シドニーゾンビウォークに行ってきました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、ハロウィーンはどのように過ごしましたか?
私はシドニーで毎年行われているシドニーゾンビウォークというイベントに参加してきました。今回はシドニーゾンビウォークとはどのようなイベントなのか、当日の様子、会場で購入したものを写真付きで紹介します。

シドニーゾンビウォークについて

  • 日程:2018年10月27日(土)
  • 場所:St Mary’s CathedralからHyde Park付近
  • チケット:10ドル、様々な特典付きのVIPチケットは55ドル
  • 時間:11:00~17:00
  • 最寄り駅:タウンホール駅
  • 公式サイトSydney Zombie Walk

年に一度行われているこのイベントはゾンビの姿をして街を歩く事が主な内容です。2009年に始まり、今年で9年目になります。ニュータウンやジョージストリート、マッコーリストリート、ピットストリートやオペラハウス付近でもかつては開催されていました。
何とこちらの参加費は脳科学の研究に寄付されます。
詳しくはこちら→Brain Foundation
ハロウィーンのイベントに参加すると自動的に脳科学の研究に寄付されるなんて凄いですよね!

当日の様子

まずはゾンビの準備から!

このような姿で当日は参加しました!持ってたズボンを血染めし、既製品の血だらけの白いニーソックス、上は当日にVIPチケット保持者が貰えるイベントTシャツを着る予定の為インナーにアレンジは特にしていません。


前日に購入したものは左上からカラーパレット(4ドル)、血染めをしてある白いニーソックス(6ドル)、カラーコンタクト(29.50ドル)、銃弾(2ドル)、釘(2.50ドル)、傷跡に虫(2.50ドル)が群がっているタトゥーシール、そして血糊(3.50ドル)です。

因みに購入したお店はSydney Zombie WalkのオーガナイザーでもあるこちらのThe Party People Shop様です。私はシドニーに来てこういった物を何処で購入すればいいか解らなかったのですが、タウンホール駅の近くで10月下旬からハロウィーンの仮装をした店員さんがお店の看板を持っていてここのお店を見つけました。なので日本から何かを持ってこなくても大丈夫です!

私のカラーコンタクトはBlood Eyesタイプで、様々な種類が売られていました。店頭で販売されているカラーコンタクトに度は入っていません。

カラーパレットや血糊で顔を染め、持っていた青いアイシャドウでリアリティを出して完成です!カラコンも発色がよく、当日は受け取ったイベントTシャツの裾を破り、シドニー内を歩き楽しみました!

会場は…

参加するゾンビの集合場所は午後2時15分にSt Mary’s Cathederalに集合となっており時間厳守です。

会場内にはホットドックやジュースなどのフードトラック、イベントグッズ販売所、アーティストによってゾンビになれる本格メイクゾーンがあるため、身一つでも臨めます!

スポンサーであるChobani様がこのようなハロウィーン仕様のフリーサンプルを配っている楽しい会場となっていました。左は飲むヨーグルトで右側はヨーグルトにチョコレートスナックがついていてチョコレートスナックに付けてヨーグルトを楽しめます!

目の前には教会がありますが、このように柵が設置されており、イベント来場者とSt Mary’s Cathederalに訪れる観光客との区別がされていました。

VIPチケットについて

私が購入したのは55ドルのVIPチケット!
何とこちらのチケットにはイベントTシャツ、飲める偽輸血パック、キャンディーの3つ、アフターパーティーへの参加、そして参加照明のリストバンドをもらう際やフードトラックの列をスキップ出来るという特典付きでした。
血染めや破ったり出来る手持ちの服が無く、時間も無かったためTシャツは購入予定+ゾンビの恰好に相応しい道具を持ち合わせていなかったため偽物の輸血パックがほしく、合計すると55ドルを超えるためそのためVIPチケットを購入しました!

早速ゾンビウォーク開始!

St Mary’s CathederalからHyde Park内を通り、再びSt Mary’s Cathederalに戻って来るコースで大体20分ほどの歩きます。このように歩道を歩き始めるとカメラを向けられますのでゾンビらしく振る舞わなければなりません。

このイベントはシドニー市内がサポートを行っているためゾンビの為の交通止めがあり、ゾンビは警察官の後ろについていきます。とてもシュールな光景らしいです。

私は歩きながら歩道にいる子供達にハリボーグミを配りました!

このような感じでHyde Parkに沢山のゾンビが集まっていました!このイベントを知らない観光客の人も沢山いて写真を求められたり幼い子と一緒に写真を撮ったりして楽しかったのです。

まとめ

ハロウィーン当日には用事があったため、10月31日にはハロウィーン関連の事はしませんでしたが、ハロウィーンにまつわる当日でなくともハロウィーン関連のイベントはバーなどでも開催されています。当日ではなくとも、オーストラリアでのハロウィーンイベントに行ってみてはいかがですか?

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


MIYUU
MIYUU
シドニー在住ライター兼コスプレイヤー

アニメや古典芸能などの日本文化にゾッコンな23歳。在学中に世界中から人々が集まる日本文化イベントで学生通訳ボランティアを経験。現在はオーストラリア人の友人と一緒に住みながらオージー生活を満喫中。目標は日本文化を世界中に伝えることです!
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