与えてしまった時の補償です。相手がケガをしたからといって、「治療費用補償」は適応にならないので気をつけてください。

携行品や交通機関にトラブルがあった時の補償は十分か?

ここに当てはまるものは「携行品損害補償」「航空機寄託手荷物遅延費用補償」「航空機遅延費用補償」です。これはあなたの荷物の補償をしてくれます。

もし荷物が盗まれたり、預けていた荷物が手違いで受け取れなかったりした場合に有効的です。実際にあった出来事で、パソコンを海外で盗まれ保険に入っていたおかげで、パソコンの購入金額のいくらかは戻ってきた事例があります。

*ここで一言アドバイス!
あなたの携行品に何かあった時のために、レシートなどの購入履歴が分かるものは残しておくことを、おすすめします。請求するときに、購入時の値段が分かるので大いに役立ちます。

もしも保険に加入していなかったら

オーストラリアで救急車を呼んだ場合

日本では無料で呼べる救急車ですが、オーストラリアでは緊急以外のシチュエーションで呼ぶだけでも、$301かかります。更にそこに走行距離に応じた費用が請求されます。1回救急車を呼んだだけで数十万円というのもよくある話なので注意が必要です。

オーストラリアNSWの救急車の料金

 

オーストラリアで治療や入院の費用事例

下記は実際にあった、無保険での医療費用の自己負担額です。

引用 https://www.jihoken.co.jp/data/case.html

こんな金額一括で払えないですよね。もしかすると自分だけではなく、家族にまで負担がかかることになります。命はお金には変えられません。さらに不慣れな海外ではどんなことがあるかわかりませんよね?

保険の補償内容の選択によっては、節約もできます。そこもしっかり説明をしていくので、是非読み進めてください。

オーストラリアに来る前に確認!あなたのビザの種類は?

ビザの種類によって任意で保険に加入しなければならない場合と、必ず保険に加入しなければいけない場合があります。あなたはどちらのビザで留学を考えていますか?

学生ビザの場合

学生ビザで渡航するあなたは、オーストラリア政府が指定したビザ申請に必須の強制加入の保険があります。それが「OSHC」です。日本語対応ではないので、保険適応をする際や、保険金請求はすべて英語となります。また、保証内容には限りがあるので、「やっぱり心配だ!」という場合はOSHCとは別に、日本で任意保険の加入をおすすめます。

ワーキングホリデービザの場合

ワーキングホリデーの場合は、すべての保険は任意加入。つまり、極論は保険にはいらなくてもよいのです。ですが上記でもお伝えしたように、「もしも」が起こらないとは限らないですよね。

「でもお金結構かかるんでしょ?」「海外生活でお金がかかるから、できるだけ安くしたい」

そんな声にお答えします!

これから先の内容は、ワーキングホリデーの方が選択できる4つのタイプの保険を紹介します!

  1. 日本で加入する海外留学保険
  2. クレジットカード付帯の海外保険
  3. オーストラリアで加入できる現地保険(OVHC)
  4. どこにいても加入できる外資の海外保険(Guard.me)

オーストラリア留学の保険でおすすめの4つ加入方法
1.日本の海外留学保険

日本の海外留学保険選びのポイント

・費用と保証内容のバランスはどうか?

・自宅や学校近くにキャッシュレス対応の病院はあるか?

・24時間サポートディスク等に電話は繋がるか?

・現地で仕事をする場合の保証もあるか?
仕事内容によってはケガ等のリスクが高くなる可能性があります。そのため「治療費用補償」は十分にあった方がいいです。

 

日本の海外留学保険のメリット

医療関係の補償やそれ以外の補償が手厚い

病気やケガの治療を受けたときの補償額が高いのが特徴。また携行品の盗難や紛失、ホテルなどの備品をこわしてしまった時の損害賠償。飛行機の遅延による補償がある。

海外で起きたトラブルのほとんどをカバーしてくれる、頼もしい存在です。

キャッシュレスで治療を受けられる

保険会社が提携している病院に関してキャッシュレスで治療を受けられます。

ちなみに、キャッシュレスサービスとは、病院が直接保険会社にお金を請求するので、その場で支払いの必要はありません。つまり、お金がなくって支払えないという状況にはならないのです。

 

日本の海外留学保険のデメリット

出発前に保険に加入する必要がある

日系の海外留学保険は原則、出発前にしか加入できません。出発直前も基本的には避けましょう。日数に余裕を持って加入することをおすすめします。なので留学の日程が決まったらまずは、入る保険を探すことがいいですね。

