オーストラリアで働く!最低賃金や仕事探し方!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアや海外で働けばあなたにとって大変貴重な経験を積むことができます。

もちろん働けば生活費を稼ぐことができますので長期滞在もしやすくなります。それに自分のスキルアップ・キャリアアップを目標に仕事をすることも出来ます。

ではどのようにしてオーストラリアで仕事を探していけばいいのでしょうか?

今回はオーストラリアでの仕事の探し方や面接のコツ、最低賃金などについてご紹介します。

働く前に知っておきたい実際オーストラリアで働くワーキングホリデーの現状についてご案内します。

オーストラリアで仕事の探し方

初めての海外暮らし、自分の英語力で仕事が見つかるのか?と不安もあるかもしれませんがご安心ください!どのように仕事を探したらいいのか様々な方法をご案内します。

①WEBサイトで探す

日系のサイトとオーストラリア現地のローカルサイトがあります。サイト内の求人欄から検索したり、履歴書を登録したりすることができます。

日系情報サイトで探す

シドニー、メルボルンなど都市部の募集が多いです。

こんな人におすすめ:初めて海外で仕事をする人。仕事経験があまりない。いまはまだ英語に自信がない。とにかくすぐ働いてお金を稼ぎたい。

募集されている主な業種:日系企業、飲食業、ファーム、インターンシップ、クリーナーなど。

Oshigoto.com.au
全サイトの求人まとめサイト。シンプルな作りで見やすいです。募集エリア・職種・雇用タイプで検索することができます。

Jams TV
オーストラリア全国の情報が掲載されています。

日豪プレス
オーストラリア全国の情報やニュースが掲載されています。オーストラリアでも古くから運営されている日系媒体です。

チアーズ
シドニーの情報が中心。比較的若者向けの情報やイベントが紹介されています。

DENGON NET
メルボルンの情報が中心のサイトです。

GO豪メルボルン
メルボルンの情報が中心のサイトです。

GO豪アデレード
アデレードの情報が中心のサイトです。

ローカルサイトで探す

ローカルの仕事を探すならこちらです。求人情報は豊富にありあます。オーストラリア全国の様々な仕事を探すことができます。応募する前に募集内容をよく確認してください。

【確認ポイント】
ビザ:ワーキングホリデービザ、留学生でも応募可能かどうか。
募集対象がオーストラリア国籍、永住者のみなどの場合があります。

【資格・経験・英語力など】
英語力はどの程度必要なのか。資格や免許が必要か。
関係する職種の経験が必要かなど応募の条件をしっかり確認してください。

こんな人におすすめ:今までの経験を活かした仕事がしたい。絶対にローカルで働きたい。お金を稼ぐだけではなくキャリアアップのため経験を積みたい。自分が学びたい、チャレンジしたい分野の仕事がある。

募集されている主な業種:日本国内の求人サイト同様ほぼ全ての業種。

Gumtree
巨大クラシファイド。情報量が多く更新頻度も多いです。求人から住まい、売買情報まで。

Jobsearch.gov.au
オーストラリア政府運営の求人サイトです。情報量も多く、信頼度も高いです。

Harvest Trail
 オーストラリア政府運営のファーム求人情報専門サイト。各地のファーム関係の仕事を探すことができます。

CareerOne
求人情報検索サイト。無料で自分のレジュメの評価をしてもらうこともできます。

Seek
求人検索サイト。アカウントを作ればレジュメを登録することができます。マッチしていれば雇用主から連絡をもらうこともできます。

Indeed
求人情報検索サイト。こちらもレジュメを登録することができます。

②人の紹介

基本的なことですが確実な方法の一つです。学校のクラスメイト、シェアハウスの同居人、同じワーキングホリデーの仲間にどんな仕事をしているのか、今募集してないか?など聞いてみましょう。

友達や留学生同士お互いに情報を共有しあうことも生活をしていく上では重要です。日常的にコミュニティを広げるためにも学校に行く、ミートアップやイベントなどに参加しましょう!

