フィリピン留学

格安のフィリピン留学の費用!?本当はいくらかかるのか徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を学びたい。英語には自信がまだないけど海外で生活したい。自分の人生を変えたい!そんな皆さんにおすすめなのが格安で行けるフィリピン留学です。

皆さんはフィリピン留学について知っていますか?一般的な欧米の3分の1の費用で学校に行くことができ、質の高い英語教育を受けられるのがフィリピンです。

欧米の語学学校がほとんどグループ授業なのに対して、フィリピン留学は1日の大半が先生とのマンツーマンレッスンです。これがあなたの英語力を短期間でも最大限伸ばします。

今人気のフィリピン留学。皆さんもインターネットや周りの人から聞いたことがあるかもしれません。現在年間で約4万人の日本人が留学に来ています。その人気の理由は、「格安の費用」「確実に英語が伸びる」からです。

そこで気になるのが実際の費用です。「すごく安い!」と言われているフィリピン学校の費用。「1ヶ月10万円で留学できる!」なんて広告もよく見かけます。本当にそんな値段で行くことができるのか?実際いくらぐらいあれば渡航することができるか?現地で必要な費用などまとめてみました。

フィリピンの学校選びと学費

まずフィリピンの授業料など入学前の学校への支払い費用です。フィリピンの学校の中でも授業料が格安、授業の質が高い学校をモデルにしてみました。

フィリピン留学の人気に合わせて、格安を売りにした学校が増えてきています。しかし価格だけで選んでしまうのはおすすめしません。

安いだけですごい田舎や遠いところに学校があったり、学校と呼ぶには規模が小さすぎたりするところもあります。また学校にもよりますがあまり良い先生がいなかったり、学校の施設がととのっていなかったり…。

特に田舎の学校だと近辺ですることがありません。平日はほぼ学校から出られず、缶詰状態なんてことも。本当に短期で1、2週間だけどうしても安く行きたいというなら良いかもしれません。

しかし英語をしっかり学びたいというなら少しでも長く学校に通うことをおすすめします。特に英語初心者、中級レベルの方は3ヶ月以上の留学をおすすめします。語学を習得するというのはやはり簡単ではありません。最初は慣れない環境に行くわけですからなおさらです。

少しでも長く留学するのがおすすめの理由

あなたの貴重な時間と費用を使って留学するのですから、最大限英語力を効率的に伸ばして欲しいです。できるだけ少しでも長く通えばそれだけあなたの英語力は確実に伸びます。そのため目安としてはまず3ヶ月だと思ってください。格安のフィリピン留学だからこそ長期間通いやすくなります。これは意味もなく無駄に長期間をオススメしているわけではありません。

①最初の1ヶ月目。フィリピン生活と学校、環境に慣れる!

やはり外国。いきなり到着してから本領発揮できる人はいません。最初の数週間は現地生活と学校、授業に自分を鳴らす期間です。最初は慣れない場所でとまどうこともあるかもしれません。でも最初だけがんばって慣れてしまえば後はメキメキと英語力を着けながら現地生活を楽しむだけです。

②2ヶ月目。英語を効率的に吸収できるようになる!

現地生活、学校やクラスにも慣れてきます。自然とあなたの英語に対する苦手や、壁が薄れていくのも実感できるでしょう。ここからは最大限英語を吸収していけます!

③3ヶ月目以降。自分の英語力の伸びを実感できる!

あんなに日本で勉強しても全然伸びなかったのに、頭の中を英語で考えたり、英語を話すことが自然と出来るようになってきます。また学校のテスト、TOEICやIELTSのスコアもどんどん上がっていきます。自分自身で英語力が身に着いていくのを実感できます。

フィリピン人気のおすすめ格安学校

フィリピンのおすすめの格安学校から下記の条件で1ヶ月あたりの参考費用を出してみました。

留学場所:フィリピン・セブ
宿泊先:学校内部寮4人部屋

授業コース:各学校リーズナブルなスタンダードプラン

学校:CIA
授業料:US$1,400
入学金:US$100
ピックアップ:無料
宿泊費用:0円(授業料に込み)
朝昼夜食費:0円(授業料に込み)
授業:マンツーマン4コマ+6コマ合計:US$1,500 日本円換算 約165,000円
学校:CEA(Cebu English Academy)
授業料:US$1,120
入学金:US$120
空港ピックアップ:US$20
宿泊費用:0円(授業料に込み)
朝昼夜食費:0円(授業料に込み)
授業:マンツーマン4コマ+5コマ合計:US$1,260 日本円換算 約138,600円
学校:IDEA CEBU
授業料:129,000円
入学金:15,000円
空港ピックアップ:無料
宿泊費用:0円(授業料に込み)
朝昼夜食費:0円(授業料に込み)
授業:マンツーマン4コマ+2コマ合計:14,4000円

(*US$1=110円換算 2017年4月現在のレート)

入学金は学校によって変わってきますが約$100〜。日本円換算でだいたい1万円前後です。学費には宿泊先、朝昼夜の3食の食事が授業料に含まれています!その他にも洗濯、掃除のサービスが基本無料です!(*学校によってサービス内容は異なります。)なのでフィリピンなら英語の勉強だけに集中できる環境を整えられます。

