留学に反対する親をどう説得する? 論理的に説得をして親に留学を認めてもらおう!

「留学に行きたい」という我が子に対して「はい、いってらっしゃい」と最初から受け入れられる親というのはなかなかいないでしょう。実際、留学生の中には「最初の壁として親の説得に苦戦した」という人も多くいます。

留学は人生においてもとても大きな決断ですし、その分費用も大きくかかってきます。そのため親を説得するのにも、ただ自分の思いを伝えるだけでなく、解像度の高いビジョンを共有する必要があります。

今回は親に留学を反対されたとしても険悪ムードにならず、最終的には親からの理解を得た上で気持ちよく留学に行けるように親をうまく説得する方法を実際の留学生の体験談などを交えて徹底解説します。

親を説得する前に最低限知っておきたいこと

何事も「準備」をしっかりとしておくことで後の成功に繋げやすくなりますが、親を説得する前にも最低限知っておきたいことが2つあります。

以下の2つのポイントを事前に理解しておくことで、親との話し合いを円滑に進めることが出来ます。

①「留学」の意義

わかっている気になりがちですが、留学の意義が曖昧になっている人は少なくありません。

「留学することが一番の目的」になってしまい、留学後の将来設計を考えるまでに至っていない人は、親を説得しようと思っても、ビジョンがうまく伝わらずに、親を上手く説得できなくなってしまいます。

前提として留学=1つの手段と認識しておくことが大事です。つまり、親を説得する時にも留学はあくまでも将来のキャリアをアップさせるための1つの投資ツールであるということを意識しておくと、自分の感情的な意見だけではなく「将来の自分に投資をするという意味で留学に挑みたいと考えているんだな」と親に受け取ってもらうことができます。

②「留学」における「親」の存在

留学において、親は主に2つの意味で必要不可欠な存在です。

メンタル的な面でのサポート

留学に行けば必ず挫折を味うこともあるでしょう。そんな時に自分を何十年と育ててくれて、誰よりも自分のことを一番知っている親からの言葉や声援というのはやはり友達などから励ましてもらうのとは違います。

②金銭的な面でのサポート

留学には莫大な費用がかかるため、「親からの援助は一切無しで留学に来ました」という留学生はなかなかいません。金額は家庭によるものの、留学生活を有意義なものにするためにはある程度の金銭的な援助が必要になってきます。詳しい留学の費用については後ほど詳しく解説します。

親に反対されたらやるべきこと

ここからは、留学に反対する親を説得する前にまずやっておきたいことと、反対理由に対する効果的な対処方法を解説していきます。

①親が留学に反対する主な理由を明確にする

まず親に反対されたら1番最初にやっておきたいのが「親が留学に反対する理由の明確化」です。

もちろんそれぞれの家庭によって留学に賛成できない理由は違ってくるので、反対された際には「なぜ反対なのか?」ということを親に聞くのを忘れないようにしましょう。理由によってアプローチが変わるからです。

今回はよくある親が留学に賛成できない理由を5つまとめました。

親が留学に反対する理由 / ①金銭面

最も多く、最もハードルが高いのが金銭面の問題です。

例えば、アメリカやイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドといった留学先として有名な国に1年間留学する相場は以下の通りです。

語学留学の場合 ▶ 約300万~400万円
大学留学 ▶ 約250~600万円
※学費・生活費・渡航費などを含める

日本の大学生の一人暮らしに書かかる年間費用は学費、生活費などを含めて約160-200万円と言われているため、留学費用というのは多くの親にとって「高いもの」として捉えられてしまいます。

また、費用に関しては親が子供に家庭の経済状況を伝えることを嫌がり、真剣な話し合いに発展するまでに時間がかかってしまうケースも多くあります。

親が留学に反対する理由② / 留学メリットの不透明さ

「なぜ留学しなくてはいけないのか?」「日本では出来ないのか?」といった疑問を持ち、快く留学に賛成できないというのもよくある親が留学に賛成できない理由の1つです。

最近では留学に対する認知度も高まってきていますが、親の世代、つまり今の40代以上の世代が20代の頃はなかなか留学というものが身近ではなく、私の両親も「留学なんて本当のエリートか、お金持ちくらいしか行かないものでしょう?」という考えでした。

