ニュース

オーストラリア森林火災の復興工事でセカンドビザ取得可能【ワーホリ必見】

シドニー時間2月17日、オーストラリア政府は、今回の森林火災の影響で被害にあった地域での復興工事も、ワーキングホリデーセカンドビザの申請条件の一つとして改定しました。

【ワーキングホリデー】セカンドビザ・サードビザ申請条件の改定事項

シドニー時間2020年2月17日、オーストラリア政府は、従来なら、指定職種はファームでの作業がメインでしたが、今回の森林火災の影響を受け、被災地での復興作業に従事したものも、セカンドビザ・サードビザの申請条件の1つを満たすと発表しました。

 

復興工事に従事したワーホリの特典

  • 3ヶ月間復興工事をしたらセカンドビザ・サードビザ取得のための条件を満たすことができる
  • 復興工事中の同じ雇用主のもとで最長1年間の労働をすることができる
  • また既にセカンドビザで滞在している人は、復興工事を6ヶ月間従事したものは、サードビザを申請することができる

森林火災の影響で被害を受けた地域の工事をお手伝いした方も、ファームでの就労と堂々とみなされます。

 

被災地支援ができる労働の主な内容

・住宅の敷地のフェンス、農場などの再建作業
・被災した敷地内の解体作業
・被災地の障害物撤去
・道路や鉄道、ダムの復興工事 など

被災地で従事できる作業は、建設関係や土木関係の作業がメインになっています。建設現場をよく知る人には、その経験を良いかせることができます。また、経験がなくても、体力には自身があるという方もぜひチャレンジしてみてください。

参考リンク

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


yue
yue
ウェブライター

前職は警察官で、退職後に昔から海外に憧れていたこともあり、オーストラリアでIT留学をしました。現在は留学サポートMorrow Worldのフィリピン支部にて学生の現地サポートから、留学の魅力をwebを通じて発信しています!皆様も留学で自分の可能性を広めませんか?
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