山好き必見!絶景オーストラリアの山 【ベスト5】

このエントリーをはてなブックマークに追加

大自然がいっぱいのオーストラリア大陸。山も海も見どころがたくさんあり、どこに行こうか迷ってしまうと思います。オーストラリアの山は、日本ほど高くはありませんが、壮大で美しい景色がたくさんあります。そこで今回は、日本でいろんな山に登ってきた私がオススメする、オーストラリアの山々を紹介したいと思います!

1.ブルーマウンテンズ国立公園

Blue Mountains National Parkは面積がおよそ267,954ヘクタールの広大な国立公園です。 最高地点はウェロング山で標高1,215メートル、最低地点はネピアン川で標高20メートルです。この地域には様々な種類のユーカリがあり、気温の上昇に伴い気化したユーカリの油が空気中に広がります。それに光が反射し、山が青い霧に包まれているように見えるため、ブルーマウンテンズと呼ばれています。 日帰りで行かれる方が多いですが、かなり広大な公園のため、しっかり堪能したい方は近くで1泊してもいいかもしれません。

場所

NSW州 シドニーから西へ約70kmのカトゥーンバという地域にあります。

アクセス

電車

私の一番のオススメは電車です。 セントラル(Central)駅からBlue Mountains Lineを使用し、カトゥーンバ(Katoomba)駅で下車します。乗車時間はおよそ2時間です。その後、エクスプローラーバスに乗ると、周辺の絶景ポイントや見どころを紹介してくれます。有名なポイントのエコーポイントまでは駅からおよそ1.5kmですので、歩くのが好きな方は歩いていくことも可能です。

ちなみに電車の料金は往復15.60ドル。ブルーマウンテン・エクススローラー・リンクというチケットを買えば、およそ50ドルです。エクスプローラー単体の値段は40ドルで、9:00〜16:45の間に30分もしくは1時間の間隔で運行しています。

日曜日がお得!

オーパルカードを持っている方は日曜日にはセントラル→カトゥーンバ間を、往復2.50ドルで行くことができるのでオススメです。

車でも約1時間半〜2時間で行くことが可能です。 シドニー市内でレンタカーを借り、MOTORWAY 4 (ハイウェイ)を使ってブルーマウンテンズへ進みます。

ツアー

もちろんシドニー市内からのツアーもあります。 ツアー会社にもよりますが、およそ80〜110ドルで行くことは可能です。個人で行くのが心配な方は、ツアーが便利で楽だと思います。

おすすめ季節

年中行けるスポットですが、私のオススメは9〜5月です。しかし、真夏や真冬は避けた方が良いかもしれません。

おすすめコース

エコーポイント

有名なスリーシスターズを望むことができるポイントです。カトゥーンバ駅から約1.5km、徒歩でも約30分ほどで行けるところにあります。また、エコーポイントからスリーシスターズまでの平坦なウォーキングコース(往復約30分)もあります。

スリーシスターズには、美しい3姉妹がアボリジニによって岩に変えられてしまったという伝説があります。かつて、3姉妹と祈祷師である父親が住んでいました。ある日、その家族のもとにバンイップという魔物が現れ、父親は娘たちを守るために彼女たちを岩に変えて隠し、自身はコトドリになって岩に隠れました。しかし、コトドリになった父親は元の姿に戻れず、岩になった娘たちが残ったというお話です。ぜひ、この物語も想像しながらスリーシスターズを訪れてみてはいかがでしょうか。

またエクスプローラーバスに乗れば、約30ヶ所をバスで周ってくれるので、あまり歩かずにいろんなポイントを観光することができます。

シックスフットトラック

山好き、トレイル好きなら是非とも行っていただきたいのが、シックスフットトラック。 約45kmの道のりを3日間かけて歩くコースです。 カトゥーンバからジェノラン鍾乳洞まで、滝や崖、洞窟などを見ながら歩きます。ルート上にはキャンプ場が3ヶ所あり、体力や日程に合わせて調節しながら歩くことができます。オーストラリアの大自然の中でテントが張れるなんて、登山やキャンプ好きにはたまりませんね!また、カンガルーやウォンバット、約150種類もの鳥も生息するので、シャッターチャンスを見逃さないで!