そのためいくら自分が留学に行きたい理由を述べても、まずは現代の留学」の在り方、将来のキャリア的にどんなメリットが得られるのか、というところから理解してもらわなければ、なかなか留学を後押ししてもらえなくなるでしょう。

親が留学に反対する理由③ / 将来への不安

もし子供が学生であれば、周りの日本で勉強している学生とは違う道を歩むことになるので、留学後の子供の将来を心配する親も多くいます。

特に日本ではまだまだ「新卒就活」が生涯と通してキャリア形成に大きな影響を与えるため、学生で休学などをして留学などに行くとなると1年遅れて卒業することになるので就職活動が不利になる恐れもあります。

また、「留学」は必ずしも必要不可欠なものではありません。例えば、留学経験が0の人でも大手企業に就職している人はたくさんいます。そのため、親からすると「同世代の子と違うことをして、莫大な費用を払ってまで行く価値があるのか?」と疑問に感じてしまうのです。

親が留学に反対する理由④ / 海外生活への不安

子供が、すぐに会いに行けないような場所で生活をするというと確かに親としてはとても心配ですし、寂しいものです。

ちなみにIEP(経済平和研究所)が世界163か国を対象にその国の社会の安全性やセキュリティーレベルなどを含む23項目の指標を元に数値化した2020年のデータで日本はトップ9に入っており、世界的に見ても治安が良い国として評価されています。そんな治安の良い国から治安が異なる国で子供を生活をさせるとなると不安になるのも当たり前です。

参考:GLOBAL PEACE INDEX 2020, IEP

②それぞれの理由に対して適切な対処法で説得する

親が留学に対してどうして反対しているのかを明確にしたら、次はその「不安ポイント」を適切な対処法で「納得できる主張」に変えて親を説得していきましょう。

「金銭面」で反対された時の対応①
具体的な留学全体の出費をまとめる

留学をしたことがない親からすると「留学=お金がかかる」といったイメージで、具体的な数字でいくらくらいかかるかというのは知らないことがほとんどです。そのため、まず金銭的にうちでは無理と言われた場合は「具体的にどんなものにどれだけの費用がかかるのか」という内訳まで明確に伝える必要があります。

ちなみに留学費用というと以下のものが含まれます。

【 学生ビザの場合 】
・学費(入学費・授業料・教材費)
・学生ビザ申請料
・航空券
・海外留学保険
・留学サポート費用
・生活費
(家賃・食費・交通費・携帯料金)等

上記の内訳は最低でも親を説得する際に説明できるようにしておきたい項目として考えてもらえればと思います。全体の費用は国や学校、期間、保険の種類、留学エージェントなどによって大きく変わってきます。さまざまな留学のオプションについては次の対応策で解説します。

 

 

金銭面」で反対された時の対応②
留学タイプによって費用も変わってくることを知ってもらう

留学と一言で言っても、さまざまな留学体系が生まれていており、留学の目的や予算に合わせて留学スタイルを選ぶことができます。

大きく分けると留学スタイルは6つに分られます。以下ではオーストラリアを例に挙げてご紹介します。

【 留学スタイル 】

①大学留学(学生ビザ)▶ 詳細はこちらから
②専門留学(学生ビザ)▶ 詳細はこちらから
語学留学(学生ビザ)▶ 詳細はこちらから
④短期留学(観光ビザ)詳細はこちらから
⑤ワーキングホリデー詳細はこちらから
⑥インターンシップ留学(学生ビザ・ワーホリビザ)▶ 詳細はこちらから

6つの留学スタイルの中でも、留学先(国)、学校、学部、年数、留学形態、編入システム利用の有り無し、英語力のレベルなどを考慮すると費用も大きく変わってきます。

 

 

 

留学に求められる英語力はこちらを参考にしてください。

英語入学基準 ※オーストラリア留学を参考

IELTS TOEFL その他
大学留学 6.0 550(PBT)/ 213(CBT)以上
専門留学 5.5
語学留学 特になし
短期留学 特になし
ワーキングホリデー 特になし
インターンシップ留 Intermediateレベル

※英語入学基準は学校や学部によって異なります

また、詳しい見積もりは自分の留学目的や予算に合わせて留学エージェントなどを通して無料で出してもらえることが多いので、少しでも気になることがあればどんどん問い合わせてみましょう。

