Cover Letter (カバーレター)とは

Cover letter (カバーレター)とはResume (レジュメ)に添える手紙のことです。

Resume (レジュメ) について詳しい情報はこちらへ!

手紙を通して自己アピール、また企業への関心や仕事に必要なスキルが自分にあることを伝えます。

良いcover letterを書くことで自分に興味を持ってもらい、面接まで進める確率をあげましょう。

Cover Letter (カバーレター)の書き方・ルール

手短な自己紹介と手紙を書く意図や応募する仕事に関連するスキルや資格、経験、また応募する仕事に関連する実例を述べることが大切です。

Cover Letter (カバーレター)の書き方

カバーレターの書き方は人や国によって異なります。

オーストラリアの求人サイトSEEK-  ‘Cover letters – The Good and the bad‘ にカバーレターの良い例と悪い例が登載されています。

悪いカバーレターのサンプル

出典;SEEK から翻訳

悪いカバーレターのポイント

① 連絡情報は全て記載

連絡情報の項目に名前と住所のみ記載されています。

この場合、企業は応募者に問い合わせずらくなります。

② 宛先は採用担当の名前を記載

悪いサンプルとして宛名に”To Whom It May Concern”と記載されています。

“To Whom It May Concern” にしていると、企業のことをあまり調べていないと思われます。

③ 応募する職に関する情報のみ記載

応募する職に関連しない情報が記載されています。

どうでもいい情報の記載は避けるのが大事です。

④ 応募先の企業情報に関して詳しくないとは絶対に記載しない

カバーレターには決してネガティブなことは記載しないようにします。

応募や、面接の事前に応募する企業や職種、業界について調べ、情報を多く得ておくのが大事です。

⑤ タイプミスや誤字に注意する

海外ではカバーレターやレジュメを通して応募者のライティングスキルなどをチェックします。

なので必ず何度も読み直しましょう。スペルや文法を最終的にネイティヴの方に添削してもらうことが大事です。

良いカバーレターのサンプル

出典;SEEK から翻訳

 

良いカバーレターのポイント

① 個人情報

個人情報はわかりやすさ問い合わせやすさを重視します。

以下の情報を必ず記載するのが大事です。

  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 住所

② 宛名

宛名は必ず採用担当者の名前を記載することが大事です。

③ 自己アピール

企業が自分を採用するメリットをはっきりと記載する。

しかし自分はなぜ応募先の企業、もしくは応募するポジションに役立つかという説明はここでは詳しく書きすぎなくてもいいです。

それは下記の【④ 重要な自分の実績や経験などを記載する】の欄に記載します。

④ 重要な自分の実績や経験などを記載する

この項目は自己アピールを書いたあと、段落をあけて説明をするのが大切です。

自分が応募先の企業、もしくは応募するポジションにいかに役立つかというアピールをします。

⑤ 応募する職種に関連しているスキルを記載する

関連しているスキルを記載することによって、自分がどう企業に貢献できるかをアピールする。

⑥ 応募動機や自分が応募企業への興味・魅力を記載する

応募動機などを記載し、自分がいかに応募企業のことを知っているか、調べているかをアピールする。

自分が何故ここで働きたいのか、応募企業への興味・魅力を記載し、自分の熱意を伝えます。

⑦ A call to action (CTA)

A call to action は日本語でいう「コールトゥアクション・行動喚起」です。

つまり人事担当者にむけて「ぜひ面接をセッティングして下さい。」というアピールをします。

まずカバーレターに目を通していただいたことに対するお礼を伝えます。

そして面接の機会を設けてもらえるようにお願いをする内容を記載をし、カバーレターを締めくくります。

Cover Letter (カバーレター)のルール

Cover Letter (カバーレター)の形式と様式

  • フォント:Times New Roman, Arial
  • フォントサイズ: 10 – 12

Cover Letter (カバーレター)作成時に心がけること

カバーレターは今後雇用者となりうる方との最初の接点とも言えます。

たくさんの応募者の中から、いかに自分に興味を持ってもらえるかが重要となります。

カバーレターを作成する際、手紙を自分に集中を向けず、応募する企業に向けます。

そして自分がどうやって企業に良い変化をもたらすことができるかを伝えることが重要です。

Cover Letter (カバーレター)作成時のコツ

良いカバーレターを書くためのコツ:

  1. 10秒で読めるよう、なるべく短く
  2. 一つ目の文で関心を持たせる
  3. 応募先で求められているスキルの2つか3つを持ってることを見せる
  4. 宛名は採用担当者の名前を記入
  5. 企業の雰囲気に口調を合わす

1. Cover Letter は10秒で読めるよう、なるべく短く

カバーレターは3パラグラフに収めるのが理想的です。長くても5です。

採用担当者はもらった手紙を10秒もしくはそれ以下で読み通そうとします。そのため簡潔な手紙を求めてきます。

2. 一つめの文で関心を持たせる

心を掴むような文から手紙を書きます。”xxのポジションへ応募したい・・・”などと丁寧に明らかなことを書く必要はないです。

3. 応募先で求められているスキルの2、3つを持ってることを見せる

応募先の仕事内容をよく読み、企業が候補者から求めているスキルの2、3つをピックします。

カバーレターを使い、自分にはそれらのスキルがあることを実例を使い示します。

実例を述べる際は、それらのスキルをいつどのように使ったかを明確に示します。

4. 宛名は採用担当者の名前を記入

日本ではオンラインやメールで履歴書を提出する際は、宛先を担当者に向けます。

海外の場合、宛先の名前が不明の場合は”To Whom It May Concern” という表現を使用しますが、今の時代こちらはあまり好まれないです。

今の時代はネットで採用担当者の名前など企業の情報は簡単に調べることができます。

宛先をちゃんと名前にすることによって、採用担当者に企業について調べたんだなと好印象を与えます。

5. 企業の雰囲気に口調を合わす

企業によって雰囲気は全く異なってきます。

フォーマルな雰囲気の場合は口調などを丁寧言葉にします。

そうでない場合は、面白い自由なカバーレターを書いても大丈夫です。

Cover Letter (カバーレター)作成時の注意点

カバーレターを書く上で正確な文法とスペリングは大切です。

タイプミスや文章の間違え、誤字などのミスは印象が悪くなり、採用候補から外される可能性があります。

なので何度も何度も校正が必要です。また、英語を母国語とする方に訂正や添削をお願いした方がいいです。

関連記事

LINK>> Resume (レジュメ)

LINK>> 仕事探し

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。