ちなみに、加入する保険によっては海外から延長手続きをすることが可能です。手続きは会社によって違います。インターネット上からできるものや、日本にいる代理人(家族など)に委任しておこなってもらう場合があります。それも事前に知っておくといいですね。

値段が高い

値段は4つの方法のなかでは、1番高いです。ですが、選ぶ補償内容によっては、値段を安くする事ができます。「自分には必要か、必要でないか」を考えてプランを立てるといいです。

 

日本の海外留学保険はこんなあなたにおすすめ

  • 日本語でのサービスを受けたい
  • 医療関係以外の補償も、しっかりとしておきたい
  • キャッシュレスで治療を受けたい
  • 海外留学やワーホリに行くまでに、十分な日数がある

 

 

オーストラリア留学の保険でおすすめの4つ加入方法
2. クレジットカード付帯の海外保険

クレジットカード付帯保険とは?

クレジットカードを作る時、付帯保険を気にしながら作る人はあまりいませんよね。まずは、自分のクレジットカードが、海外旅行保険が適用されるのかチェック!!

その次にカード付帯には2種類のタイプがあります。知らないと保険が適用されない可能性があるので、必ずチェックをしてくださいね。

自動付帯
カードを持っているだけで海外保険が適用されるもの。

利用付帯
ツアー代金や公共交通機関や渡航の費用をクレジットカードで利用しなければ、海外旅行保険が適用されないもの。

 

補償の範囲はどこまで?

まず、自分が持っているカードに付帯している補償内容をチェックしましょう。持っているカードをインターネットで検索すると、出てくるので一度試してみてください。決して上記に書いた補償内容が全てあるわけではありません。「実は補償されていなかった」がないように気をつけてください。

 

任意加入の海外保険とクレジットカード付帯の海外保険の違い

補償金額や補償範囲

海外留学保険でもっとも利用されるものは「障害治療費用補償」「疾病治療費用補償」「救済費用補償」です。任意加入の海外留学保険の場合は無制限のケースが多いです。ですがクレジットカード付帯は「300万から500万」と上限があります。

クレジットカードは最長90日(3ヶ月)まで

最長90日(3ヶ月)までの海外留学であれば、クレジットカード付帯でカバーは可能です。それ以上はクレジットカード付帯の海外保険では補償されません。

自己負担が必要な場合もある

携行品の補償に3,000円の自己負担が必要になる場合があります。またキャッシュレスサービスがないこともあります。これもクレジットカードによって異なるので、事前に確認してください。

キャッシュレスサービスが無い場合は、一度現地で支払って日本に帰ってから請求する形になります。なので診察や処方箋の明細は残しておくようにしてください。

 

クレジットカード付帯の海外保険はこんなあなたにおすすめ

  • 留学が90日(3ヶ月)まで
  • クレジットカードに保険が付帯されているか
  • 費用を安くしたい
  • 海外に慣れている

オーストラリア留学の保険でおすすめする4つの加入方法  
3.オーストラリアで加入できる現地保険

日本の海外留学保険は費用が高く、日本国内での加入が必須。また、クレジットカードの付帯保険は3ヶ月間で短期しかカバー出来ない保険となっています。日本で保険加入を忘れてしまった方や、手厚い内容よりも格安の保険で最低限の補償で加入したいというあなたにオススメな保険!それが、現地保険のOVHCです。

 

OVHC とは?

OSHC(オーストラリアの学生保険/Overseas Student Health Cover)とよく似た名前ですよね。OSHCは学生ビザの方が強制加入の保険です。

対してOVHCOverseas Visitors Health Cover)はオーストラリアで一時的に就労したり、ワーキングホリデーの方を対象としたオーストラリアの保険会社が提供する任意の保険です。

 

OVHCのメリット

【5万円】から加入できる格安保険

費用にして半額以上節約できるものもあります。「なぜこんなに安いの?」そう思ったあなたに説明しますね。日本の保険は全てカバーしてくれるのに対して、OVHCは医療補償に焦点を絞っています。つまり携行品の紛失や賠償責任の補償はないので要注意です。

好きなタイミングで保険の加入と更新ができる

自分にあった自由な期間を申し込めてとても便利です。例えばワーホリで来る場合、クレジットカード付帯の保険で入国。3ヶ月後にOVHCに加入することも可能です。ただし、解約する場合は引き落としの前に、解約する旨を伝えておく必要があります。