③飛び込みで申し込む

日本だとあまりしないかもしれませんが、飛び込みで仕事に応募するのは海外では基本的な方法の一つです。求人情報を店先に張っている場合も多いので確認してみましょう。

【飛び込みの方法】

①1日に行くエリアや自分の気になるお店をピックアップして履歴書を持ってお店を回りましょう。*飲食店はランチタイムなど忙しい時間は迷惑になるので絶対に避けましょう。

②お店に行ってまずは挨拶と「仕事を探しているんですが、今求人募集していますか?」と聞いてみましょう。店長やマネージャーなど責任者がいるかどうかも確認すると話がスムーズに進みます。

③良い印象を与えるのと、自分の情熱をしっかりアピールしておきましょう。

「このお店が好きなんです。」「なぜ応募したのか。」「自分の経験を活かして即戦力になれます。」と動機や自己ピーアールを伝えるのを忘れずに。

1ヶ月で数百枚配る人もいます。最初は大変かもしれませんがあきらめずにどんどん行きましょう!

④エージェントに依頼する

現地のエージェントに相談する、手配を依頼する方法もあります。エージェントにもよりますが手配料や登録料金で多額のお金がかかります。仕事の内容やエージェントのサービスなどが料金と合っているかしっかり確認しましょう。

ちなみに弊社ではお仕事のご相談やコツは無料でご案内していますのでお気軽にお問い合わせください!

面接のコツ

work in Australia

応募したら次は直接面接か電話面接になります。面接中に聞かれる内容は日本で受ける面接とほぼ同じです。ローカルの仕事の場合は、仕事に関しての詳しい質問が多いです。

面接で採用担当者が探している、聞きたいことは、あなたが「この会社/ポジションに合っている人かどうか」ということです。

質問から「相手が何を求めているのか?」を正しく理解する事が大事です。面接官からの質問はあなたがこの仕事にこんなにもぴったりの人間です!とアピールするチャンスです。

オーストラリアでは有名な会社で働いていたなどよりも、あなたがどういった人間なのか?どんな経験があるのか?あなたが持っているスキルは?そしてあなたの仕事に対する情熱を重要視します。面接でしっかり受け答えをして自己アピールをしましょう。

面接を受けたことがほとんど無い・英語の面接に慣れていないあなたへ!

いきなり何の準備もせずに面接に行くのはおすすめしません。面接を成功にさせるためにも事前にしっかり準備をしておきましょう。

まずは面接でどんな質問をされるのかシミュレーションしてみましょう。実際友達などを相手に練習するのも良い方法です。英語面接の場合、事前に英語での回答を考えておけばその場で焦らず落ち着いて話せます。

面接の前に準備しておきたいよく聞かれる質問

面接時によく聞かれる質問をまとめました。どう答えるのか?しっかり準備して面接に備えましょう。

自己紹介・いままでの仕事の経験について
Could you please tell me about yourself?

一番最初にまず聞かれるのがこの質問です。「自己紹介」で重要なのは、どうしてこの仕事に興味を持ったのかという話、この仕事に関係するどんな経験があるか、という点を関係付けて答えましょう。

過去の仕事について

上記の自己紹介に加えて、具体的今までどんな仕事やっていたか、どんな会社にいたのか聞かれます。具体的に答えましょう。

どの程度の規模の会社だったかなど、どんな商品を取り扱っていたか、どんなポジションで何をしていたのか、勤務期間などです。前職の勤務期間は履歴書にも記入しますので事前に思い出して明確にしておきましょう。

志望動機
Why do you want to work with us?

なぜここで自分が働きたいと思ったのか具体的に答えましょう。自分のこんな経験を活かせる、ここで自分が働いてどうなりたいかなど。

過去に達成した業務について

過去の仕事で出した結果や、会社で表彰されたこと、達成した目標例などを具体的に答えましょう。例えば毎月の売り上げノルマを達成するために自分がどのように準備をして、どのような行動をして、どういう結果を残せたかなどです。

資格などについて
What certifications have you received?

現在持っている資格について答えましょう。なるべく仕事に関わる資格だけ答え、効果的に伝えましょう。応募するポジションには関係のないスキルや経験までもアピールしてしまうと自慢になってしまいます。

ビザについて
What type of VISA do you have?

レジュメ内にも記載しますし、面接申し込み時に聞かれます。自分のビザの種類が何なのか、ビザの期限はいつまでなのかを答えましょう。

今後に伸ばしたいスキルについて
What new skills are you looking to develop this year?

自分の持っている更に伸ばしたいスキルについてや、今後この仕事をする上で伸ばしたいスキルについて答えましょう。

長期的な目標について
What are your plans in the next 5 years?

主に5年後位、もしくはもっと長期的に将来自分がどうなっていたいのか、目標などを聞かれます。

前の仕事を辞めた理由
Why did you leave your last job?

