フィリピンの入国審査 / 入国カードと税関申告書の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

留学生の方の中には今回が初めての海外という方もおり、入国審査と聞いて不安に感じる人も少なくないでしょう。ですが事前に確認・準備しておけば入国審査の時も緊張することなくスムーズに対応できます。ここでは、フィリピンへの入国審査とその書類(入国カードと税関申告書)の書き方についてお伝えしていきます。

入国審査とは

一般的に「イミグレーション(Immigration)」と呼ばれ、外国人を国内に受け入れても大丈夫か確認する審査のことです。パスポートや入国カードをチェックし、もし不備や虚偽の記載、入国要件に当てはまらないと入国を拒否される場合もあります。

入国までの流れ

現地の空港に到着したら一般的に下記の流れで入国します。

  1. 飛行機内で必要書類(入国カードと税関申告書)の記入
  2. 入国審査
  3. 預け荷物の受取り
  4. 税関
  5. 入国!

1. 飛行機内で必要書類の準備

機内で客室乗務員が「入国カード」と「税関申告書」を配布しています。着陸前は機内のテーブルが使えなくなるので、受け取ったらなるべく早く記入するようにしましょう。下記に記入方法を載せていますので参考にして下さい。

また、飛行機を降りる前に必ず以下の4点を用意して下さい。入国審査に必要になります。

  • パスポート…有効期限が滞在期間の間残っているか確認してください。
  • 出国チケット … 出国または第三国へのフライトチケットを審査時に提示を求められる場合があります。携帯電話にE-チケットを保存しておくか、出発前にプリントアウトしておいて下さい。
  • 入国カード … 飛行機内で配布されます。着陸前に機内で記入しておくとスムーズです。
  • 税関申告書 … 飛行機内で配布されます。申告しなければ行けないものは正直に申告してください。

2. 入国審査

現地に到着したら「Arrivals」と書かれた標識に従って進んでいきます。そこを通り過ぎると入国審査エリアが見えてきます。入国審査場はフィリピン人(Philippine Passport Holders)と外国人(Foreign Passport Holders)に分かれています。留学生は「外国人」のブースに並んで下さい。

順番が来るまで列に並び待ちます。自分の番がきたら審査官に必要な書類を提出し、審査を受けましょう。
審査ではごく簡単な質問、または何も聞かれない場合が多いです。下記にいくつか質問・回答例を「入国審査官からの質問」に載せてあります。

3. 預け荷物の受取り

「Baggage Claim」エリアに進み、搭乗した飛行機の番号が表示されているベルトコンベヤーを探しましょう。預け荷物が流れてくるので、ご自分の荷物をピックアップして下さい。
※ 稀に他人の荷物を自分のと間違って持って行ってしまう方がいます。必ずご自分の荷物かどうかを確認しましょう。

もし万が一、荷物が出てこない場合は、チェックイン時にもらったクレームタグ(預け荷物の引換券)を持って、空港のスタッフに問い合わせましょう。

4. 税関

外に出る手前のところに税関職員が立っているので、税関申告書を提出して下さい。記入方法は「税関申告書の書き方」を参考にして下さい。

5. 入国!

税関審査を済ませたら空港出口を出たら入国完了です。お疲れ様です!
外では語学学校のスタッフが、学校名の書かれたプラカードを持って待機しています。
もし学校のスタッフが見つからない場合は待ち合わせ場所で待機し、その場を動かないようにして下さい。それでも来ない場合は他の学校のピックアップスタッフがいればその人に声を掛け学校名を伝え学校に連絡してもらうようお伝え下さい。

入国カードの書き方

入国カード(Arrival Card)とは自分の名前や入国目的などを記入するカードのことで、入国審査を受ける時に審査官に提出します。

飛行機内で配布されますが、もし受け取りそびれた場合は審査場でももらうことができるので安心して下さい。入国審査を受ける前に記入しましょう。

必ず青または黒のボールペンを使って記入して下さい。
また英語は全て大文字で書かなければなりません。

記入例

  1. 名字
  2. 名前
  3. ミドルネーム(無ければ空欄でOK)
  4. 電話番号またはメールアドレス
  5. パスポート番号
  6. 出発国
  7. 住居国
  8. 職業
    英語での職業記入例
    会社員 EMPLOYEE
    社長 PRESIDENT
    公務員 PUBLIC SERVANT
    学生 STUDENT
    無職 NONE
  9. 便名(飛行機のチケットをご確認下さい。)
  10. 渡航目的(留学生は観光ビザで入国するので、ここでは「観光(PLEASURE / VACATION)」にチェックを入れて下さい。)
  11. 本人のサイン(パスポートと同じ署名)

