オーストラリアの紫外線は日本の5倍!?日焼け止め等の対策で紫外線から守る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

オーストラリアでは強力な紫外線のため、毎年、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)の治療を受ける人が11,500人以上と言われます。オーストラリアに住む上で、最大の敵と言っても過言ではない紫外線。オーストラリア政府も積極的に国民に紫外線対策を啓蒙しています。一般には日本人の私達は、皮膚癌の心配まではする必要がないと言われますが、日焼けで肌が老化していくのは周知の事実。日本にいる時以上に日焼け止め対策、怠りなくがんばりましょう!

紫外線の種類

紫外線の種類は2種類あり

  • UV-A = 長波長 315-400nm
  • UV-B = 中波長 280-315nm
  • UV-C = 短波長 280 nm 未満

UV-Aとは

紫外線の約95%を占め、皮膚の真皮まで届いて弾力性を失わせ、老化を促進させます。これが光老化と呼ばれるもので、日焼け止めにはPA+++などと記載されています。+が多いほど効果が強いものですね。
UV-Aはシミ、シワ、たるみを引き起こします。

 

UV-Bとは

肌の表皮層に作用しますが、皮膚はメラニンを生成して防御します。その結果、肌が黒くなる、いわゆる日焼けが起こります。日焼け止めでSPF値として表示されているのは、このUV-B波についてです。
日焼けで肌を黒くするほか、シミの原因になることも。

 

UV-Cとは

最も有害極まりないけれど、オゾン層によって遮られ、地上には届かないとされているUV-C。
ですが、オゾン層が薄い北極や南極に近いチリなどの地域で皮膚障害の報告があるそうです。
オーストラリア上空にも、オゾンホールがあるらしいのですが・・・。どうなのでしょうか。
UV-Cに対応している日焼け止めはないと思われます。

オーストラリアの紫外線は日本と比べて強いのか!?

UVインデックス(指数)とは

紫外線は指数が以下のように定義されています。


参照:気象庁ホームページより
http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-50uvindex_manual.html

シドニーと東京の紫外線の比較

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
SYDNEY  9  9  7  5  3  2  3  4  6  7  9  10
TOKYO  2  4  5  8  9  9  10  9  7  4  2  2

参照:WHO UVインデックス

WHOのUVインデックスによると、シドニーで一番高いUVインデックスの月は12月で指数は10ですが、東京の一番強い指数も同じく10で7月です。つまり東京とシドニーの真夏の紫外線の強さは同じ!!

東京で一番指数の低いのは11、12、1月の三ヶ月で全て2。シドニーで一番指数の低いのは2ですが6月のみで、5月と7月は3となっています。

よく、シドニーの紫外線量は東京の五倍などと言われたりしていますが、12月の紫外線量を比べているのかも知れません。確かに、12月の弱い紫外線量の冬の東京から真夏のシドニーに来たら5倍の紫外線量ですね。

オーストラリアで効果的な日焼け対策

上記で比較した通り日本の夏とオーストラリアの夏では大きな紫外線量に違いはありませんが、実際体感としてはオーストラリアで日焼けが原因のガンや皮膚のトラブルを起こす人が多いと感じます。それを予防するために書くに普段からできる日焼け対策をあげます。是非参考にしてみて下さい。

1. 日光を防護できる服を着用する

できるだけ多くの皮膚を覆う、長袖、首までくる襟つきシャツを着用しましょう。
UV加工されている服はもちろんですが、綿、ポリエステル、ビニロン、リネン、羊毛などの素材、目の詰まった厚い生地がよいとされています。夏の暑い時期、目の粗い涼しげな服を選びがちですが、残念ながら、紫外線の防御にはなりません。
また、色としては、黒が一番紫外線を通さず、青、黄色、オレンジ、ピンク、白、といった順番で遮蔽します。

2. SPF 30以上の日焼け止めを使う

ちょっと前まで、オーストラリアではSPF50の日焼け止めは見かけませんでした。今は続々とSPF50の日焼け止めが店頭に並んでいます。日焼け止めは絶対塗ること、日焼け止めだけに頼らないこと。二時間おきに塗ること、外出する20分前には塗っておくこと、というのがオーストラリアの推奨ガイドラインです。

3 .帽子

つばが幅広の帽子で顔、鼻、首、耳を保護する。紫外線の反射もあるので、同時にサングラスや日焼け止めも併用推奨。つばが10センチ以上の帽子(ハット)だとほぼ紫外線をカットできるのに対して、つばが四方ないキャップだと、つばが同じように10センチでも、ハットに比べて20%ほどカット率が落ちます。それでも何もかぶらない場合は直で紫外線を浴びてしまうことに。オージーはキャップとサングラスで屋外でエクササイズしている人達もいますね。

