現地オフィスがある充実サポートの手数料無料エージェントです

- 信頼と安心のサポートで顧客満足度98% -

現地在住経験豊富なカウンセラーがリアルな情報を交えてフィリピンのオススメの50以上の学校からあなたにマッチした学校をご提案。

フィリピン留学後のオーストラリア留学も徹底サポート。

フィリピン留学が
人気な3つの理由

圧倒的に近いフィリピン

時差が1時間だけで
日本からたったの
4時間半で到着

マンツーマンレッスン!

個別のレベルに合わせた授業なので
スピーキングTOEIC/IELTS
試験対策もばっちり

格安の費用

物価が安く費用には
授業料・滞在費・1日3食
が含まれます

留学したい!だけど不安…

こんなお悩みありませんか?

留学って高いんじゃないの?

たった数ヶ月で英語が話せるようになるの?

初心者だから授業についていけるか不安で…

キャリアアップ/将来のために英語を本気で学びたい

世界的に有名なセブのリゾートで遊び、英語も学びたい

TOEIC/TOEFLのスコアを短期間で劇的にアップしたい

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ

年間4万人以上の日本人が留学先として選ぶ
フィリピン留学4つの魅力

近年爆発的人気なフィリピン留学。オーストラリアワーキングホリデーの留学生は年間1万人なのに対しフィリピン留学はその4倍もの方が留学先として選んでいます。

マンツーマンレッスン

英語は話した量に比例すると言われますが、フィリピン留学では1日に約4時間〜8時間のマンツーマン授業を受けることができます。授業の大半は生徒に話す機会が与えられスピーキングとリスニングの効果的な学習が可能です。また、先生との1対1の授業となる為、自分のレベルに合わせて授業が進み、先生に自分の弱点のフィードバックを貰い自分が学びたいことを学ぶなど授業内容のリクエストをすることも可能です。

学習だけに集中出来る環境

フィリピン留学では多くの学校で留学費用に宿泊施設・1日3回の食事・ランドリーサービス・ハウスキーピングまで含まれています。学生は登校時間も含め無駄な時間を割く必要がなく1日中、英語学習だけに集中することが可能です。また学校スタッフがしっかりと学生のケアをしてくれるので現地生活の不安も不要です。

格安の料金で留学できる

フィリピンの物価は日本の3分の1以下と言われています。留学費用は欧米留学の半額以下にも関わらずマンツーマンを中心とした授業の為、学習成果は2倍〜3倍以上とも言われています。現地でのリビングコストも抑えながら、マンゴーやバナナといったフィリピンで有名なフルーツ・その他外食や買い物も格安で楽しめます。

リゾートアイランド

太平洋に浮かぶ7000以上もの島々からなる国、フィリピン。アジア特有の雰囲気を味わいながら格安でマッサージやエステ、ショッピングなど、バラエティ豊かな楽しみ方のできるプレミアムリゾートアイランドです。特にセブでは週末にビーチでダイビングやシュノーケリング、ジェットスキーなどのマリンアクティビティーが日本やオーストラリアに比べ破格で楽しむことができます。その他、世界遺産を訪れたり、フィリピン国内旅行も楽しめます。

安心の無料サポート
フィリピン留学ワールドとは?

手数料完全無料のフィリピン留学サポート!

各学校と正式代理店契約を結んだ手数料完全無料エージェントです。 一部の留学エージェントが請求する数万円~数十万円という手数料を一切請求致しません。 格安航空券や保険のアドバイスから現地サポートに至るまで全て無料でご提供いたいます。私たちは留学生が資金を節約して「少しでも長く学校に通える費用や現地費用」に充てて欲しいと考えております。

現地を知り尽くしたスタッフがあなたに合った学校を選定

カウンセラーは全員フィリピン留学経験者または現地で教育機関に従事しておりました。 定期的に現地学校を視察し常に最新の情報をご提供します。また、お客様のご要望を親身になってご対応致します。お客様にマッチした学校を正しい知識とノウハウのもと見つけ出し、現地での生活のアドバイスも行います。私たちの喜びはお客様の満足創造にあります。

留学後の進路相談や2カ国留学サポートも無料

フィリピン留学後、日本に帰国し就職する方や次のステップとしてオーストラリアやカナダなどでワーキングホリデーや学生として留学したい方へも幅広いサポートが可能です。 弊社は日本・フィリピン・オーストラリアを主に拠点とし学生様のトータル的な留学プランご提案から国内・海外就職までをアドバイス・サポートさせて頂いております。

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ

紹介可能学校はフィリピン全土で50校以上
あなたに合った学校を見つけられます

フィリピン留学ワールドが厳選した中で
特におすすめの学校をご紹介します!