グランドキャニオン

グランドキャニオンといえばアメリカを想像しますが、実はこのブルーマウンテンズにもグランドキャニオンと呼ばれる場所が存在します。アメリカのグランドキャニオンのイメージとは違い、ここはとても緑豊かな場所です。カトゥーンバの隣町、ブラックヒース(Blackheath)駅から登山口までは徒歩約50分。エバンス展望台までは登山口から約1時間です。エバンス展望台へは他のツアーでも行けますが、グランドキャニオンを歩くツアーはあまりないようです。 約3-4時間のコースですので、行ける方はぜひこちらも行ってみてください!

オーストラリア政府観光局 ブルーマウンテンズ

2.コジオスコ国立公園


https://www.flickr.com/photos/unquestionism/

コジオスコ(Mt.Kosciuszko) の標高は2,228mで七大陸最高峰の一つでもあります。 最高峰と聞くと少し構えてしまいがちですが、日本の山と比べると低く、山頂までも簡単に登頂できることで知られています。しかし、コジオスコ山周辺は700,000ヘクタールもある広大な国立公園で、ユネスコの生物圏保護国も指定されていて、自然豊かで魅力的な山です。 また、付近はスノーウィーマウンテンズと呼ばれており、麓にはスキー場もあります。

場所

NSW州スノーウィマウンテンズ地域 登山口はThredbo(スレドボ)というスキー場です。

アクセス

オススメは車!

スキーシーズンはシドニーやキャンベラからシャトルバスが出ていますが、登山シーズンは車で行くことをオススメします。シドニーからは車で約5時間、キャンベラからは約2時間半です。キャンベラの空港からは約1時間で行けますが、シドニーからは本数が限られているため、レンタカーで行くのがいいと思います。

ツアー

シドニーやメルボルンから1泊もしくは2泊のツアーもあります。少し高額に思えますが、運転が辛かったり、登山が不安な方はこちらもツアーを利用してもいいと思います。

おすすめ季節

ベストシーズンは12月〜3月です。スキーを楽しみたい方は冬季もオススメです!

おすすめコース

サミットウォーク

片道9km、往復約6時間のコースです。急な登りはほとんどなく、誰でも日帰りハイキングを楽しめます。朝早く登山を開始した場合、早い方ですと午前中に登山口まで戻って来れるかもしれません。でも、せっかくなので急がず、ゆっくり景色を楽しみながら登りたいところです!

最短コース

コジオスコ・エクスプレスというリフトを使ったコースです。リフト最終地点は標高約1,930mで、山頂まで残り約300mしかありません。往復約13km、4〜5時間のなだらかなハイキングコースです。

健脚の方は…

シャーロット峠から入る往復約32km、約8〜10時間のコースがオススメです!コースは二手に分かれていて、片方はサミットウォークへ続く道、もう片方は尾根歩きのメーンレンジウォークです。好きな方を往復しても良いですが、せっかくなので行きと帰りでコースを変えて歩きたいところです! そして下山後に欠かせないのがビール!!!せっかくスノーマウンテンズまで来たなら麓で一泊し、美味しいビールで喉を潤したいですね!

3.クレイドル山国立公園


https://www.flickr.com/photos/aurora_design/

オーストラリアのタスマニア州にある広大な国立公園で、正式名称はクレイドル山セントクレア湖国立公園です。クレイドル山(標高1,545m)をはじめ、タスマニア最高峰のオッサ山(標高1,614m)をはじめ、周囲にはその他1,500m級の山々が連なっています。1〜2時間の初級コースから6日間の上級者コースまでいろんなコースが存在します。この地域はユネスコの世界遺産にタスマニア原生地域として登録され、こちらも大自然の宝庫です!