実際に内訳を出してもらい、具体的な数字を親に見せることで親も「このくらいかかるのか」とイメージがしやすくなり話し合いも円滑に進めることが出来ます。

MorrowWorldではお客様の目的や予算にあったオーストラリア留学のご提案をしておりますので、詳しい費用の見積もりについてはぜひお気軽にご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

「金銭面」で反対された時の対応③
奨学金を利用することを伝える

詳しい見積もりを見せても「うちにはこんなお金ない」と断られてしまった場合に1番効果的に親を説得できる手段は奨学金の利用です。

海外留学の際に利用できる奨学金の種類は主に以下の3つに分けることが出来ます。

1.日本国内の機関によるもの
2.渡航先の国によるもの
3.留学先の大学によるもの

まずは、日本人の留学生に対して奨学金を提供している日本国内の機関を一部まとめたので参考にしていただければと思います。

【 日本国内海外奨学金一覧 】

機関名 奨学金名 対象 Webサイト
日本学生支援機構・JASSO 海外留学支援制度 海外大学・大学院、協定派遣 こちらから
文部科学省 トビタテ!留学JAPAN 語学留学・海外進学 こちらから
Japan-IMF JISP 海外大学院 こちらから
World Bank World Bank Scholarship 海外大学院 こちらから


また、渡航先の国や留学先の大学による奨学金に関しては「自分が留学する国名+scholarship」などで検索してみると様々なオプションを見つけることが出来ます。

「メリットの不透明さ」で反対された時の対応①
留学動機+留学目的をクリアにする

「なぜ留学なのか?」と聞かれたときに「こういう経緯で+留学を通してこうなりたい」ということをセットですぐに答えられるようにしておく必要があります。

また留学目的は具体的であればあるほど「真剣に将来のことも考えているんだな」と親に思ってもらえます。さらに言うと、留学動機が留学後の理想像に直結していると親にも留学が自分にとってどうメリットになるのかがスムーズに伝わります。

よい例とできれば避けたい例を紹介します。

 避けたい例

「将来は英語を活かした仕事がしたいから、海外に行けば良い経験になると思って」

 良い例

「幼少期から英会話塾に通い、英語には自信があるけど、いざ大学進学のことを考えてみると英語以外の取り柄がないことに気付き、このまま大学で英語の勉強を続けてもキャリア的には英語しか出来ない人間として見られてしまう可能性が高いため、留学に行って英語+何か専門的な知識を身に付けられれば将来的にも同年代の人たちと差別化が図れると思ったから」


また、その国に留学して勉強するメリットとデメリットを一覧化して、
デメリットを「具体的にどう回避するのか」というところを明確に伝えるのも親を説得する良い方法の1つです。

「メリットの不透明さ」で反対された時の対応②
留学がキャリア的にどう有利なのかを理解しておく

「留学をするとキャリア的にもメリットがある」というのを明確にしておくことで親からの将来への不安を解消することが出来ます。

【 留学によって得られるキャリア的なメリット 】

①就活に有利(留学経験がある人材に対する企業からのニーズが高まっている)
②「専門分野の知識」と「語学力」の二刀流でアピール出来る
③年収が留学経験なしの人よりも男性で平均70万円、女性で約109万円多くなる

参考:日経新聞

「将来への不安」で反対された時の対応①
具体的な留学中&留学終了後のプランを明確化

留学が将来の進路にどう影響するのかを「見える化」するために、留学中+留学終了後のロードマップを用意しておくと親も子供の将来が見えやすくなり留学を後押ししてあげることが出来ます。

【 オーストラリアに3年半間正規留学し、日本で就活する場合の例 】

「将来への不安」で反対された時の対応②
万が一の時のための選択肢もあることを知ってもらう

「もしもこのプランがダメだったとしても、違うプランでどうしても留学を成功させたい」ということを具体的にいくつか違うプランも含めてすぐに説明できるようにしておくと親の子供の将来への心配を和らげることが出来るでしょう。

【 例 】

第一希望 ▶ 日本の高校卒業後、オーストラリアに4年間正規留学に行きたい
→家庭の経済環境的に厳しい

他の選択肢 ▶ 日本の大学に入学し、在学中にオーストラリアへ1年間交換留学に行く
※この場合は日本の大学を受験することも視野に入れて費用なども把握しておくと◎

「海外生活への不安」で反対された時の対応①
連絡を取るときに使うツールや頻度を決めておく

離れた場所で、会いに行きたくてもすぐに会いに行けない環境で生活する子供と全く連絡が取れなくなるのは親としてとても寂しく心配になります。

連絡する頻度とどのツールを使うかを決めておくのは親にとって子供を留学に送り出す安心材料の1つです。今の時代、LINEやSkypeを使えば無料でビデオ通話が出来るなど、連絡手段のオプションは豊富です。