前職を辞めた理由を聞かれます。嘘は良くないですが、できるだけ前向き、ポジティブに取ってもらえるよう考えて答えましょう。

なぜオーストラリアで働きたいのか
Why do you want to work in Australia?

日本や他の国では無く何故オーストラリアで働きたいのかを聞かれます。

社員・契約などの雇用形態について
Are you looking for a permanent or contract position?

正社員、パートタイム、カジュアルかなどです。

今後のオーストラリアでの予定などについて

特にワーキングホリデービザの場合などはどれぐらい今の場所に滞在するつもりなのか、セカンドワーキングホリデービザを取得するつもりなのか、そのためファームにいくのか、などについて聞かれます。

永住権や、ビジネスビザを狙っているのならそれについても答えましょう。雇用側があなたが長く働いてもらいたいと思ってもらえればチャンスもあります。

オーストラリアの最低賃金・時給について

shutterstock_506082841

オーストラリアの最低時給は$17.70 。もしくは週給(38時間労働)で$672.70 (*2017年3月現在。税引き前の金額。)

日本円換算:約1,500円($1=約85円)

情報出典:オーストラリア公正労働委員会(FWC)

雇用形態、職種、労働時間、その仕事でのポジションや経験年数、年齢によって最低時給は異なってきます。

基本的に深夜・早朝・祝日に働くと最低時給が上昇します。

労働時間帯で最低時給が変わる

レストランで働いた場合を例にご紹介します。レストランでの最低賃金は$17.70です。
祝日に働いた場合の時給はなんと2.5倍!$44.25。日本円で約3,760円です。
(*2017年3月現在)

深夜・早朝・祝日に働いた場合の時給の変動

平日(月-金)PM22時~深夜勤務:時給+$2.6=$19.76

深夜~AM7時まで勤務:時給+$3.09=$20.79

土曜日に勤務:時給+(時給×25% )=$22.13

日曜日に勤務:時給+(時給×50%)=$26.55

祝日に勤務:時給+(時給×150%)=$44.25

また祝日最低支払い義務は4時間分となります。たとえ仕事が暇で2、3時間で帰らされても雇用主は4時間分の給料を支払わなくてはいけません。

オーストラリアの時給の高さは、景気が世界的に見ても良いことや、祝日など休みやプライベートを大事にするオーストラリアの文化が反映されているからです。

人件費が高いため物価も高めではありますが、仕事さえしっかりできれば余裕を持った生活が十分にできます。

また労働者や労働環境を国や法律がしっかり守っているのもいいところです。

自分の仕事の種類や、労働時間での最低賃金を調べることもできます。
オーストラリア公正労働委員会のサイトからPay Culculaterを使って調べられます。

オーストラリアで働く日本人の実情

オーストラリアの時給が日本と比べてもとても高いことを上で説明しました。しかし残念ながらオーストラリアで働く全員がこの高い時給をもらえているかと言うとそうではありません。

海外で働くためにやはり重要になってくるのは「英語力」です。我々日本人はオーストラリアでは「外国人労働者」になります。「言葉が良くわからなくて、仕事の内容が理解できない。」その場合もちろんローカルの仕事をすることは大変難しいです。

そしてもう一つはビザの問題です。ワーキングホリデーだと原則同じ職場では最大6カ月しか働けません。

そのため同じスキルを持っていても現地の人間や、永住権など長期滞在のビザを持っている人間の方が有利になってしまいます。

シェフ、美容師、看護士、整備士、IT関係など特殊な専門技術やスキルがあれば英語力がまだ万全でなくてもスキル力でカバーすることができます。

しかし英語力もビザもスキルも経験も十分に無い場合、仕事探しは難しくなってきます。

ではどうすればいいのかと言うと、「英語力・経験があまり必要無い仕事」をせざるおえません。

日本人が多くつく仕事にジャパレスと言われている日本食レストランのホールスタッフ、キッチンスタッフなどがあります。

私自身も経験済みですし、周りでも多くのワーホリや学生が働いています。

そんな彼らの時給は最低時給より下の$10〜$15くらいで働いている人が多いです。我々「外国人労働者」にとって英語が不自由なこと、スキルが無いことは大きな不利になってしまいます。

日本で考えてみれば、日本語が話せない外国人を高い賃金で雇ってくれるところは少ないということです。

そのため「最低時給より下でも仕事の選択肢が無い。」という現状があります。

実際に雇用主と従業員間のトラブルも少なくありません。

詳しい労働基準などについてはオーストラリア政府公正労働委員会の公式サイトFair Works Ombdsmanから確認することができます。日本語の資料を見ることも出来ますので参考にしてみてください。