場所

タスマニア州北西地域 中心となる街はクレイドルバレイです。

アクセス

シドニーからタスマニアのホバートまで直行便の飛行機があり約1時間45分、一番近いメルボルンからは約1時間です。ホバートからクレイドルマウンテンまでは車で約4時間かかります。 もっとも近いのは、デボンポートという街で、クレイドルマウンテンまで約1時間半で行くことができます。しかし、デボンポートまではシドニーからメルボルンで乗り換えて合計約3時間半かかります。 乗り換えは面倒ですが、車の移動時間を考えるとデボンポートからアクセスした方がいいかもしれません。ちなみにメルボルンからはフェリーでもデボンポートまで行くことができます。

おすすめ季節

11〜4月がオススメです。

おすすめコース

ショートウォーキングコース

ダブ湖やクレーター湖周辺のウォーキングなど最大で3時間ほどのコースです。ビジターセンターからダブ湖を目指してもいいですし、あまり歩きたくない方は行きたい場所の近くのシャトルバス停留所で降り、その周辺を散策するのがオススメです。ダブ湖の近くには駐車場もあり、約2時間ほどでダブ湖を1周することができます。

クレイドル山登頂

せっかくクレイドル山に来たなら山頂には登っておきたいもの。しかし、登山経験者なら大丈夫だと思いますが、山頂直下はハードな岩場もあり初心者には厳しいかもしれません。コースタイムは往復6時間程です。

オーバーランドトラック

約65kmのコースを6日間かけて歩くコースです。途中にはクレイドルマウンテン最高峰であるオッサ山があり、こちらも登ることが可能です。このコースは1日に入れる人数が決められており、11〜4月のベストシーズンは予約が必要です。またコース上にはハットもありますが、テント持参が義務化されています。でもせっかくならハットに泊まるより、自分のテントをタスマニアの大地に張りたいところです!そして、同じ日に入ったメンバーはほとんど同じ行程で歩くので、個人参加でも他のメンバーと仲良くなり、ゴールした時の喜びをハグをしあったりして分かち合うことができます!距離は長いですが高低差はあまりなく、コースもわかりやすいです。ぜひ挑戦してみてください!

4.カタ・ジュタ

https://www.flickr.com/photos/riepon
ウルル=カタジュタ国立公園にある岩群のことで、オルガ山として知られています。カタジュタとはアボリジニーの言葉で『多くの頭』という意味で、その名の通りいくつもの岩が連なってできています。カタジュタは36もの岩群からなり、その範囲は20km以上に広がっています。ここは古くからアボリジニーの聖地になっていて、男性の聖地であるため、観光で許可されているエリア以外に女性が立ち入ることができません。

場所

ノーザンテリトリー州のアリススプリングスから車で約500km、エアーズロックからは約50km離れた場所にあります。

 

アクセス

シドニーからですと飛行機で約3時間、コネラン空港(Ayers Rock Airport)まで行きます。もし車の場合はアリススプリングスまでも30時間ほどかかるので、飛行機の利用をオススメします。コネラン空港でレンタカーを借りて、7kmほど走るとエアーズロックリゾートに到着します。ホテルやコテージなど宿泊地が豊富なので、基本的にはこちらに泊まりエアーズロック、カタジュタを目指します。

おすすめ季節

オススメは秋の3〜5月、春の9〜11月です。この時期が最も過ごしやすく快適に観光できると思います。こちらは年中行くことが可能ですが、真夏は最高気温が40度以上になることもあるため、あまりオススメしません。もし行かれる場合は、厳重な日焼け対策と熱中症対策が必要です。

おすすめコース

風の谷(Vally of the Winds Walk)

約4.2km約2時間のコース。ナウシカのモデルとも言われるこのコースですが、宮崎駿先生は完全否定されているそうです。とは言っても、この世のものとは思えないほどの絶景、この空間はナウシカの世界にいるような気分になれること間違いなし!ただハエがたくさんいるので、ハエ除け対策は必要です。途中には第一展望台、第二展望台があります。

ウォルパ渓谷(Walpa Gorge Walk)

