オーストラリアで銀行口座を開設するために必要なこと

オーストラリアで就労をお考えの方は、オーストラリアで銀行口座を作っていただく必要があります。オーストラリアには、どのような銀行があるのか、それぞれの特徴と、口座の開設の仕方を解説します。

オーストラリアで講座を作る必要性

お給料が振り込まれる

オーストラリアで、お仕事をされる場合、キャッシュジョブを除いては、お給料は銀行へ振り込まれます。その為、オーストラリアでお仕事をされる予定の方は、銀行カードを作ることをオススメします。また、キャッシュジョブの方でも、現金を持ち歩くのに不安がある方は、銀行にお金を預ける為にも、オーストラリアの口座があった方が、お金の管理がしやすくなります。

 

銀行カードをデビットカード として使えるようになる

オーストラリアの銀行カードには、デビット機能がついています。デビット機能とは、支払い時にクレジットカードと同様に、現金を使わずカードで支払うこと可能となります。ただし、クレジットカードとは違い、カードを機会に当てるだけでお支払いができ、支払った時点で、銀行口座から、お金が引き落とされます。なので、口座にお金がないとデビット機能を使う事ができません。

普通口座と、インターネットバンク口座があります。デビットカードで支払い時は、普通口座から、インターネットバンク口座に使う分だけお金をトランスファーして、お支払いする事ができます。口座が分かれていることにより、万が一、銀行カードを紛失しても、普通口座にあるお金を他の人に使われる心配はありません。

普通口座 お金を引き落としたり、預けたりするときに使う口座
インターネットバンク口座 デビットカードとして使えるお金を預ける口座

 

ATMやお店で現金を引き出せるようになる

オーストラリアの銀行カードをお持ちの方は、ATMで自由にお金を引き出したり、預ける事ができます。口座を維持する為に、毎月口座維持費を払う銀行もありますが、手数料は基本的にかかりませんので、お金を節約する事ができます。

指定されたATMでのみ手数料がかかりません。

オーストラリアにある4つの大手の銀行

オーストラリアで口座を作るなら、マイナーな銀行を選ぶよりは、オーストラリア国内に、支店やATMがある銀行を選ぶことをオススメします。

オーストラリアにある4大銀行は、以下と通りです。

  • Australia New Zealand Bank(ANZ銀行)
  • Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)
  • Westpac Bank(ウェストパック銀行)
  • National Australia Bank(NAB銀行)

それぞれの銀行の特徴を解説します。

 

Australia New Zealand Bank(ANZ銀行)

ANZ銀行(オーストラリア・ニュージーランド銀行)はオーストラリアとニュージーランドを中心に業務を展開しています。また、2カ国に限らず世界30以上の国と地域に支店があります。

オーストラリアにも、日本語を話すスタッフが常勤する支点もあり、多くの日本人の留学生、ワーホリの方に利用されています。

「ANZ」の略称で知られる、青いロゴのオーストラリア・ニュージーランド銀行。東京、名古屋、大阪にも支店があります。日本語て対応してる支店もあります。

口座維持費 $5
(学生、25歳以下は$0)
ATM数 2,600以上
支店数 1,000
デビットカード VISA

ANZのページはこちら

 

Commonwealth Bank(コモンウェルス銀行)

コモンウェルス銀行は元々は政府銀行として運営されていましたが、、1991年に民営化に変わりました。オンライン上で口座を開設する事ができます。ただし、オーストラリア国外からオンライン申請する場合は、入国予定日から3ヵ月以内でないと申請することができません。

口座維持費 $4
ATM数 4,000以上
支店数 1,000
デビットカード Master

Commonwealth Bankのページはこちら

 

Westpac Bank(ウェストパック銀行)

ウエストパック銀行はオーストラリアで最も長い歴史を持つ銀行でオーストラリア国内で2番目に大きな銀行となります。

口座維持費 $5
(学生は$0)
ATM数 5,000以上
支店数 1,000
デビットカード Master

Westpac Bankのページはこちら

 

