メルボルンの都市情報

メルボルンはビクトリア(VIC)州の州都であり、国内ではシドニーに次ぐオーストラリア第2位の都市です。「世界で最も住みやすい都市ランキング」で7年連続1位を獲得しており、落ち着いた英国風な街並みが特徴です。

メルボルンの歴史と名前の由来

現在のメルボルンにあたるポート・フィリップは1802年にジョン・マレーによって発見され、1803年にチャールズ・グリムズによってヤラ川の河口が発見されました。1830年代にはタスマニアの入植者たちが居住地や放牧地を求めてメルボルンに移住し、遊牧の中心地となりました。

メルボルン地域にはもともとクリンという先住民族が住んでいましたが、ヨーロッパからの移民により持ち込まれた病気などにより、1870年代までに滅びてしまいました。

1836年に同エリアはニューサウスウェルズ(NSW)植民地のポート・フィリップ地域の行政中心地になり、1837年に英国首相メルバーン卿にちなんで、正式にメルボルンと名付けられました。現在でも英国のカラーが強く残る地域で、ビクトリア女王時代の建築物が、ロンドンに次いで最も多く残っています。

1850年代にはゴールドラッシュの影響で急速に発展し、1901〜1927年はオーストラリア連合の臨時首都としても重要な役割を担いました。メルボルンは世界的に見ても住みやすい都市で、留学生も多いエリアとなっています。

 

メルボルンの写真集

メルボルンの気候

季節
9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
平均最高気温 17 ℃ 20℃ 22℃ 24℃ 26℃ 26℃ 24℃ 21℃ 17℃ 14℃ 14℃ 15℃
平均最低気温 9℃ 10℃ 12℃ 14℃ 15℃ 16℃ 14℃ 12℃ 10℃ 7℃ 6℃ 7℃
服装

11月以降は暖かい日もあるが、基本的に日中も寒く、長袖が必要。朝晩は特に気温が下がるので、厚手のコートを着用。夜間は特に気温が下がるので、パジャマも厚手の方が良い。

半袖、半ズボン、サンダルで過ごせる。屋内やバス、電車内は冷房が強いので、羽織るものを持ち歩いた方が良い。朝晩は涼しいため、日本のような寝苦しさは少ない。

日中は半袖で過ごせることもあるが、4月以降は薄手の長袖が適している。朝晩は気温が下がるため、基本的に少し厚手の長袖(薄手のジャケットやセーター)と長ズボンが必要。

日中も寒く、上着が必要。朝晩は特に気温が下がるので、厚手のコートが不可欠。夜間は特に気温が下がるので、パジャマも厚手のものが良い。

メルボルンの基本情報

メルボルン人口 4,725,316人
VIC州面積 237,629km²
日本との時差 通常時:日本 +1時間
サマータイム期間:日本 +2時間
*サマータイムは10月の第一日曜日の午前2時に始まり、4月の第一日曜日の午前3時に終わる。
主な産業 メルボルンは、オーストラリア3大企業であるテルストラ(通信会社)、BHPビリトン(世界最大の鉱業会社)、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)の本拠地。他にも多くの上場企業のオフィスビルが立ち並び、シドニーに次ぐ金融都市でもある。VIC州は長年にわたり国内の自動車産業を牽引する地域であり、食品加工業や機械工業も盛ん。メルボルンはファッションの中心地としても知られる。郊外には2017年にオーストラリアに上陸した通信販売大手アマゾン・コムの国内最初の配送拠点も作られた。

 

フライト 成田空港から直行便あり
所要時間 10時間30分(直行便)、乗り継ぎありの場合は18時間~
空港名 メルボルン(タラマリン)空港
(Melbourne (Tullamarine) Airport)アバロン空港
(Avalon Airport Australia、ジェットスターの国内線空港)

 

空港からシティへのアクセス

ここでは国際線のあるメルボルン(タラマリン)空港からのアクセス方法と、国内線のみのアバロン空港からのアクセス方法をご紹介します。

メルボルン(タラマリン)空港からのアクセス

メルボルン(タラマリン)空港から市内までは約18キロ。空港から市内までの鉄道はありません。3人以上の場合は、タクシーを利用した方が割安な上、乗り換えの必要がないのでお勧めです。

スカイバス(Skybus) 空港とシティのサザンクロス駅とを結ぶ24時間運航のシャトルバス。サザンクロス駅まで約30分、18豪ドル。乗り場とチケット売り場は空港のターミナル1と3の前。赤い車体で、時間帯によるが、10~30分間隔で運行している。サザンクロス駅でもチケットは購入できる。

