オーストラリアでのパスポート更新の方法!シドニーで実際に更新してきました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん海外でパスポートをどのように更新するかご存じでしょうか? 海外に滞在するために必須となるパスポート。重要な手続きに関しては日本で済ませておきたいところ。

今回は、海外でやむを得なくパスポートを更新しなくてはいけない方のために、オーストラリアでのパスポートの更新方法をご紹介します。また、シドニーで実際にパスポートを更新してみた私の体験から、どんな手続きが必要になるかや必要なものの準備も合わせて詳しくご説明いたします。

パスポート更新は首都でしかできない!?

パスポートを更新するとなると、その国の首都に行かなければいけないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか? オーストラリアでのパスポート更新には、必ずしも首都のキャンベラに行かなくてもいいんです! オーストラリアには、大きな都市に日本領事館があるのでそこで更新可能です。日本領事館は、シドニーはもちろん、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、パースにあります。

私のパスポート更新体験

私の場合は、シドニー滞在中に既存のパスポートが切れるおそれがあったので、日本にいる間にパスポートを更新しようと思ったところ、有効期限が1年以上残っていたことや、留学手続きのために既存のパスポートの情報をすぐに使わなくてはいけないこともあり、シドニー滞在中にパスポートの更新をすることにしました。

オーストラリア国内でパスポートを更新できる条件としては、「本拠地に変更がなく、有効期限が1年未満になっていること」、「ビザ欄の余白がなくなってしまったこと」が挙げられます。

更新期間については、私はパスポートの期限が切れる1ヶ月前に更新しに行きました。提出書類に不備がある場合、更新自体に時間がかかってしまうのでなるべく早めに更新手続きを始めることをお勧めします。更新申請をしてからは、1週間後から受け取りが可能です。受け取りができるようになってからは6ヶ月以内に受け取りに行ってください。

更新に必要なもの

パスポートの更新に必要なものは、日本でパスポートを申請するときに用意するものとあまり変わりはありません。

  • 在留届
  • 申請書
  • 縦4.5㎝×横3.5㎝のパスポート用顔写真
  • 既存のパスポート
  • ビザの証明書
  • 申請費用(5年: 134豪ドル 10年: 195豪ドル)※現金支払いのみ、受け取り時にお支払い

私は、オーストラリアに来る前に、本籍地の住所の確認をし、新しいパスポートに使用する顔写真もあらかじめ撮っておきました。顔写真に関しては、オーストラリア全土のPost Officeで用意できるので心配は要らないと思います。

申請書は日本領事館にあるので、日本から持って行く必要はありません。書類の記入自体にはたいして時間はかかりません。そして記入例もあり説明も記載されているので領事館で直接申請書に記入しましょう。

戸籍謄本に関して

戸籍謄本に関しては、在留届を提出していて、かつ申請書に本籍地の住所を最後まで正確に記入できるのであれば、必要ありません。日本からの新たな書類など、特に必要なものはありませんのでご安心を。

在留届に関して

在留届の提出は、パスポート更新する人、しない人に関わらず、必ずしておきましょう。パスポートを更新する人に関しては、在留届を提出しないと更新ができない可能性があるので気をつけてください。日本領事館への在留届の提出は、オンライン上でできるので簡単です。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html

シドニー日本領事館について

住所:Level 12, 1 O’Connell Street Sydney NSW 2000 Australia
パスポート申請受付時間:午前9:30 – 午後0:00、午後2:00 – 午後4:00
パスポート・証明の交付時間:午前9:30 – 午後0:30、午後2:00 – 午後4:30
電話番号:+61-2-9250-1000
公式ホームページhttps://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/index_j.htm

在シドニー日本領事館は、オペラハウスやハーバーブリッジで有名なサーキュラーキー駅の近くにあります。サーキュラーキー駅からは徒歩で5分くらいで行けます。土日や祝日は営業していません。その他休館日などは、公式ホームページを確認してください。

12階に上がり部屋の前に来ると、セキュリティチェックがあります。空港でやる、ベルトコンベアに荷物を置いて危険な物を持ち込んでないかのX線検査です。ここで携帯電話の電源を切るように言われます。

部屋の中では、日本人の職員が対応をしていますし、来館する人も日本人が多いので、日本に帰ったような懐かしい気分になりました。窓口が4つほどあって、番号が呼ばれたら指定された窓口に向かいます。

申請に必要な書類や写真を提出したら、確認のために少し時間がかかります。不備が無かった場合は、いつ頃から受け取り可能なのか、受取時に申請費用を持参してくるように言われます。ここで、既存のパスポートは次回の受取時まで領事館に保管されることになるので、パスポートが必要になる用事がある際には注意してください。

その後1週間経って、新しいパスポートを受け取りに行きます。受け取り場所は申請場所と同じです。申請費用と、申請時にもらったレシートも一緒に持って行きます。パスポート情報に不備が無いことを確認したら、既存のパスポートと新しいパスポートをもらうことができます。

更新後も忘れてはいけない! イミアカウントで新しいパスポート情報をアップデート

最後に忘れてはいけないのは、オーストラリアのイミアカウントのパスポート情報のアップデートです。これは、日本領事館に届けるものではなく、オーストラリア政府に提出したビザ情報を届けるために使用したイミアカウントを使用します。こちらもオンラインでアップデート可能です。

対象となるのは主に留学生では

  • ワーキングホリデービザ
  • 学生ビザ

の方です。

イミアカウントにログインしたら、Update detailsからChange of passport detailsに入って、新しい情報を入力します。すべてできたら、オーストラリア政府からの確認メールが届きます。アップデートまでに1日から2日かかるので、何日か経ったらきちんと情報がアップデートされているか確認してみてください。

まとめ

さて、皆さんパスポート更新の流れはどうだったでしょうか。海外での更新ということもあり、心配なことも多いし、リスクも多いと思います。できるならば、日本で済ませてしまいましょう。

ちなみに。。。皆さんは日本で発行したパスポートと海外で発行したパスポートに違いがあるのをご存じでしょうか?日本で発行したパスポートの発行官庁(Authority)は、Ministry of Foreign Affairsなのですが、海外で発行したものはここがConsulate-General of Japan in ~になります。私の場合はここがシドニーになっています。また、旅券番号(Passport No.)に含まれているアルファベット2文字。海外で発行されたものにはZが含まれていることで確認できるそうです。

皆さんも海外でパスポートを更新することがあれば、是非参考にしてみてください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。

この記事を書いた人


Yuina
Yuina
シドニー在住 ライター

現在UTSに交換留学中の大学3年生。海外ドラマや外国文化にあこがれ、シドニー留学を決意。 趣味はカフェ、ビーチ巡り、コスメ集め。英語と韓国語の勉強に奮闘中。シドニーでのオージーライフ、食と自然の魅力をお伝えします!
まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