また、特に現地での慣れない生活が続く最初の数か月はこまめに連絡することを約束しておくのも良いです。

「海外生活への不安」で反対された時の対応②
留学エージェントの現地サポートがあることを伝える

連絡をこまめに取るとは言っても、やはり離れた場所から助けてあげられることというのは限られてしまいます。

しかし、MorrowWorldのような現地にオフィスを持ち、留学生が現地に着いた初日から現地生活についてのオリエンテーションなどを開いて留学生をサポートしてくれる留学エージェントの存在を親に知ってもらうことで親も安心して子供を留学に送り出すことが出来ます。

MorrowWorldでは留学生に有意義なオーストラリア生活を送ってもらえるよう、無料の現地サポートを提供しております。

オーストラリア留学サポート一覧

  親を説得する時に常に意識しておきたい3つのポイント

上記では親が留学に反対する理由に対してそれぞれの適切な対応方法をご紹介しましたが、次はどんな反対理由であれ、親を説得する時は常に意識しておきたい共通の3つのポイントを抑えておきましょう。

ポイント①とにかく「行動」で熱意を伝える

もっと正確に言うと「親に言われる前に自分で行動する」ということです。

つまり、親に「これを調べておきなさい」や「TOEICで○○点取れたら留学に行ってもいいよ」と言われる前に自分から調べたり条件を出すことが大事になってきます。

例えば留学動機、その国についての情報、留学中&留学終了後のプランのロードマップ、全体にかかる費用などの情報も徹底的にリサーチして1つのスライドにまとめて親にプレゼンしたり、〇月までにTOEICで650点を取れたら行かせてほしいというように、行動で留学に対する熱意を見せることで親に「この行動力があれば海外でもやっていける」と思わせることで留学を認めてもらいましょう。

ポイント②なるべく多くの情報量を

親としても、自分すら行ったことのない国に我が子を送り出すというはとても大きな決断ですし、心配なことです。

とにかくリサーチに時間を費やし親に留学について質問されたときに何でも答えられるようにしておきましょう。

ポイント③感謝の気持ちを忘れずに

冒頭でも述べたように、親のサポート無しでの留学というのはほぼ不可能です。

親も留学に反対したくてしているわけではなく、我が子のやりたいことはサポートしてあげたい気持ちもありつつ、時には家庭の事情や経済事情を踏まえてNOと言わなければなりません。

そんな複雑な心境のなかでも、自分の留学したいという気持ちに少しでも寄り添えるように話を聞いてくれているんだということを忘れないようにしましょう。

それでも説得するのに苦戦したら?

時間を空けて後日話し合う

話し合いをしているとお互いが感情的になりヒートアップしてしまうこともあるかと思いますが、そういう時は一旦話し合いを中断し、少し時間が経った頃に前回の話し合いの反省点を踏まえつつ、話を持ち出してみましょう。

「時間が解決してくれる」ことも意外と多かったりします。

プランBでも勝負してみる

話し合いを重ねていく中で、いくつか他のオプションも考えているということを伝えると、話への食らいつき方が違ってきたりします。その一瞬の隙を逃さず親の反応を見ておくことでこのプランならもう少し実現性が高いかもと気付くことが出来ます。

1つの方法としては希望の留学プランを順位化しておくことです。最初は第一希望にリサーチのフォーカスを置き、親の反応が悪かったら第二希望の話も出してみてみるなど、徹底的に調べておけば柔軟に対応できるでしょう。

【 例 】
第一希望▶オーストラリアのシドニーで3年間のビジネス留学
第二希望▶オーストラリアのメルボルンでの1年間のマーケティングインターンシップ留学
第三希望▶オーストラリアのシドニーで1年間のマーケティングワーホリ

実際の留学生に聞いてみました!
「留学について、どのように親を説得しましたか?」

私の体験談

【 プロフィール 】

出国時の年齢:19歳
留学形態:大学留学
留学国:オーストラリア
滞在期間:約3年半
専攻科目:Bachelor of Business Administration

