【体験談】オーストラリアで出会った優良ファーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもこんにちは!!立元義也です。

渡豪して既に8ヶ月が経ち、時間の流れの速さと加速する老化に焦りを感じております。

8ヶ月のうち4ヶ月はファームで、残りの4ヶ月はシドニーでという真逆の生活を送ってきたのですが、今のところどちらも楽しんで生活できました。

今回はそんな僕が楽しんだ、優良ファームの体験記をご紹介したいと思います。僕自身はすごく楽しんだファーム生活ですが、ネットで検索するとファームの悪評ばかり…このファームは悪徳だとか、ファームは楽しくないという情報が多い…

そんなことはないということを皆さんに理解してもらえるよう記事にしたので是非お読み下さい。

何がそんなによかったの??

まずはじめになにがそんなに良かったのか僕の感想を紹介致します。

とにかく外国人が多い

僕の行ったファームはとにかく外国人が多かったです。日本人との割合を比べると1:12ぐらい多い。しかもシドニーやメルボルンなどシティにいるだけでは会える可能性の少ない国籍の人までいました。

街がすごく小さく(コーヒーショップ一軒、パブ1軒のみ)、シェアハウス5軒ほどとキャラバンパーク1世帯だったので、すぐみんなと顔見知りになることができます。またこの街の住人は5つの異なるファームで働いている人が住んでいるので、その分友達もたくさん作ることができました。

景色が見たことないくらい綺麗

僕の行ったファームがとても田舎だったせいか、景色、自然がとても綺麗でした。朝焼けも、夕焼けも、星空も、山火事でさえも美しいと思えるものでした。因みに山火事は定期的にファームが行ってる故意的なもので、危険ではありません。

現在の僕の実家は宮崎の都城という場所にあり、こちらもだいぶ田舎ですが、ファームに比べるととんでもないくらい都会に思えてしまうほどです。毎日見る景色全部が僕にとってはそこで働く要因の1つでした。

給与、労働時間がしっかりしている

私はそこのファームで4ヶ月働きましたが、1度も給料、労働時間に不満を持つことはありませんでした。4月のイースターのために4日しか働けない週も1回だけありましたが、その週でも給料はAU$700越え。

労働時間も06:15-16:30までしっかり働けますし、基本的にはその時間にしっかり終わります。仕事面ではホワイト企業と言えるくらいちゃんとした、悪徳とは真反対のファームだったと思います。

トンガ人との出会い

皆さんはトンガという国があるのをご存知ですか??オーストラリアに来てから今までトンガ人を知ってる日本人には2.3人しか会っていません。

私はファームでハンピング(バナナを木から切り、運ぶ)というメインジョブを、トンガ人というスーパーサイヤ人みたいな人たちと一緒に行っていました。彼らはとても優しく、面白く、食べること、音楽そして女の子が大好きな人種です。言葉にはできないくらい、彼らとの出会いは僕の人生で貴重なものとなりました。

(同い年とは思えない3人…両端がトンガ人です。)

その他にも….

その他にもいい点はかなりありました。キャラバンパークのオーナーのDebbyはめちゃくちゃ優しく、僕がケアンズ→シドニーの飛行機を間違えてシドニー→ケアンズの飛行機を取ってしまった時も、電話でキャンセルから予約までしてくれました。コーヒーショップのオーナーのMozyも優しく、Mozyの犬によく会いに行ってました(Mozyの犬だからモジ犬って呼んでました)。

週末は毎週パーティーだし、キャンプファイヤーもあるし、50人くらいの前で踊ったりもしました。2台の車を使って海まで行き、海辺にテントを張って泊まったり、ベトナム人とサッカーをしたり、ボクシングも教えてもらったり….とキリがないくらい楽しいことだらけでした!

私は日本にいた時からダンスをしていたので、毎晩ダンスのレッスンをさせてもらい、日本人はもちろん台湾人、中国人、ドイツ人などなどいろんな人が参加してくれたのもいい思い出です。それをきっかけにご飯作ってもらえたり、仲良くもなれました!