そしていつでも好きなタイミングで簡単に更新することができます。日本の保険の場合は、家族に委任したりと少しめんどくさい作業があります。ですが、インターネットで手続が簡単に済むのでとても楽ですよね。

 

OVHCのデメリット

補償内容に制限がある

医療保険に関する保険のみなのです。つまり携行品を紛失したり、損害を他人や物に与えてしまった場合は補償されません。もし不安な場合は、日本の保険で足りない部分を補ってあげるといいですよ。

キャッシュレスサービス、日本語サービスがない

まず先にお金を払ってから、後から保険金を請求する必要があります。なので、クレジットカード付帯と同様、診察や処方箋の明細は残しておいてください。また加入手続きは全て英語です。さらに、困った時の対応も英語なので、ある程度英語力が必要になる場合があります。

 

OVHCはこんなあなたにおすすめ

  • 費用が安い保険がいい
  • すでに日本を出国してしまっている
  • 医療保険に焦点を当てたい
  • オーストラリアにワーキングホリデーで来る、または来ている

オーストラリア留学の保険でおすすめする4つの加入方法
4.どこにいても加入できる外資の海外保険

日本の海外留学保険は日本での加入が必須で、クレジットカードの付帯保険はそもそもカードを持っていて、付帯条件があったりと日本での準備が必要です。原則、国を問わずに海外に出てからも日本人が加入できる外資の保険です。それがブローブパートナーです

グローブパートナーとは?

海外渡航者用の外資系の医療保険です。ワーキングホリデー中、留学中のいざという時に必要な医療補償、日本語でのアシスタントサービス、一般賠償責任補償を手厚くした保険です。

保険料と保証内容の詳細はこちら

 

グローブパートナーメリット

日本語で申し込み・契約ができる

英語に自信がない方にとって、非常に安心できますね。またホームページも日本語表記なので、保証内容や保険料も理解ができます。

好きな時に加入ができる

海外渡航後にも加入ができ、オーストラリアに入国後でも加入ができます。またワーホリで来る場合クレジットカード付帯の海外保険で入国して、3ヶ月後にこの保険に加入することも可能です。

キャッシュレスサービスがある

入院時にキャッシュレス対応をしてくれます。事前承認が必要ですので、24時間対応のサポートディスク【Mutuaide Assistance】に電話をしてください。

Mutuaide Assistance
日・英語対応
電話: +33 (0) 1 55 98 71 68
(日本語対応でない担当者が出た場合は“Japanese please”とお伝えください。)
E-Mail: medical@mutuaide.fr

*その他の医療費は、一旦ご自身で支払う必要があります。医療費請求の申請をしたのち、医療費が還付されます。

アシスタンスサービスがある

アシスタンスサービスとは
緊急時の救援、本国への移送、入院時の親族の付き添い、帰国、医薬品送付、緊急メッセージ送付、捜索、盗難時の金銭貸付、裁判補助、刑事保証金前払いなどが必要な時のサービスを指します。

アシスタンスサービスも事前承認が必要です。サポートディスクに連絡をしてください。

保険内で歯科治療が受けられる

多くの日系海外保険の場合、歯科治療を付帯すると別途お金がかかり保険料が高くなります。グローブパートナーは保険内で歯科治療が受けられます。対象は虫歯と親知らずの治療です。インレイ、オンレイ等は対象外なので注意してください。

 

グローブパートナーデメリット

 

盗難時の保証がない

盗難にあった場合の、携行品補償は含まれていません。ただし、委託手荷物は補償の対象になります。

 

グローブパートナーはこんなあなたにおすすめ

  • すでに日本を出国している
  • 費用が安い保険がいい
  • 英語に自信がないので、日本語サービスをうけたい
  • 保険内で歯科治療をうけたい

まとめ

いかがでしたか?充実した補償がある保険だけではなく、格安で費用を節約できる保険もあります。なので、あなたが何を一番重要視するかによって、選んでいただきたいです。オーストラリアのワーホリ生活を快適にするためにも決して、加入していて損することはありませんよ?

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Aoi
Aoi
シドニー在住ライター兼旅人美容師

日本で5年間美容師をしたのち、英語力皆無でひとり旅に出発!現在シドニー在住です。好きな食べ物はアボカドとニンニク!趣味は旅で、オーストラリアの魅力をこれからどんどんお伝えしていきます♪
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