フィリピン留学の持ち物

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン留学に必要な持ち物リストです。準備する際に参考にして下さい。

どの航空会社も預け荷物の制限が設けており、重量制限を超えてしまうと1キロ毎に超過料金が発生します。現地で購入できる物もたくさんあるので、荷物は必要最小限に留めましょう。

持ち物リストのダウンロードはこちら(印刷用)

持ち物リスト

留学に必要な持ち物を各項目に分け、リストアップしました。

 

必須な持ち物

忘れてしまうと入国できない、留学できないという大事なものもあるので、出発前に必ず確認してください。

パスポート  有效期間が滞在日数+6ヶ月以上あるか確認しましょう。
パスポートのコピー  パスポートは学校に預けておくことが多いです。留学中の身分証明のためにコピーを用意しておくと良いでしょう。
航空券  往復航空券か、フィリピンから第3国に出国する航空券も必須です。
現金  学校にて支払いする費用、および現地でのお小遣い分を持参しましょう。
クレジットカード  VISAまたはMaster Cardを推奨します。JCBは使えない場所が多いので要注意です。
学校からの書類 入学許可証、滞在先住所・連絡先などプリントアウトして持参して下さい。
海外旅行損害保険  学校によっては保険加入を必須としていることが多いです。できる限りご加入して下さい。また海外旅行保険契約証は必ず持参してください。

 

日用品

基本的には現地で買えるものが多いですが、ブランドやこだわりがある場合は日本から持っていきましょう。

眼鏡、眼鏡ケース 現地で用意するのは難しいです。
コンタクト 現地でも購入可。ただ処方箋が必要なことがあるのでかさばらなければ持って行きましょう。
コンタクト保存液 現地でも購入可。長期留学の方は荷物になるので現地での購入をお勧めします。
化粧品 日本の物のほうが品質が良いです。特に化粧水や下地など直接肌に触れるものは使い慣れたものが安心です。持参することをお勧めします。
日焼け止めクリーム 日本の物のほうが品質が良いです。フィリピンの日差しは強いので外出する際は必要です。
洗顔料、ソープ 現地でも購入できるので、最初の数日分だけで十分です。
シャンプー、コンディショナー 現地でも購入できるので、最初の数日分だけで十分です。
爪切り 現地でも購入できますが、小さくスペースを取らないので持参することをお勧めします。
歯ブラシ 海外製はヘッドが大きく磨きにくいです。使い慣れた物を持参することをお勧めします。
生理用品 日本の方が質が良いです。現地でも購入可。
バスタオル 現地でも購入可。フィリピンは湿度が高いので速乾性のタオルがお勧めです。
ハンドタオル 現地でも購入可。
ヘアブラシ 現地でも購入可能。

 

衣類・装飾品

多くの学校では週に2回ランドリーサービスが提供されていて、学校が洗濯を行ってくれます。洗濯で色移りする場合や紛失の可能性もあるので高価な服やアクセサリーは持っていくことを避けてください。

 Tシャツ 数日分。現地でも購入可。
上着・パーカー 長袖の服は必ず1枚は持参してください。室内はかなり冷房が効いています。
ズボン 長ズボンと短パンどちらもあると良いです。
下着類 一週間分程度で十分です。
靴下 一週間分程度で十分です。
動きやすいスニーカー等がお勧めです。
サングラス 紫外線がかなり強いので必須アイテムです。紫外線カット率の高いものが良いでしょう。
水着 海に行きたい方は必需品です。
洗濯ネット 女性は特に下着類の洗濯用に持って行った方が良いです。
ビーチサンダル 海に行く際や学校ないでもサンダルを履いているひとが多いです。

 

医薬品

慣れない土地・環境の中での生活は、体調を崩しやすいです。現地でも医薬品は手に入りますが、日本の物とは効き目や強さが異なります。飲み慣れた薬があると安心です。

頭痛薬 バファリン等の鎮痛剤
風邪薬 飲み慣れたものを持参してください。もし悪化した場合は病院に行きましょう。
胃腸薬(正露丸) 食生活や現地の水が原因でお腹を下すことがあります。お腹の弱い方は持参すると良いでしょう。
抗生物質 風邪系の薬があると安心です。
酔い止め 乗り物酔いがひどい方は持参しましょう。
サプリメント 栄養の偏りを防ぎ、体調管理に役立ちます。

 

勉強に必要な物

筆記用具 現地でも購入可。シャープペンやボールペン、消しゴムなど。
行きの飛行機で入国カードを記入するので、手荷物として持っていくと良いでしょう。
ノート 現地購入可能ですが、紙質は日本のものが良いです。
ファイル 授業でもらうプリントの整理用。
電子辞書 英英辞書、発音機能のあるものがベターです。最近はスマートフォンのアプリでも高機能な辞書があります。ただし現地のインターネットが不安定な時が多いので、オフラインでも使用できるものが良いでしょう。

 

電子機器類

出発前に各機器の電圧をチェックしてフィリピンでも使えるか見ておきましょう。

携帯電話 学校内では無料のWiFiが使用できます。SIMフリーモデルであれば、現地でSIMを購入して使用することも可能です。
ノートパソコン 写真・データの整理や勉強、調べものをする時に便利です。
デジカメ 観光する予定があれば是非持っていきましょう。
ポータブルハードディスク 写真の保存に最適です。容量の大きいものを選びましょう。
充電器 携帯電話、パソコンなどの電化製品の充電器は忘れず持っていきましょう。

 

持っていくと便利な物

マスク 飛行機内は乾燥しています。喉が弱い人は持っていくと良いでしょう。
アイマスク 飛行機内やシェアルームで役立ちます。
耳栓 飛行機内やシェアルームで役立ちます。
のど飴 お好みのものがあれば
タンブラー 学校内にはウォーターサーバがあるのでタンブラーがあると便利です。
虫よけ、蚊よけグッズ 日本の方が質が高いです。
写真 日本の写真。海外の人は日本のことに興興味津々です。
南京錠 貴重品をしまうケース、バッグに付けます。100均の物でも良いので持参しましょう。
ルーズリーフ フィリピンには売っていません。ノートよりルーズリーフ派という方は持参して下さい。
日本語で書かれた英文法の参考書 フィリピンで日本語の参考書は手に入りません。英語の授業で複雑な文法を理解するのはとても大変です。また先生の説明のちょっとしたニュアンスが分からなかった時など日本語の参考書があると理解の手助けとなり、勉強が捗ります。
「Forest」か「一億人の英文法」がお勧め。
 日本食 インスタントみそ汁、ふりかけ、お茶漬け、緑茶(お茶)等かさばらないものがお勧め。

 

現地で調達した方がいい物

ポケットWiFi 現地で購入、またはレンタルが可能です。
ドライヤー 日本のものは変圧器がないと使用できません。安く購入できるので現地で入手するのがおすすめです。
ハンガー かさばるので必要であれば現地で購入しましょう。
消耗品 シャンプー・リンス・ティッシュやトイレットペーパー等

 

まとめ

いかがでしょう。意外と現地でも購入ができるものが沢山あると思いませんか?
必要な物を必要な分だけ、また留学に必須の物は絶対に忘れないよう出発前にしっかり準備してスムーズに留学に臨めるよう努めましょう。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。