さらにおまけに英語を教えてくれる外国人の友達まででき、その子とは今シドニーの同じマンションに住んでるくらい仲良くなりました!人との出会いもファームの素晴らしい点の1つだと思います。

ファームを決めるまでの流れ

ファームを決める前の僕は今と比べてファームに関する知識が少なく、どう探したらいいのかわからない状況でした。その中でもファームに行く目的だけはしっかり持っていて、セカンドビザの取得と、ファーム後の生活資金を貯金すること、英語が全く喋れない状況だったのでそれを少しでも改善することを目標に、ファームを絞りました。

ネットで検索してもどの情報がウソかホントかわからず、かつ悪徳注意の情報しかないため、オーストラリアで実際にファーム経験のある人からたくさん話を聞きました。

すると、友達が以前働いたファームを紹介してくれ、条件が合ったためオーナーを紹介してもらい、連絡を取り、そこのファームに行くことを決めました。僕の場合、かなり運がよかったと思います。笑

(実際のキャラバンパークの様子、玄関前)

ファームでの1日の流れ

実際に僕が行っていたタイムスケジュールを記載しています。(人によって時間が変わる場面もありますのでその場合は付け足しで下に情報を記載しております。)

時間 行動
05:30 起床※1
06:00 送迎バス乗車※2
06:15-10:00 仕事開始①
10:00-10:20 Smoke and coffee break
10:20-13:00 仕事再開②
13:00-13:30 昼休憩
13:30-16:30 仕事再開③
16:30 仕事終了
16:30-21:30 自由時間※3
21:30 就寝※4

 

※1職種によって仕事の始まる時間が異なるため、起きる時間は人によって異なります。因みに私はファームのメインジョブだったので1番早かったです。

※2 職種によって06:00-06:15の間で時間が変わります。

※3 この間に風呂、食事、洗濯等を終わらせます。次の日の昼ごはんも自分で作らないといけません。

※4 何時に寝ても何時まで起きてても問題はありませんが、遅くても23:00には眠りについていました。

基本的に月曜から金曜はこのタイムスケジュールで、土曜日はお昼までお仕事です。土曜の昼以降と日曜日は完全に休みなので何しても大丈夫です。僕の場合は毎週土曜日の晩に外国人とのパーティー(約20ヵ国もの外国人が滞在していました)をしたり、友達の車に乗せてもらい観光したり、キャンプしたり、買い物に行ったり、Festivalに行ったり。。。といろんなことをして楽しんでいました。

ファーム選びで気をつけた方がいいポイント

ファーム選びで気をつけたほうがいいポイントとして、自分が気になる点はしっかりと調べておくということです。給料や雇用形態はもちろん、国籍バランス、Wi-Fiの有無、部屋がオウンなのか、洗濯機の有無、ファーム周辺で何が買えるのか、お風呂やトイレの環境など、調べておく情報は山ほどあります。

個人でしっかりと情報収集することによって問題点も把握できますし、何よりミスマッチを防ぐことができます。

僕は運良く自分好みのファームに行くことができましたが、調べていたほうが絶対にいいです。僕の行ったファームに行き辛いと感じ、3日で夜逃げした。という人もいたみたいです。このように、人によってそのファームがいいのか悪いのか感じ方が全然変わってくると思いますので、自分がファームに行った際に快適に過ごせる条件を考え、当てはまるところを探すのがいいと思います。

最後に

今回は優良ファームに行くことができた僕の体験談をご紹介をさせてもらいました。ファームに行く予定のこの記事を読まれた皆さんが、かけがえのないファーム生活を過ごせることを心よりお祈りしております!

もし何かご相談があれば気軽にご連絡ください!!

この記事を書いた人


yoshiya
yoshiya
オーストラリア在住ダンサー兼ライター

1993年4月20日神戸生まれの立元義也です!
大学卒業後、渡豪。
趣味はダンスと服作り。
DJや動画編集もちらほらしてます!
ここに書ききれないくらい多趣味です!すぐ色んなことに興味を持ちます!
面白そうなことでおすすめがあれば教えてください!

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。