オーストラリア留学の学生ビザ申請で必要なGTEのポイント

オーストラリア留学で学生ビザを申請する際に、GTE(Genuine Temporary Entrant)という作文の提出が必要となります。

オーストラリアの移民局がGTEをみて、正当な目的でオーストラリアに滞在するのかどうかを判断します。GTEできちんと滞在目的を証明できないとビザがおりないので、学生ビザを申請する際に非常に大切な書類の一つです。

ここでは、そのGTEを作成する上で抑えておきたいポイント、書き方を紹介します。

GTEとは

GETとは、Genuine Temporary Entrantの頭文字をとった略語です。オーストラリア留学で、学生ビザを申請する時に提出するものです。このGTEは、オーストラリアに住むことが目的ではなく、学生ビザとして正当な理由があることを証明するための作文みたいなものです。

このGTE審査で、オーストラリアに学生ビザで一時的な滞在をすることを明確に証明できないと、ビザがおりないので、しっかりポイントを抑えて英文で書く必要があります。

Genuine Temporary Entrant (GTE)審査基準

GTEは英文で作成します。作成にあたり、一番大切なキーポイントは、Temprorary(一時的)です。

いかに今回の滞在が一時的かを証明できるかがポイントになります。それを証明する文章や証明できる書類を準備します。

オーストラリア移民局公式サイトは明確にGTE基準については書いてないですが、Minisetrial Direction 69によると、以下のような要件が示されています。

aussie
a. the applicant’s circumstances; and
b. the applicant’s immigration history; and
c. if the applicant is a minor — the intentions of a parent, legal guardian or spouse of
the applicant; and
d. any other relevant matter
【上記の内容】
  • 申請者の状況
  • 過去の渡航歴
  • 18歳未満の場合は、保護者の目的
  • その他関連事項

Genuine Temporary Entrant (GTE)に記載する時に抑えておきたいポイント

GTEは基本的に、英文で2000文字以内で書く必要があります。GTEを作成する上で、GTEの審査基準に加えて抑えておきたいポイントがあるので、オーストラリアの移民局のウェブサイトより紹介します。

  1. これまでの学歴・職歴
  2. 学歴や職歴にギャップがある場合、それは何故かの説明
  3. 現在の職歴
  4. オーストラリアで学ぶ理由
  5. 入学予定の学校を選んだ理由
  6. 母国とのつながりや関係性
  7. 受講するコースと、申請者の将来がどう関係/影響するのか
  8. 入学予定のコース修了後のプラン

1. これまでの学歴・職歴

これまでの自分の学歴・専攻と、これから受講するコースとの関係性。

 

2. 学歴や職歴にギャップがある場合、それは何故かの説明

関連がない場合は、なぜ進路変更をしたのか?

 

3. 現在の職歴

現在の職業について。

 

4. オーストラリアで学ぶ理由

なぜ、オーストラリアで、その分野を勉強したいのか? その分野は、日本では受講できるのか? など、オーストララリアで勉強したい理由を明確に説明しましょう。

 

5. 入学予定の学校を選んだ理由

なぜ、その学校を選んだのか、学校の特色を踏まえて学校の選定理由を書きましょう。

 

6. 母国とのつながりや関係性

両親はどのような仕事に就いているのか?自分の日本での職歴。現在働いている場合は、日本帰国後にその職業に戻ることは可能か?

 

7. 受講するコースと、申請者の将来がどう関係/影響するのか

コース終了後の就職状況や、日本や他の国での就職はすでに決まっているのか?

 

8. 入学予定のコース修了後のプラン

コース修了後は、日本へ帰国し受講予定のコースを活かした仕事を就くなど、コース修了後は、帰国することを書く。

 

 ポイントのまとめ

・学生ビザ申請は、「オーストラリアに移住の目的としない」ことを証明する必要がある。
・しっかり根拠に基づいてなぜオーストラリアがいいのかを書く。
・2000文字以内で英語で記載する。
・英語に自信がない場合は、日本語で作成し、翻訳業者に依頼して、英文翻訳されたものと一緒に提出することも可能。

  まとめ

GTEについてと、書くときのポイントについて紹介しました。GTEを作成するときのポイントは、オーストラリアには、一時的に滞在することをしっかり伝える必要があります。

また、オーストラリア留学ワールドでは、GTE作成のサポートもしています。ご質問がある方はお気軽にご連絡くださいませ。

 

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。