EV Academy

【2017年キャンパス移転】短期から長期、ジュニアからシニアまで幅広いニーズに対応したカリキュラムが魅力の語学学校です。2002年にESLセンター発足に携わった経営陣によって運営され、スパルタプログラムを開発した先駆的な学校でもあります。仏韓共同資本で、フランス人が代表を務めるフィリピンでは珍しい学校です。

この学校の詳細はこちら
CIA

基礎から上級レベルの英語まで網羅し、質の高いカリキュラムを提供する歴史ある学校です。多国籍な環境で、イングリッシュオンリーポリーシーを採用しています。1日10時間以上勉強できるカリキュラムでは、しっかりと集中して英語を伸ばすことができます。基礎英語からTOEICやIELTSのテスト対策など幅広いコース選択ができる他、多彩なアクティビティーもあり学生満足度の高い学校です。

この学校の詳細はこちら
IDEA CEBU

【2017年1月から新校舎がオープンしました】
日本人のためのカリキュラムと生活環境を提供する、日本資本の語学学校です。管理されたセミスパルタシステムで、しっかりと学習します。毎朝実施される15個の単語テストにより、学習の進捗状況を意識したプランを組むことができます。経験豊富な講師陣により、個人の弱点を克服していきます。

この学校の詳細はこちら

欧米留学の半額で劇的に英語が伸びる
フィリピン留学1ヶ月の費用

欧米留学と比べても学習時間・授業の質と内容・費用・環境全ての面でフィリピン留学はダントツで低価格で効果の高い学習が可能です。

欧米、オーストラリア留学
35万円
1日授業時間4時間
15名のグループ授業4コマ
1ヶ月の学習時間:80時間
入学金:2万円
学費:12万円
教材費:1万円
滞在費:12万円
食費・生活費・お小遣い:8万円
フィリピン留学
欧米留学の価格は半額、効果は倍以上。
17万円
1日の授業時間8時間+自習2時間
マンツーマン授業5コマ/4名のグループ授業3コマ
1ヶ月の学習時間:200時間
入学金:1.5万円
学費:12.5万円
学費・滞在費・1日3食・服のクリーニング・ハウスキーピング込み
滞在費:学費に含む
食事代:学費に含む
現地支払い費用・お小遣い:3万円ビザ代・教材費等

フィリピン留学までの流れ

Step.01
まずお気軽に無料相談

Step.02
学校決定・申し込み

Step.03
航空券・保険の手配

Step.04
ご出発

よくあるご質問

治安って大丈夫?
フィリピン留学においてよくある質問が治安について。実際フィリピン=治安が悪いと思われがちですが近年フィリピンの治安は劇的に改善しています。特に学校の集まるセブやクラーク・バギオといったエリアでは多くの留学生が生活していても問題ありません。ただ海外ということは忘れず「派手な服装で歩かない」「夜道の独り歩きは避ける」などの基本的なことを気を付けていれば犯罪に巻き込まれる可能性は極端に低くなります。
また、フィリピンの学校は基本的に24時間セキュリティーガードが警備しているので外部の人が入って来ることもありません。ご自身で生活する欧米留学と比べフィリピンは学校が学生のケアや安全面の対策をしているので留学生がトラブルに合う率は非常に低いと言えます。
フィリピンの学校/滞在先の綺麗さ衛生面ってどんな感じ?
もちろん学校によって設備の差があります。リゾートホテル並みの設備環境が整った学校から、校舎は古いもののリーズナブルな学校もございます。フィリピン留学は各学校に専属の清掃員がいて、学生様の滞在先も基本的にはハウスキーピングサービスが提供され、定期的に枕カバーやシーツの交換までしてくれます。ですので清掃の行き届いた学校とお部屋で快適に過ごせる学校が多いと言えます。各学校の設備・綺麗さに関しては現地を知り尽くしたフィリピン留学ワールドにご相談ください。
物価ってどのくらい?
物価は日本の約3分の1から5分の1と言われています。物によっては10分の1ぐらいの値段で買えるものもあります。現地でのお小遣いは、個人差がありますが、あまり大きな買い物や週末旅行などの費用は省いて考えますと、1ヶ月あたり2万円くらいが平均です。週末旅行、ダイビング、ゴルフなどをされる場合は3万円~5万円程度あれば大丈夫

- ビール:25peso〜(約58円)
- タバコ:35peso〜(約80円)
- 映画:110peso〜(約250円)
- マッサージ1時間:150peso〜(約350円)
- タクシー初乗り40peso(約90円)

*1peso=2.3円
フィリピン英語の訛りや発音は大丈夫?
「フィリピン人の英語はどこの国の人が聞いても聞き取りやすい」と言われておりアメリカ人・イギリス人・オーストラリア人・シンガポール人など英語圏のどこの人が聞いても分かりやす発音や相手が納得しやすい単語を使い表現します。日本人が目指すべき英語の形はネィティブスピーカーにもノンネイティブスピーカにも聞き取りやすいフィリピン英語にあると考えることが出来ます。
また、フィリピンは日本から一番近い英語圏で世界で3番目に英語の話す人口が多い国となります。学校教育が基本的に英語で行われているのでフィリピン人は英語ができ、アメリカや各国の英語の大手コールセンターがこぞってフィリピンに進出しています。

フィリピン留学マニュアル

まずは無料で留学相談から
日本からはこちら
050-3749-5949
オーストラリアから
04-0171-3952

お気軽にお問い合わせくださいませ