空港にあるスカイバスのブースで申し込めば「スカイバス・ホテル・トランスファー・サービス」が追加料金なしで利用可能。これは、サザンクロス駅から市内のホテルまでの送迎サービスで、スカイバスのミニバスに乗り換えが必要。

タクシー 市内まで約30分、約50豪ドル。乗り場は空港の各ターミナルの前にあり、「Taxi Rank」と表示されている。

 

アバロン空港からのアクセス

アバロン空港から市内までは約55キロ。メルボルン(タラマリン)空港と同様に、鉄道手段はありません。

バス 空港から市内まで約1時間、22豪ドル。空港とサザンクロス駅間で運行しているバスで、アバロン・エアポート・トランスファーズ(AvalonAirportTransfers)という名称。チケット売り場は空港内とサザンクロス駅にあり、サンバス(SUN BUS)のチケットカウンターもしくは運転手から購入可能。市内のホテルへの送迎は事前予約が必要。

このバスは空港専用で、フライト時刻に合わせて運行している。空港からは飛行機の到着後30分に市内へのバスが出発、サザンクロス駅からは飛行機の離陸時間の2時間前に空港に向けて出発。

タクシー 空港から市内まで約50分、約95豪ドル。

 

交通機関

メルボルンの公共交通機関であるトラム(路面電車)、電車、バスを利用するにはマイキーカード(Myki card)が必要です。毎日利用する人向けのマイキー・パス(Myki pass)、短期間または時々利用する人向けのマイキー・マネー(Myki money)の2種類があります。旅行者には、市内の主要15アトラクションの割引特典も付いたマイキー・ビジターパック(Myki Visitor Pack)がお勧めです。

トラム(路面電車)  乗車にはマイキーカードが必要。シティ内を移動するのに便利。停留所にはバーが立てられている。乗りたい路線のトラムが来たら、手を挙げて合図する。木製の旧車両は中央のドアから乗り降りし、新型車両は前から乗って後ろから降りる。

シティ・サークル・トラムという、シティ中心部を巡回しているあずき色の無料トラムがある。1周約30分で乗降自由。運行時間は10時~18時。運行間隔は5~10分。運休はグッド・フライデーとクリスマス。

電車 乗車にはマイキーカードが必要。 シティ・ループ(Citi Loop)と呼ばれる市の中心部から郊外へ放射状に伸びている線路網。メルボルンの公共交通機関の中で、郊外に行くのに最も適している。電車のドアは待っていても開かず、乗客が開閉するシステム。
バス 乗車にはマイキーカードが必要。郊外での移動に便利。バス停には番号表示のみで名前がなく、交差する通りの名前が目印になるので、降車時には注意が必要。バスは前から乗り、中央のドアから降りる。

ツーリスト・シャトルという、市内の12観光ポイントを巡る無料シャトルバスがある。1周約時間。前面に「Free service」と表示されている。ツーリスト・シャトルの運行時間は9:30~16:30、運行間隔は15~20分。運休はクリスマス。

タクシー  主要ホテルやフリンダース通り駅前、交差点付近などにタクシー乗り場がある。
レンタカー  空港で予約でき、市内にも大手のレンタカー会社がある。メルボルンではトラムの進行を妨げないように、トラムと車道が交差する通りでは独特な右折方法が必要。この場合は、交差点手前で左車線に入り、右折のウィンカー合図を出しながら信号を待ち、青になったら右折する。

2018年の祝日

ニュー・イヤーズ・デー
New Year’s Day
1月1日(月)
オーストラリア・デー
Australia Day
1月26日(金)
レイバー・デー
Labour Day
3月12日(月)
グッド・フライデー
Good Friday
3月30日(金)
サタデー・ビフォー・イースター・サンデー
Saturday before Easter Sunday
3月31日(土)
イースター・サンデー
Easter Sunday
4月1日(日)
イースター・マンデー
Easter Monday
4月2日(月)
アンザック・デー
ANZAC Day
4月25日(水)
クイーンズ・バースデー
Queen’s Birthday
6月11日(月)
フライデー・ビフォー・AFLグランドファイナル
Friday before the AFL Grand Final
9月28日(金)
メルボルン・カップ
Melbourne Cup
11月6日(火)
クリスマス・デー
Christmas Day
12月25日(火)
ボクシング・デー
Boxing Day
12月26日(水)