フィリピンまでの航空券

shutterstock_395006890

現在日本フィリピン間も様々な航空会社が就航しています。たくさんの航空会社の中から選ぶことができますが、どれにしたらいいのか迷ってしまいますよね。

格安のチケットを上手く探せば往復でも5~6万円で渡航することができます。荷物の多さや、航空会社のサービス、渡航のシーズンなどで選びましょう。プロモーションなどセールの場合には格安で片道2万円未満の航空券で行けることもあります。

スカイスキャナーを使えば費用やフライト時間を一覧で確認して調べることができますので便利です。一部航空会社はスカイスキャナーには反映されていませんので各WEBサイトから確認してみてください。

航空券・スカイスキャナーについてはこちらも参考にしてみてください。

日本・フィリピン間航空券 約25,000円〜40,000円

日本からフィリピンまでは片道約25000円〜40,000円(AU$300~500)
シーズンなどにもよりますが格安航空会社利用ならこの位が相場です。
日本とフィリピン間のおすすめのリーズナブルな航空会社をいくつかご紹介します。

スカイスキャナー
乗り換えが多くても、待ち時間長くてもとにかく少しでも安く飛行機に乗るならこちらで検索です!

オーストラリア・フィリピン間 約25000円〜40,000円

オーストラリアからフィリピンも約25000円〜40,000円(AU$300~500)
シドニーからセブパシフィックのプロモーション価格が格安です!シドニー以外の地域にお住いの方は一度シドニーまで来てからフィリピンに向かう方が安い場合もあります。

海外旅行保険

現地で病気や、万が一の事故に遭ってしまったときのために必ず必要になるのが海外保険です。様々な保険会社があるので費用や保障内容と見比べてみて自分にあった保険を選びましょう。

え!!保険を無料で?!

海外保険は料金も渡航期間によっては高くなってきます。そこをほぼ無料で保険に入ることができるのをご存知ですか?クレジットカードを持っていますか?

実はクレジットカードに付いている「付帯保険」という保険を利用することができます。留学期間が90日以内なら、クレジットカードの付帯保険を使えば保険料は無料です!3ヶ月以内などでの短期での渡航に何万円も保険代金を払う必要がないので費用も抑えられます。

クレジットカード会社によって保険の申し込み方、条件、保障内容が変わってきます。必ず余裕を持って事前にカード会社の保険窓口に確認してみまよう。

フィリピン現地での費用の目安

学校の申し込みと航空券さえ手配が終わればもう後はフィリピン現地に渡航するだけです。宿泊先も食事も学費に含まれています。では現地での費用は?いったい何にいくら位必要なのでしょうか?

フィリピンの通貨はペソです。2017年現在のレートで1ペソ=2.3円で換算しています。

ビザなどフィリピン滞在手続き費用

フィリピン留学は事前にビザ申請などせずに渡航できます。ビザ関連の手続きは学校が到着後全て代行してくれます。自分で準備する必要がなく、パスポートと航空券だけでフィリピンまで渡航することができます。

ビザ延長費用 一回約5,750円~11,500円

延長1回あたり2,500~5,000ペソ。(ビザを延長する回数によって変わる。)

ビザの延長は学校が手続きを代行してくれます。フィリピンでの滞在期間が30日以内の場合、ビザは無料です。30日を超えると、30日ごとにビザを延長します。

ACR I-Card 約6,900円

ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity-Card)とは「外国人登録証」。フィリピンでの滞在が59日を超える場合に必ず必要になります。こちらも学校が代行してくれます。

SSP(Special Study Permit)  約13,800円14,950円

SSPは「特別就学許可証」のこと。こちらも学校が代行してくれます。フィリピンに留学する場合は必ず申請が必要です。

空港利用料・国際線 約1,725円

フィリピンから出国するときに支払いが必要です。マニラ空港は550ペソで航空券代にすでに含まれています。セブ空港は750ペソ。航空券代に含まれていませんので、搭乗する際に空港で現金で支払います。

空港利用料・国内線 

国内線の飛行機に乗るときに必要です。マニラやセブで国際線から国内線に乗り換え利用するときに発生します。マニラ空港は200ペソ、セブ空港は300ペソなど空港ごとに料金が変わります。航空券代に含まれているので別途支払う必要はありません。

その他現地支払い費用

教材費 教科書1冊 約200〜350ペソ 約460〜875円
電気代 使用分をメーターで支払い
寮なら部屋の人数で折半
約500〜1,500ペソ 約1,150円〜3,450円
水道代  超過分は個別に請求されることあり 約500ペソ〜  約1,150円〜
ネット代  ほとんどの学校にWiFiあり  0円  0円
寮の保証金 家具、室内の破損など無ければ
卒業時に返却されます。
約2,500〜4,000ペソ 約5,750〜10,350円

現地でのお小遣い 4週間で平均3~5万円

shutterstock_587590211 copy

平均的なお小遣いが4週間で3~5万円程度です。物価が安いので、週末飲みに行ったり、小旅行したりとほどほど楽しんだとしてもこれで十分足ります。

普通の人 2万円から3万円

フィリピン留学では学費に朝昼晩の食事代が含まれているので、学校内にいればお金を使う必要はほとんどありません。外食をしても、数百円でお腹いっぱい食べられます。費用を抑えつつ、週末に友達と一緒にシュノーケリングや小旅行を楽しむこともできます。

お金を使わない生活 1万円未満

勉強に集中して、週末もなるべく費用を使わない人もいます。絶対余分なお金は使いたく無いって人はトイレットペーパー代だけで生活できます。トイレットペーパー無しでも困らないならお金もまったくいらないですね!