4. 日陰にいる

木陰などの日陰にいるだけで紫外線の影響を受ける度合いは軽減されます。オーストラリアは緑が多く、日陰を探すのは難しくはないですね。夏、日陰にはいると、日本と違ってすっと涼しく感じます。バス停でバスを待つ場合も、小さな日陰に体を隠すようにして待っている人達もいますね。

5. サングラス

目への紫外線への影響は、サングラスとつばの広い帽子で最大98%減らせます。サングラスにはUVカット・紫外線透下率、可視透過率などがタグに記載されています。中でも、UV400と書いてあるものを選ぶとよいです。これは、紫外線の最長波長の400nm以下のものをカットする、という意味です。紫外線カット率は低いほどよし。

可視光透過率につては、目に見える光をどれぐらい通すレンズか、ということなので、紫外線透過率とは関係ありません。色が濃くなるほど、光を通しませんが、どちらかというと色の濃すぎるものより、薄いものの方がおススメです。暗い視界になると瞳孔が光を集めようと開いてしまうので。また、トンネルや日陰など暗いところでも見にくくならない程度のものがいいですね。大人だけでなく、子供さんにもサングラスはかけてあげてください。

日本とオーストラリアの日焼け止めの違い

オーストラリアの日焼け止めは、紫外線散乱剤がほとんど。塗るとべたつき、白くなりがちです。対して、日本の日焼け止めのほとんどは紫外線吸収剤紫外線散乱剤の混合のものが多く、さらさらして白くならないものが多いです。オーストラリアの日焼け止めは匂いも独特のものがあるので、日本人には日本の日焼け止めがいいかもしれません。ただ、肌の敏感な人などは、紫外線散乱剤が大半であるオーストラリアの日焼け止めを使ってみるのもいいかもしれません。

日本のオススメの日焼け止め

アネッサ

絶対焼かないで有名なアネッサ。SPF50+で日焼け止めとしても強い効果を発揮し、成分の50%がスキンケア成分で作られています。日本のアットコスメ、日焼け止め部門で2017年第1位。

アリー

ヒアルロン酸、コラーゲンなどの美容成分配合。水や汗で落ちにくいだけでなく、摩擦にも強い、UVジェル。

 

その他、日本には普通のドラッグストアで買える、プチプラでも効果大のものがいっぱい。

 

オーストラリアのオススメの日焼け止め

Banana Boat(バナナボート)

オーストラリアのドラッグストアでどこでも買える、定番の日焼け止め。スーパーでも買えます。耐水性4時間、アウトドアでのアクティビティにも。

キャンサーカウンシル(Cance Coucil)

軽い付け心地の、べたつかないタイプの顔用ローション。メイク下地にも。仕上がりはマットな感じ。

Invisible Zinc

目に見えない自然の原材料、ZInc Oxide(酸化亜鉛)が紫外線をカットする自然派日焼け止め。自然のミネラル反射剤が紫外線をカット。オーストラリア製。お値段はちょっと高め。

 

 

ちなみに、オーストラリアの日焼け止めは、UV-AとUV-Bを防御します、と書いてあるものの、
日本の製品のようにPA値が記載されていません。女性にとってはPA基準が大問題だったりするんですが・・・。

日本の日焼け止めはさらさらになるので、たっぷり塗っているのかわからなくなりがちですが、オーストラリアの日焼け止めは白く重くなります。思い切り重く、白く塗りたくるのがコツです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

オーストラリア出身の人気俳優、ヒュー・ジャックマンは日焼け止めを塗らなかったせいと自身で言っているそうですが、2016年に鼻に皮膚ガンが再発し、五度目の手術を受けました。
オーストラリアはとにかく、皮膚ガンクリニックがあちこちにあるほど、紫外線の害が甚大です。
体感的には、 紫外線量が日本の夏と同じ、とはどうしても思えないレベルです。

もしかすると、オゾン層で遮られるので地表に届かないとされるUV-Cが、オーストラリアには・・・などと邪推してしまいそう。皆さんは、どう考えられますか?

日本より、日傘の人がいなくてさすのが恥ずかしかったりもしますが、一時の恥より一生の健康。そのうっかりが後の後悔です。女性だけでなく男性も、紫外線対策をがんばりましょう!

 

この記事を書いた人


Kaori
Kaori
留学カウンセラー

大学卒業後、大手ファッションアパレル会社に勤務。都内の店舗に勤務時、海外からの顧客が多かったことから勉強を始めた英会話がきっかけとなり、大学時代に叶わなかった海外生活を実現。オーストラリアではメディア会社での編集業務を経て、現職に。

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。