*祝日は年毎に日付が変わるものもあります。
*オーストラリアの祝日について知りたい方は、こちらの記事へ

平均家賃

シティの1人部屋 300豪ドル
シティの4人相部屋 120豪ドル

 

滞在先・仕事探し

メルボルンでの主な滞在方法

  1. シェアハウス
  2. 学生寮
  3. ホームステイ
  4. バックパッカーズ

メルボルンはシティ内の家賃が高いため、シティ暮らしの留学生の多くはシェアハウスに住んでいます。ただし仕事や学校に行くにも、買い物に行くにも便利で、留学生に人気の地域。シティ内ではルームシェア(複数人でベッドルームをシェア)が最もポピュラーで、多国籍のシェアメイトと出会い、交流できる滞在方法の1つでもあります。

価格が高めとなるオウンルーム(1人部屋)や静かな環境を好む人は、比較的家賃の抑えられる郊外に住む傾向にあります。トラムが走る準郊外ともいえる地域は比較的家賃が安く、買い物などにも不便さがないため、シティから離れすぎず、ゆったりと生活したい人に向いているエリアです。

更に郊外に行くと公共交通機関が限られるため、車を持つ人やゆっくりと田舎で暮らしたい人に好まれています。郊外のファームで働く人もいますが、基本は留学生よりも現地の住民が多いです。

家探しの方法
  • 下記のサイトで自分の条件に合う物件を探し、家主と連絡を取り、実際に物件を見学(インスペクション)をして、決定する。
  • 家探しは開始から最低でも1週間程度かかると考えておく。
  • 家主へ連絡しても返信が返ってこない、既に部屋が埋まってしまった、見学に行ったが約束をすっぽかされた、見学したらイメージと違った、ということはざらにあるので、気になった物件には何箇所でも連絡してみる。
  • 返事をする間に、他の人が申し込みを済ませてしまうこともあるので、見学まで済んで良いと思ったら、早めに決定した方が良い。
仕事探し
  • メルボルンでは英語が苦手な人でも働けるポジションがある。
  • 職種として多いのは飲食業。特にレストラン、カフェ、バーなど。
  • ビルの清掃員の仕事は南米の人に人気。
  • 日本人はジャパニーズレストランで働く人が多い。
  • カフェは多いが、バリスタの競争率が高いため、経験や英語力がないと採用されにくい。

履歴書(レジュメ)を作成して直接店や会社に配る方法と、下記のサイトなどで探し、オンラインで申し込む方法、人に紹介してもらうなどの方法があります。

日本語サイト 英語サイト
家探しサイト  GO豪メルボルン

日豪プレス

CHEERS

Dengon.net

 Gumtree

Flatmate.com.au

realestate.com.au

House Share Melbourne

仕事探しサイト GO豪メルボルン

日豪プレス

CHEERS

Oshigoto.com.au

Dengon.net

Gumtree

indeed

Care Careers

jobrapido

SEEK

 

日本の商品が売られている店情報

 東京ホームタウン・ジャパニーズ・スーパーマーケット(Tokyo Hometown Japanese Supermarket) 41/45 A’Beckett St, Melbourne VIC 3000
ケーティー・マート(KT MART) 600 Elizabeth St, Melbourne VIC 3000
フジ・マート(Fuji Mart Melbourne) 34 Elizabeth St, South Yarra VIC 3141
ダイソー(Daiso) Midtown Plaza, 204/246 Bourke St, Melbourne VIC 3000
コンセント(KONCENT Japanese homewares and designer goods) 1/270a Coventry St, South Melbourne VIC 3205
ザ・キモノ・ハウス(The Kimono House) Room 7, 2nd Floor/37 Swanston Street, Melbourne VIC 3000
 メイド・イン・ジャパン(Made In Japan) 1 – 7 Wynyard St, South Melbourne VIC 3205

 

治安

メルボルンは「世界で最も住みやすい都市」と言われており、世界的に見ても治安の良い都市です。ただ、都市の中でも地域によって治安の良いエリアと、注意が必要なエリアがあります。メルボルン日本国総領事館は在留邦人向けの安全マニュアルを発行しているので、事前に確認しておきましょう。

