【オーストラリア看護有給インターンシップ】ワーホリ向けプログラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア・シドニーでの「看護有給インターンシッププログラム(ワーホリ向け)」をご紹介します。英語学習と併せて、看護有給インターンシップに参加できるワーホリ向けのプログラムです。インターンシップ修了後には国内外での就職に役立つ修了証も発行されます。日本からオーストラリアでのワーホリを考えている方や、オーストラリアでインターンシップを経験したい方、今後のキャリアに悩んでいる方は必見です!

看護有給インターンシップ(ワーホリ向け)について

アシスタントナースやナースを目指す方に最適なワーホリ向けの看護有給インターンシッププログラム。15週間という短期でオーストラリアの医療福祉分野の講義と実習後、実際の現場での有給アシスタントナースとして働ける機会が提供されます。
資格保有者が非常に重視されるオーストラリアの地で、しっかりと働くチャンスを得たい方におすすめです。日本で看護経験や介護経験がなくても大丈夫。資格取得をして、その後学校が手配してくれる有給インターンシップとして高時給で現場で働くことが可能です。

15週間という短期間でアシスタントナースの資格取得

同校では基本的に学生ビザ向けの授業を開講していますが、新たにスタートしたワーホリ向け看護有給インターンシッププログラムです。これは日本で看護師、介護士の経験がある方にぴったりのプログラムです。もちろん未経験の方も大歓迎です。通常1年間が必要とされるCertificate III Individual Supportコースがワーホリ向けに15週間へアレンジされ、サポートとして英語コースも組み合わせられました。ナーシングホームなどでの週1回の実習がコース内に120時間含まれており、このコース修了後、有給のアシスタントナースとして最大37週間(約9ヵ月)働くことができます。

現場での経験も踏める週1回の実習は、15週間のコース内で120時間の実習を伴います。これはミニマムでサーティフィケート(資格)が取れる基準になります。またこのCertificateⅢ Individual Supportは、アシスタントナースとして現場で働けるサーティフィケートのことです。

高時給が得られる上にオーストラリアの医療現場を学べる

コース修了後、提携先のナーシングホームなどへの紹介があります。その中でも日本で看護師や介護士経験のある方、英語力のある方へは紹介がしやすく、特に未経験の方は英語力アップのための勉強は欠かせません。

時給に関しては、最低でも18〜20ドルが受け取れると考えていいでしょう。ただし、インターンシップで就くことのできるポジションはご自身の英語力や、過去の経験・スキルに基づいて設定されるため、人それぞれ異なります。
また、ワーホリビザ期間内は職場の紹介サポートがありますので、多い方で最大2箇所(ワーホリは1雇用主につき最大6カ月就労可能)でのお仕事が可能です。

プログラム概要

対象者 ワーホリビザ、18歳以上、IELTS4.5以上またはオリジナル英語テストに合格
プログラム受講条件  英語コース修了後に中上級レベルの英語力
受講期間 英語&看護介護コース15週間 + 有給インターンシップ最大9カ月
レッスンスケジュール
(有給実習を除く)
英語:月・火曜2:30PM-8PM、水曜 8:30AM-2PM
看護介護:金曜 10AM-2PM
実習:木曜8AM-4PM
入学日  毎週月曜日(ホリデー期間を除く)
プログラム費用  6,000ドル(学校費用含む)

 

その他インターンシップ・プログラムの詳細に関してはこちら

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Kaori
Kaori
留学カウンセラー

大学卒業後、大手ファッションアパレル会社に勤務。都内の店舗に勤務時、海外からの顧客が多かったことから勉強を始めた英会話がきっかけとなり、大学時代に叶わなかった海外生活を実現。オーストラリアではメディア会社での編集業務を経て、現職に。
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