もし自分が職場でトラブルになってしまったら

もし不運にも自分が職場で労働環境や、給料に関してトラブルになった場合オーストラリアの労働基準局に電話や直接相談することができます。

英語に自信がなくても通訳サービスを利用することができるので安心です。

Fair Works Ombudsman
WEB: fairwork.gov.au
住所:175 Liverpool St, Sydney NSW 2000
電話:13 13 94
(月〜金)午前8:30〜午後17:30
土日祝日は休み

【通訳をつけて電話で相談する場合】
①電話 131 450の翻訳通訳サービス (TIS)に電話をかける(市内通話料金)

②TIS のオペレーターにあなたが何語を話すかを伝える。
「Japanese speaker」と伝えましょう。

③TIS のオペレーターに「どこにかけますか?」と聞かれます。
電話 番号 13 13 94 のFair Work Infoline につなぐように頼んで下さい。

自分の能力と仕事内容、給料が見合っているか?難しいですがそのバランスをよく考えて仕事探し、お仕事がんばっていきましょう。

英語力をしっかり身につければ、より良い労働環境、賃金の高い仕事を見つけることも出来やすくなります。

最後に

「まだ自分の英語力に自信がない。」「すぐに働いてお金を稼ぎたい。」
そんなあなたにはまずシドニーへの渡航をお勧めします。

シドニーはオーストラリア最大の都市です。仕事の募集量も一番多いです。他の都市からお金が無くなって仕事を探しにやってくる人もいます。

シドニーに来ればなんの仕事も見つからないということはまずありません!

英語に自信がない方でも日系のお店や、日本食レストランが多くあります。

まずはそこで実際に働いて実績を作ることができます。同僚と話したり、お客様とのやりとりで英語に慣れていくことができます。

なので英語に自信がない人こそ、まずは最初の仕事をシドニーでしてみる。それがオーストラリア留学生活の良いスタートになると思います。

オーストラリアで働いた実績と経験ができれば、そこから新しい仕事へステップアップしていくことも出来ます。

慣れない土地、外国で生活して行くのは最初は大変かもしれません。最初はうまくいかないこともあるでしょう、でも諦めないでください!

【TAROからのアドバイス・応募に悩んだら。】

自分が条件に合うかどうか分からない。経験は足りないけどどうしてもこの仕事にチャレンジしたい。そんな時は迷わずにまずは応募、問い合わせをしてみてください。

あなたの人柄や情熱があればチャンスをもらえることもあります。せっかくのチャンスを自分で諦めてチャレンジしないのはもったいないです。

またよく日本食レストラン・ジャパレスでは絶対働きたくない!という方も多いです。実際私もそうでした。確かに、「毎日日本語環境で働いて、友達も日本人ばかりで英語力も伸びない…。」という人が多くいるのも事実です。

しかしレストランで働くことが悪いわけでは決してありません!

仕事をしながら、稼いだお金で学校に通って英語をしっかり学ぶこともできます。

プライベートでミートアップやイベントに参加したり、オーストラリア人や他の国の留学生と仲良くなって英語を学ぶこともできます。

何事もメリットデメリットがあります。何よりどう過ごすかはあなた次第です!オーストラリアは英語力と情熱があれば大きなチャンスをつかむことができる国です。

そのためにも英語をしっかり勉強し、オーストラリアライフを楽しみましょう!

この記事を書いた人


Taro
Taro
留学カウンセラー

念願の海外生活第一歩として、フィジーへ留学。
そのままオーストラリアに流れ着きギリホリ(年齢ぎりぎりのワーキングホリデー)開始。
その後メディア会社、レストラン、ドライバーなどの仕事を経て、現在は今までの経験を生かし留学サポートスタッフを担当
現地のリアルな情報を発信していきます

まずは無料で留学相談から

Morrow Worldは安心と信頼の「手数料無料」エージェントです。
ご留学に関するご相談は24時間受付中。費用や渡航前の準備・リアルな現地情報や治安から学校選びに関するご相談まで何でも政府公認の留学カウンセラーを中心としたプロのスタッフが丁寧にお答え致します。まずはご連絡頂ければ、あなたに合ったプランや費用をご提案致します。お気軽にご相談くださいませ。