 

税関申告書の書き方

税関申告書(Customs Declaration)とは、持ち込んでいけないものや制限の掛かっているものの所持を申告するためのカードです。

入国審査を終えて預け荷物を受け取った後、建物の出口付近に税関職員がいるので申告書を提出して下さい。

記入例 ※ 必ず青または黒のボールペンを使って記入して下さい。

  1. 氏名・名前・ミドルネーム
  2. 性別(男性: MALE, 女性: FEMALE)
  3. 生年月日(月/日/年)
  4. 国籍
  5. 職業(入国カードの項を参考にして下さい。)
  6. パスポート番号
  7. パスポート発行日(月/日/年)と発行場所
  8. フィリピンでの滞在住所(学校名を記入して下さい。)
  9. 現住所
  10. 便名
  11. 搭乗空港名
  12. フィリピン到着日(月/日/年)
  13. 渡航目的(留学生は観光ビザで入国するので、ここでは「Tourism」にチェックを入れて下さい。)
  14. 同伴する家族の人数
  15. 荷物の個数(Checked-in: 受託手荷物、Handcarried: 機内持ち込み荷物)
  16. 所持品の申告
    ※ 特に問題なければ、すべてNoにチェックを入れて下さい。万が一、持ち込み禁止の物を無断で持ちこもうとすると入国できなくなります。くれぐれの虚偽のない申告をして下さい。
    1.あなた/あなた方は 生きた動物、植物、魚、それらの加工品を所持していますか?
    (Yesの場合は、検疫に進む前に税関係員にお申し出ください。)
    2.10,000ペソ以上のフィリピン紙幣・硬貨、小切手、郵便為替その他フィリピン銀行が発行したペソに替えられる金券を所持していますか?
    所持している場合は、フィリピン中央銀行の許可を得ていますか?
    3.10,000USドルまたは相当額を超える外貨(トラベラーズチェックも含む)を所持していますか?
    (Yesの場合は、到着ロビーの税関で申告用紙にご記入ください)。
    4.輸入禁止商品(鉄砲、もしくはその部品、弾薬、ドラッグ、規制薬品)または輸入制限品(VCD、DVD、通信機器、トランシーバー)を所持していますか?
    5.販売目的の宝石、電子製品、広告宣伝用商品、商品の見本を所持していますか?
  17. 本人のサイン(パスポートと同じ署名)
  18. 出国日(月/日/年)

 

入国審査官からのよくある質問

入国審査では日本人はほとんどの場合、何も聞かれずにパスポート提示だけで終わることが多いです。

ただ稀に質問をされる場合があります。聞かれる内容としては、渡航目的、滞在期間などで、決して難しい質問はされませんが、全て英語でのやり取りになります。
渡航目的を聞かれたら「Holiday」と答えるようにして下さい。語学留学生は、観光ビザで滞在するためです。

よくある質問内容と応答例は以下の通りです。

質問: 渡航目的

Q: What is the purpose of your trip?(訪問の目的は何ですか?)

A: Holiday(休暇で来ました。)

質問: 滞在期間

Q: How long are you staying in Philippine?(フィリピンに滞在される期間はどれくらいですか?)

A: 4 weeks(4週間です。)

質問: 滞在場所

Q: Where are you going to stay?(どこに滞在しますか?)

A: 〇〇 Academy(〇〇語学学校です。)

 

審査官への返答は、英単語だけで充分伝わります。ちゃんとした文章で答えようと必死になると、パニックを起こし答えられなくなってしまうこともあるので「Holiday」や「4 weeks」で大丈夫ですので落ち着いて対応しましょう。

入国が認められると30日間有効のビザが無償で発給されます。ビザはパスポートに入国日が入ったスタンプが押され、その下に有効期限最終日がかかれます。
審査終了後、返却されたパスポートに入国スタンプが押されているか必ず確認して下さい。もし押されていない場合はすぐに審査官に申告しましょう。

*入学許可証に関する注意点
入学許可証はあくまで、入学できることを証明したものであり、空港にて入国審査時に安易に管理局に見せないようにお願い致します。管理局のスタッフは英語語学学校の仕組みを全く知りませんので、安易に見せると最悪、入国を断られる可能性もございますのでご注意ください。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。