留学前の英語学習の必要性とオススメの学習方法【英語コーチングイングリード】

「英語学習は海外に行ってから勉強すれば良い」「英語を勉強しに語学学校へ行くから問題ない」「海外で生活すれば嫌でも英語漬けになれる」という考えの人もいることでしょう。

しかし、現実は海外に行くだけでは英語は伸びません。理想の英語力に達成するためには、留学前の英語学習がポイントです。

本記事では、留学前にイングリードを使って英語学習をしたほうが良い理由となぜイングリードが英語学習に適しているのかを紹介します。

イングリード公式ホームページ

留学前に英語学習の必要性

留学前の英語学習がどれほどできるかが留学中の英語の上達速度が大きく異なります。ここでは留学前の英語学習の重要性についてお話します。

 

語学学校だけでは学習が足りない

オーストラリアの語学学校の授業は、週20時間の授業時間が平均です。授業は基本的に10名〜18名のグループクラスで提供されていて、スピーキングの機会がほとんどなく先生の授業を聞くという授業スタイルになる傾向があります。

自分から積極的にいろいろな人に話しかけることができる人ならすぐに外国人の友達をつくることができるかもしれませんが、そもそも英語力が低いと十分なコミュニケーションをとることができませんし、初級クラスでは日本人が多い傾向になるので日本の英会話スクールとあまり変わらない環境で英語を勉強するよう場合もあります。

 

英語はインプットしないと上達しない

語学学校では一般英語コースやテスト対策コースだけではなく発音やスピーキングに特化したコースも開講しています。しかし、英語を話すためには当然のことながら、英語の文法を理解してボキャブラリーを増やさなければなりません。

インプットをおろそかにすると幅広い分野の会話についていくことができません。逆に、日本でしっかりとインプット学習で基礎英語力を高めて海外留学をすることで留学の実践を通じて飛躍的に英語力を高めることができます。

 

現地生活に対応できる

海外で住むということは自分で携帯の契約や銀行口座の解説、住居の選定などをしなくてはなりません。エージェントを使って留学する人は携帯解約や銀行口座の解説のサポートを受けることができると思いますが、住むところを探したり、アルバイトを探したりするのは自分でしなくてはなりません。

エージェントは住居の探し方やレジュメの書き方を教えてくれますが、仕事の面接は当然ながら自分で行います。その時に中上級くらいの英語力がないとローカルのお店は採用してくれません。

語学学校で英語力をのばしてからお仕事を見つけることも良いアイディアですが、日本で英語を身に着けた人と比べると明らかにスタートダッシュが遅れます。

留学前に必要な具体的な勉強

留学前の英語学習の必要性についてお話しました。ここでは具体的にどのような学習をしたほうが良いのかを紹介します。

留学前にやっておいたほうが良い学習教科と学習方法は、リーディング、リスニング、スピーキング、文法/語彙です。

リーディング

語学学校では文法の解説も問題の説明もすべて英語で表記されています。いきなり英文を読めと言われていも、トレーニングをしていないと、単語を読むことができても、文章を100%理解することはむずかしいでしょう。

リーディングは英文法の勉強や語彙力を増やすのに適した学習方法のひとつなので、留学前に必ずやっておきましょう。

テキストや英字新聞など英語教材はたくさんありますが、自分のレベルに合う教材を選定したほうが、挫折や失敗をせずに英語学習を継続できます。

英語初心者レベルですと絵本からの学習も良いかもしれません。外で絵本を読むのが恥ずかしいと思う人は、ベーシックレベルの単語帳に掲載されている例文を読むだけでもリーディング効果が期待できるでしょう。

 

リスニング

留学前までに日常会話レベルの会話を聞き取れるようなリスニング力を身につけることができるのが理想です。留学生活ではリスニング力は自然と伸びるので、最低限の会話を聞き取れるようになることを目標に学習しましょう。

リスニング力が足りないと意思疎通ができません。おすすめする学習方法は、英語学習初心者の場合、市販で売られているCD付きの英語教材を活用するのが良いでしょう。

もう既に中級くらいのレベルの場合は、TEDなどの教材を使いリスニングをしてみてください。ただ聞くだけではなく声と同じようにシャドーイングをすると、リスニングとスピーキングを伸ばすことができます。

 

スピーキング

インプットがあればスピーキング力は直ぐに伸びる人が多い傾向にあります。しかし、たとえ文法を固めてボキャブラリーを増やしても、いきなり外国人の前で話すとなると緊張してしまい、実力を発揮できない人もいるかもしれません。

そのため、留学に行く前に”英語を話す”というトレーニングをしておいた方がいいでしょう。

 

文法・語彙

文法は英語の基盤です。話しながら英文法を覚えていくよりも英文法を始めに勉強して基礎を固めたほうが他の教科の学習がズムーズにできるでしょう。

語彙も英語学習に欠かせないので、中学英単語や自分の興味のある分野の単語をマスターしておけば、留学後も苦労せずに楽しい留学生活を過ごすことができるでしょう。

留学前に必要な英語学習をカバーできるイングリードのカリキュラム

オンライン英語コーチングイングリードとは

英語コーチングとは、従来の語学学校や英会話スクールとは異なり、主に自主学習にフォーカスを当て、英語教材選びや英語学習法、目標達成までに必要な英語学習時間など、担当のカウンセラーがオーダーメイドでカリキュラムを作成し、日々のチャットで併走するサービスです。