まず、シティ中心部での犯罪の傾向としては、置き引き、スリ、ドラッグ、飲酒がらみの暴行がみられるので、手荷物の管理や飲酒の際は注意しましょう。

特に治安が良くない町は、メルボルン西側や郊外北西部の地域に多いです。学生向けアパートなどの安い居住施設が多いフットスクレイ(Footscray)はベトナム系ギャングとネオナチの抗争があったり、メルボルン西部の新興住宅街のウィリアムズ・ランディング(Williams Landing)は空き巣、泥棒、強盗、そしてセント・アルバンズ(St Albans)は殺人の発生件数が多いため、注意が必要です。

シティへの交通が便利で安い物件を探したい人はサンシャイン・ノース(Sunshine North)などの方が安全でしょう。

特に治安が良いとされる地域として、ブライトン(Brighton)、サウス・ヤラ(South Yarra)、ドンベール(Donvale)、フィッツロイ(Fitzroy)、カールトン(Carlton)、エッセンドン(Essendon)などが挙げられます。

メルボルンの楽しみ方

メルボルンはオーストラリアの中でもとりわけ英国のような雰囲気のある地域で、建物やディスプレイなど、街中を歩くだけでもそのヨーロッパ風の町並みを楽しめます。もちろん素敵なカフェもたくさん。それに加え、メルボルン中心部では1960年代に米国から伝来したストリート・アートも至る所にあり、カラフルなデザインの壁面アートやオブジェを見つけることができます。

自然を楽しむなら、世界で最も美しい海岸道路と言われるグレート・オーシャン・ロードは外せない観光スポットです。フィリップ島でフェアリーペンギンの帰巣の群れを見るのもいいでしょう。

また、年間を通して穏やかな気候のメルボルンはスポーツに適しており、ラグビー、テニス、クリケットなどの大きな大会が開催されるため、その時期に滞在する場合はぜひ地元の人と一緒に観戦して、盛り上がりましょう。

以下、メルボルンの観光やお出かけスポットを一部ご紹介します。

主要観光地

  • セント・パトリック大聖堂
  • チャイナタウン
  • VIC州議事堂(パラメント・ハウス)
  • コモ・ハウス
  • プリンセス・シアター
  • ルナ・パーク(遊園地)
  • 中国寺
  • 金鉱山セントラル・デボラ・ゴールド・マイン

ショッピング

  • ユーレカ・タワー
  • メルボルン・セントラル(ショット・タワー、マリオネット・ウォッチ)
  • クラウン・エンターテインメント・コンプレックス
  • ロイヤル・アーケード
  • ブロック・アーケード
  • ブラウンズウィック通り

マーケット

  • クイーン・ビクトリア・マーケット
  • カールトン・ファーマーズ・マーケット
  • キャンバーウェル・サンデー・マーケット
  • ローズ・ストリート・アーティスト・マーケット

美術館・博物館

  • ビクトリア国立美術館(NGV)
  • ヴィクトリア・アートセンター
  • オーストラリア現代美術センター
  • 国立スポーツ博物館
  • 中国博物館
  • 旧大蔵省(Old Treasury Building)
  • キャプテン・クックの生家
  • 移民博物館
  • メルボルン博物館
  • サイエンスワークス博物館
  • 旧メルボルン監獄
  • サーフィン博物館
  • フラッグスタッフ・ヒル海洋博物館
  • ゴールデンドラゴン博物館

公園・自然

  • グレート・オーシャン・ロード
  • ロック・アード渓谷
  • フィリップ島
  • モーニントン半島
  • フィッツロイ庭園
  • 王立博覧会ビルとカールトン庭園
  • メルボルン王立植物園
  • キングス・ドメイン
  • リッポンリー地区

動物園・水族館

  • メルボルン動物園
  • ウェロビー・オープン・レンジ動物園
  • メルボルン水族館

ビーチ

  • セントキルダ・ビーチ
  • ブライトン・ビーチ

スキー場

  • マウント・ブラー
  • フォールズ・クリーク
  • マウント・ホッサム

1日ツアー

  • フィリップ島ペンギン・ツアー
  • グレート・オーシャン・ロード・ツアー
  • ヤラ・バレー・ワイナリーツアー

期間限定のイベント

  • テニス全豪オープン(1月)
  • F1グランプリ(3月、アルバート・パーク)
  • オージー・ルールズ・フットボールとラグビー・リーグ(3〜10月)
  • メルボルン・カップ(11月、フレミントン競馬場)
  • クリケットのワールド・シリーズ(12月)

メルボルンの学校

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