めっちゃお金を使う人 5万円〜

平日学校が終わったら飲みに行く。そして週末は毎週ビーチ、旅行に行って、ホテルで高級マッサージ(でも安い)。でも逆にそんなに遊んでも費用は日本欧米と比べても断然安いです!

フィリピン留学エージェントについて

今フィリピンは日本から年間4万人以上の留学生がやって来ます。エージェントもたくさんあるので選ぶのは難しいですよね。

ではエージェントってどうやって選んだらいいのでしょうか?良いエージェントって何でしょう?

留学はあなたの貴重な経験になります。しかし格安とは言えど貴重な費用と時間をかけて行くわけですからあなたにとって最高の留学になるよう最大限のサポートをしてくれるエージェントを選びましょう。

あなたの希望、目標は何なのかを引き出し、あなたに合った学校を案内してくれる。

それが一番あなたにとって良いエージェントになります。では気になるエージェントの【手数料】についてはどうなのでしょうか?

エージェント手数料って払う必要あるの?

ずばり手数料は払う必要がありません!エージェントは手数料無料で選ぶ!

知らない内に法外な手数料をうまーく上乗せしてくるエージェントには注意してください。本当にそのエージェントに頼む価値があるのか?もちろん手数料を払ってでもこのエージェントが良い!と思ったならそれは正解です。

もう一つ注意点!!支払い時の海外送金レートに手数料・換算レートに上乗せするエージェント。

格安のフィリピン留学と言っているエージェントに申し込んでしまってから「あれ?なんか知らないけど高くついたな…?」「無料エージェントがあるなんて知らなかった!」とならないように一度確認してみてください。

Morrow Worldなら手数料無料・送金レートに上乗せなし!

Morrow Worldは公正なお値段でお客様をサポートしています。弊社は学校からの広告料だけで運営しているのでお客様から追加で料金を頂くことはありません!渡航前の学校選びから手続きのサポート、渡航後のサポートまで無料で行っていますので安心して格安で留学していただけます。

お問い合わせはいつでもお気軽に。

button

フィリピン留学費用まとめ

さてここまで見てきた費用を全て見てみましょう。フィリピン留学にかかる総額の費用はいくらぐらいになるのか?1ヶ月(4週間)留学した場合の費用の合計はズバリ約222,450円。

今回の留学モデルは下記です。今回は余裕を持って少し多めの費用で見積もっています。部屋タイプや、留学期間などによってさらに安く抑えることももちろんできます。

留学先:フィリピン・セブ
宿泊先:学校内部寮4人部屋

授業コース:各学校リーズナブルなスタンダードプラン

学費トータル 授業料・入学金 約138,000円
空港ピックアップ  空港までスタッフがお迎え 無料〜約2,000円
朝昼夜3色食事 授業料に込み 無料
宿泊費 授業料に込み 無料
教材費 教科書一冊 約400円〜875円
掃除・洗濯 サービス 無料
航空券 日本フィリピン往復 約6万円〜
電気代 使用分をメーターで支払い
寮なら部屋の人数で折半
約1,150円〜3,450円
水道代 超過分は個別に請求されることあり 約1,150円〜
ネット代  学校のWiFiが使用可能 無料
ビザ 30日以内なら無料 無料
ACR I-Card 約3,000ペソ  約6,900円〜
SSP   約6,000~6,500ペソ  約13,800円〜
空港税  出国時  約1,725円
 合計金額 約222,450円

留学にかかる学費、現地での生活費など全て含めて約222,450円。かなり留学費用を抑えることができます。物価が安く、質の高い学校が揃っている、英語が堪能な国フィリピンだからこそ可能な格安留学プランです。

後は3万円くらいのお小遣いがあれば週末友達と飲みに行ったり、食事を楽しんだり、アクティビティーに参加できます!プライベートも費用が安く充実させられるのでバランスの良い留学ライフを過ごせます。

最後に

いかがでしたか?今回は格安と言われているフィリピン留学の実際の費用とその中身について詳しくご案内させていただきました。費用を抑えて英語をしっかり学ぶならフィリピン留学は最高の選択肢です。

Morrow Worldならあなた専属のカウンセラーが学校選びから入学の手続きまでいたします。準備から渡航までを完全無料でサポートします。安心してあなたに合った最高の学校に行くことができます。

学校選びやフィリピン留学についてなど何でもお気軽にお問い合わせください。

button

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から