往復約1時間のコース。カタジュタ最高峰のオルガ山などドーム状の岩の間を歩きます。風の谷に比べ平坦で歩きやすく、また距離も短いので楽に楽しくことができます。

 5.バートルフレア山(ウールーノーラン国立公園)

ウールーノーラン国立公園(Wooroonooran National Park)にあり、クイーンズランド州最高峰のバートルフレア山(Mt.Bartle Frere)は、標高1,611mです。晴れた日には海岸からアサートンの美しい景色まで楽しむことができます。また、頂上に登ると熱帯雨林独特の植物や野生動物を見ることができます。

場所

クイーンズランド州のウールーノーラン国立公園にあります。

アクセス

ケアンズから車で約1時間で行くことができ、ケアンズ発のツアーもあります。

おすすめ季節

ケアンズの近くなので年中暖かいですが、オススメはケアンズが乾季である5〜11月です。雨季は降水量も多いためあまりオススメはしません。

おすすめコース

バートルフレア山登頂

登山が好きな私のオススメはバートルフレア山登頂です。JosePhine Fallsの駐車場に車を止め、山頂までのコースを楽しみます。登頂後は同じルートを戻ってきてもいいですし、車で行かなかった場合はAtherton Tablelandまで約15kmのトレイルを楽しむことができます。交通のことを考えると、車で行き、山頂ピストンがベストだと思います。また、山頂までには2つのキャンプ場がありキャンプも楽しめます。ぜひ、のんびり登ってキャンプもしてみてはいかがでしょうか。

バートルフレア山までの登山マップ
(Queensland Government公式サイトより)

https://www.npsr.qld.gov.au/parks/bartle-frere/pdf/bartle-frere-trail-map.pdf

ジョセフィン滝

Josephine Falls Parking Areaから約5〜10分で歩けるコースです。付近には往復約1.2kmのウォーキングコースもあります。また、この滝にはツルツルとした一枚岩があり、まるでウォータースライダーのようになっていて、大人も子供も楽しめる場所になっています。付近でBBQをした後は川で遊び、オージー流の楽しみ方を満喫してみてはいかがでしょうか。

【持ち物】

これらの山に行くのに最低限必要だと思う持ち物です! 行く場所によってはトレッキングシューズは必要ないかもしれません。

  • 登山靴
  • リュック
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 帽子
  • カメラ
  • 雨具
  • 防寒着
  • ストック
  • マップ
  • 行動食
  • スマホ・携帯電話
  • お昼ご飯
  • お金

【オーストラリア山の楽しみ方】

オーストラリアの山は日本の山のように急登だったり、いくつも登り返しがあるような山は少ないです。最高峰のコジオスコも山としては標高は高くありません。しかし、日本では出会うことのない野生生物や植物、そして日本とは比べ物にならないほど広大な自然が広がっています。

また、キャンプ場があるトラックもたくさんあるので、日本とは違った雰囲気の中でテント泊を楽しむことができます。日本では登山後の醍醐味は温泉ですが、残念ながらオーストラリアには限られたところにしか温泉はありません。しかし、キャンプ場でみんなでご飯を作ったり、ワインやビールを楽しむスタイルは同じ!ぜひ、仲間と楽しい夜を過ごしていただきたいものです。

【まとめ】

いかがでしたか?オーストラリアは海のイメージが強く、あまり山は知られていないかもしれません。しかし、実際はたくさんの山があり、大自然が広がっています。今回ピックアップした山もほんの一部に過ぎません。さあ、未だ見ぬ野生動物や植物があなたを待っています!ぜひ、カメラを持って山へ出かけてみましょう!

この記事を書いた人


raychell
シドニー在住ブロガー兼フォトグラファー

日本では放射線技師として働いていましたが、英語の勉強だけでなく、いろんな経験をしてみたいと思い、シドニーへやってきました。趣味は登山やカメラ、旅行で、大自然がいっぱいのオーストラリア生活は日々ワクワクの連続です^^ よろしくお願いします!
まずは無料で留学相談から