Q1:留学をしたいと初めて伝えた時の親の反応

高校生の時に卒業したらオーストラリアに正規留学に行きたいと言ったら、母親は応援してくれたのですが、父親からは「そんなお金、うちにはないぞ」と一言で片づけられたのを覚えています(笑)

Q2:親を説得した方法

父親のその一言でうちは金銭面的に留学に賛成出来ない家庭なのだなとわかったので、とりあえず留学にいくらかかるのかを徹底的にリサーチしました。具体的には留学エージェントに片っ端から問い合わせをして、留学の見積もりを出してもらいました。

また、一方で高校の先生の助けなども借りつつ、奨学金についても自分で調べて最終的には自分で集めたそれらの情報と留学の目的などをまとめたエッセイを書いて父親に提出しました。

Q3:再説得してみて

父親にエッセイを提出した後は、私の行動力が伝わったのか、「留学を認める」とは口に出さなかったものの、必要書類の記入などをお願いすると受け取ってくれるようになりました。

そして留学の2,3週間前からようやく「現地での生活は大丈夫か?」などと声をかけて心配してくれるようになりました。

Q4:親へのメッセージ

経済的にも負担になっているはずなのにも関わらず中学生の時から短期間の留学を何回か行かせてくれたりなど、私のやりたいことをやらせてもらえてるのは当たり前のことではないし本当に感謝しています。私が出来る一番の親孝行はしっかりと今の留学プランを終了させて将来のキャリアに生かせるようにすることだと思ってるので今後も目の前にあることにしっかりと励めるようにしたいです。

②Chiyuさんの場合

【 プロフィール 】

出国時の年齢:19歳
留学形態:大学留学
留学国:アメリカ
滞在期間:約3年半
専攻科目:Business Merchandising

Q1:留学をしたいと初めて伝えた時の親の反応

「将来は海外に住んで働く」という夢を小学生の頃から持っていて、高校1年生の時に親にアメリカへの大学進学を真剣に考えていると言ったらは半分冗談だと思われて、あまり真剣に受けてもらえてもらえませんでした。

小さいころから頑張ってきた私を知っている母親は早い段階で私の留学に対して賛成して後押ししてくれたのに対して、父親は経済的な理由で反対でした。留学に行くとなると奨学金を借りて行くしかなく、私に将来、返済の苦労をして欲しくないという気持ちが一番強かったのだと思います。

Q2:親を説得した方法

何か特別に親を説得するために行動を起こしたわけはないですが、幼いころからずっと同じ夢をブレずに持ち続け、その夢を叶えるために英語学習にも人一倍力を入れて良い結果を出したりしてきました。そのような「日ごろからの夢を叶えようとする姿勢」が親にも伝わり特に何か特別にプレゼンテーションをしたりなどしなくても親を説得することが出来たのではないかと思います。

Q3:再説得してみて

最終的に母親は父親を説得するのを私と一緒になって手伝ってくれました。「奨学金の返済は自分でやる」と私が主張し続けた結果、未だに父親は完全に留学に賛成してくれているというわけではないですが、しぶしぶ支援してくれていれています。

Q4:親へのメッセージ

私の意思を信じて、大変なのに今まで色々な面で支えてくれて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもっと、今まで以上に苦労かけてしまうと思いますが、その分将来絶対恩返ししていきますと伝えたいです。

とにかく行動あるのみ!

今回は留学に反対する親をうまく説得する方法をいくつか解説しましたが、最終的に留学に反対する親を説得する最大のポイントは「話し合いの数 < 行動力」です。

行動力の示し方は人それぞれ違ってきますし、親がどんなものを求めているかによっても変わってきます。話し合いが上手くいかなくても、諦めずに留学への熱意を「行動で」伝え続けましょう!

MorrowWorldでは親を説得する時に役立つ留学に関する情報を発信しております。また、何か留学に関してご不明な点がありましたらご気軽にお問い合わせください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


kurumitakahashi
Mii
シドニー在住ライター

高校を卒業してすぐに正規留学生としてオーストラリアに来ました。日々の生活の中で見つけた発見や自分の経験の中で、オーストラリアにすでにいる方にはもちろん、これから来る方にとってもプラスになるような情報を届けていけたらと思います!
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