National Australia Bank(NAB銀行)

真っ赤な「W」のマークが目印のウェストパック銀行。オーストラリアで最も歴史ある銀行です。National Australia Bank(NAB)の最大の特徴は、学生に限らず誰でも普通預金口座の口座維持手数料がかからないため人気のある銀行です。

口座維持費 $0
ATM数 3,400以上
支店数 900
デビットカード VISA

National Australia Bankのページはこちら

 

銀行の営業時間とATMの利用可能時間

オーストラリアの銀行の営業時間をまとめました。全ての銀行では、営業時間を変更している可能性もございます。お近くの銀行の営業時間を把握されることをオススメします。

ATMは24時間利用する事が可能ですが、稀に、カードが機械に吸い込まれてしまったなどといったトラブルがおきますので、ATMをご利用される際は、銀行に設置されているATMを使った方が、いざという時、店員さんに対応してもらえます。

月曜日~木曜日 9:30~16:00
金曜日 9:30~17:00
土曜日 9:00~12:00
日曜日、祝日 休業
ATM 24時間365日営業

口座開設に必要な物

口座開設に必要な物をお話ます。もし、オーストラリアで渡航されてから、6週間以内であれば、以下の3点のみあれば口座開設する事がでいます。

  • パスポート
  • 預けるお金(数十ドル)
  • 住所
  • 電話番号

もし、渡航されてから6週間以上経過されている場合は、上記の4点の他に、クレジットカードや、運転免許証といった身分証が必要なるので、渡航後は、できるだけ早く口座開設されるようお願いします。

銀行口座開設方法

実際にどのように銀行口座を開設するのかをお話しします。

 

1. 支店へ行く

支店へ行くと、スタッフが、用件は何なのかを聞いてきてくれるので、「銀行口座を作りたい」と伝えてください。

その後、窓口へ案内され、”これまでに他の支店で口座を作った事があるか”と”口座の種類”を聞かれます。口座の種類は、Saving Account(普通口座)を作りたいと伝えましょう。

その後、氏名や、住所、電話番号などの必要事項を用紙に記入していただきます。

この日に、インターネットバンキング用のパスワードもらえます。オーストラリアには、通帳がありません。なので、残高の確認などは、全てインターネット上で行います。パスワードは、なくさずに保管するか、手帳や、携帯のメモに記録しておくのもいいかもしれません。

 

2. カードを受け取る

窓口での手続きから2週間以内にカードが発行されます。カードの受け取り方法は①窓口まで取りに行く、②自宅に郵送されるのいずれかになります。

もし電話連絡がない場合なども、2週間後に窓口に行ってみれば届いていることもあります。そのため、口座開設の申し込みは「最寄りの支店」が便利です。

銀行口座の種類

オーストラリアの口座の種類について解説します。ATMを利用する際に、知っておくと便利です。

 

普通口座(Saving Account)

お給料でもらったお金を普通口座に振り込まれます。なので、ATMでお金を引き下ろす際は、Saving Accountのボタンを押して、金額を設定すれば、お金を引き落とす事ができます。また、普通口座は、ATMで24時間引き出しする事が可能なので、必要なときにお金を引き下ろすことができるので便利です。

 

定期預金口座(Term Deposit)

オーストラリアの金利は日本より高い場合もあります。その為、2〜3年と長期でオーストラリアに滞在する方は、定期預金口座にお金を預けた方が、金利分お得になります。留学生で利用する方はほとんといないです。

 

当座預金口座(Cheque Account)

自分の小切手が使えるようになり、それで支払いができるようになる口座です。ワーホリの方や留学生は、この口座を利用することはありません。

まとめ

オーストラリアの銀行についてまとめました。オーストラリアで就労をお考えの方は、銀行口座が必要となります。そして、銀行口座を作るなら、大手の銀行をオススメします。また、渡航してから6週間以内に口座を開設されるようお願いいます。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。