イングリードでは日本全国どこからでも受講可能なオンライン英語コーチングを提供していて来店などの無駄を排除し効率的に最短で英語を伸ばすサービスです。

関連記事

 

イングリード公式ホームページ

イングリードの学習内容

イングリードでは以下のような学習内容で学習します。また、一番初めのカウンセリングの時に英語学習の目的や現在の英語力、ライフサイクルなどを考慮し、一人ひとりオリジナルのカリキュラムを作成します。

【イングリードの主な学習方法】

語彙トレーニング・ディクテーション・シャドーイング・文法・瞬間英作文・音読・多読・オンライン英会話

リーディング 多読 ・多読を繰り返すことで文法や語彙を覚えるだけではなく、英文を早く読めるようになり、英文の理解度を上げていきます。
リスニング ディクテーション
シャドーイング
・様々なリスニング教材を通じでディクテーションやシャドーイングを行い、徹底的に聞くトレーニングをしてどんな発音でも対応できる力を付けていきます。
文法 文法教材 ・英語のルールとなる文法を効率的にまなんでいきます。
・文法だけではなく、語彙力の向上も期待できます。
語彙 語彙トレーニング ・リスニングベースの語彙学習教材をつかい、聞き取れる単語と使える単語を増やしていきます。
・通勤や通学などの時間を有効に使ってできるので毎日気軽の学習することができます。
スピーキング 瞬間英作文
オンライン英語レッスン
・日本語から英語の文章を瞬時に作るトレーニングを通じて頭の中の変換速度と高めていき最終的には英語脳を目指します
・1ヶ月8コマのオンライン英語レッスンも受講可能なので、外国人の前で話す練習とコミュニケーション能力を培う事ができます。

 

こんな人におすすめ

  • 確実に英語力を伸ばしたい
  • 英語学習方法がわからない
  • 独学だとモチベーションが保てない
  • 目に見える学習の成果がほしい

留学前の英語学習の必要性がわかっても、学習方法がわからなかったり、独学だとモチベーションの維持が難しく途中で勉強をやめてしまい、結局基礎のない状態で海外留学に行く人もいます。

イングリードは結果を残す学習カリキュラムを提供しており、「本気で英語を習得したい」「充実した留学生活を送りたい」とお考えの人にピッタリの学習サービスだと言えるでしょう。

 

イングリードのここがおすすめ!

イングリードは学習カリキュラムだけではなく、モチベーションを維持したまま英語学習ができるサポートも提供しています。

【イングリードの学習サポート】

  • 毎週行うウィークリーテストで自分の成長を確認できる
  • 自分の弱点を補い総合的な英語力を高める
  • 毎日専属コーチと学習進捗の共有でモチベーションUP
  • 留学前に英語学習方法を身につけることができる

毎週行うウィークリーテストで自分の成長を確認できる

イングリードでは毎週行われるウィークリーチェックテストと毎月行うプログレステストで自分の成長を数値として知ることができます。

独学では自分がどの程度英語力が向上しているのかを把握することは難しいですが、可視化できることにより自身に繋がります。

弱点を補い総合的な英語力を高める

チェックテストの結果を数値化することで、自分の苦手分野を知ることができます。テストの結果をもとに専属のコーチが学習プランを変更するので、総合的な英語力を高めていきます。

毎日専属コーチと学習進捗の共有でモチベーションUP

英語学習を毎日行っていても停滞期が訪れるかもしれません。しかしそんな時でも専属の英語コーチが鼓舞してくれたり学習のアドバイスをしてくれるので、辛い時でも頑張り抜くことができるでしょう。

留学前に英語学習方法を身につけることができる

そもそも英語学習方法がわからない人は留学をしても英語の定着率が低いでしょう。イングリードでは効率的な学習方法を継続することによって、英語の勉強方法と勉強をする習慣を身につけることができます。

そのため、留学先でも勉強を続けることができ、留学に行く予定がない人も日本にいながら英語を習得することが期待できます。

まとめ

英語学習は渡航後からではなく、渡航前にどれだけ頑張れるかで留学生活が変わってきます。しかし、英語学習を一人で行うことは簡単なことではありません。

しかし、イングリードでは、独学での英語学習のデメリットをカバーできる学習カリキュラムがあります。英語学習は今から始めることができます。イングリードで英語学習のスタートラインをきりませんか?

イングリード公式ホームページ

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


yue
yue
ウェブライター

前職は警察官で、退職後に昔から海外に憧れていたこともあり、オーストラリアでIT留学をしました。現在は留学サポートMorrow Worldのフィリピン支部にて学生の現地サポートから、留学の魅力をwebを通じて発信しています!皆様も留学で自分の可能性を広めませんか?
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