電車の乗り方 in オーストラリア。ICカード、乗換案内も!

このエントリーをはてなブックマークに追加

国が違えば電車などの交通機関の使い方も違います。切符の買い方、便利なICカードの使い方、行き先や降車駅の表示の見方など、些細なことでも最初は戸惑うことばかり。

オーストラリアでの通勤・通学を快適にし、アクティブなお出かけにも欠かせない「電車の乗り方」を、シドニーを例に解説します。

①便利なオパールカードをゲットしよう!

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%ef%bc%91

知らない国・土地で電車に乗る時は、路線や切符の値段など、わからないことだらけで戸惑ってしまいがちですよね。

オーストラリアでは基本的に切符の乗り越し清算ができないため、降車駅より手前までの切符しか持っていないとキセル乗車と見なされて罰金が課されてしまうこともあるんです。

そこで、まずゲットしたいのが運賃清算用のICカード。

日本でのSuicaやIcoca、Pasmoと同じように、事前にチャージしておいた金額分の運賃清算に使えて、電車やバスなどの公共交通機関において有効です。

切符を買うより割安で、時間も節約できるのが良いところ。

シドニーを中心とするNSW州の場合はOpal card(オパールカード)。

ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズなどのあるQLD州ではgo card(ゴーカード)。

メルボルンを中心とするVIC州ではMyki(マイキー)など、州ごとに異なるので、現地に着いたら必ず購入しましょう。

多くの場合、駅の窓口や街の中のコンビニやニュースエージェントで無料で入手でき、同時にチャージ(入金)してすぐ使えるようになっています。

シドニーのオパールカードはウェブサイトから注文して自宅に郵送で届けてもらうこともできますが、届くまで1週間前後かかるようです。

②乗り換えアプリをダウンロード!

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%ef%bc%92

シドニーやメルボルンの場合、公共交通(電車、バス、フェリー、路面電車)のルートや時間を調べられる無料アプリが用意されています。

スマートフォンにダウンロードしておくと安心です!

上の写真のように、路線図や地図などから出発駅や目的地を選ぶことができます。

シドニーなら「TripView Lite」、メルボルンなら「PTV(Public Trasport Victria)」などのアプリが便利です。

ちなみにQLD州では乗り換え検索アプリはありませんが、交通局のウェブサイト上で調べることができます。

QLD交通局WEB: https://translink.com.au

③電車に乗ってみよう!

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%ef%bc%93
ここからはシドニーでの実際の電車の乗り方をご紹介します。アプリで目的地を調べて、チャージ済みのオパールカードを持ったら、いざ駅へ。写真はTown Hall(タウンホール)駅の入り口。オレンジ色の「T」は、ここが電車の駅であることを示しています。

改札ではカードをしっかりタッチ

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%ef%bc%94
改札機は日本と似ていますが、手前のカラフルな丸いセンサーがオパールカード用ですので、ここにタッチすると改札が開きます。

日本との違いは、反応速度が遅いこと!

前の人が通ってから、改札上の小さな画面が「Ready」になったことを確認し、オパールカードをセンサーにしっかりタッチするようにしましょう。

すると画面にチャージ残高などが表示され駅内に入れます。

乗り降りの際にしっかりタッチできていないと、その路線の最大金額を引かれてしまうこともあるので要注意です。

車内の様子、マナーは日本と違う?

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%ef%bc%95
オーストラリアの電車では、日本のように電光掲示板が多くなく、あっても各車両の先頭と後方に各1つずつ。

古いタイプの車両だと電光表示が無い場合もありますので、自分の降りる駅を見逃さないようにしましょう。

車内アナウンスも日本ほどたくさんは流れません。

シドニーの場合、ダブルデッカーと呼ばれる2階建て車両が多く、入り口付近に優先席があります。

オーストラリアでは電車内での携帯電話での通話は特に禁止されていませんが、皆マナーとして大声で話したりはしないので、秩序が守られている印象を受けます。

また、優先席でなくても、妊婦さんや小さな子供連れの人、お年寄りや体の不自由な人を見かけると誰もが率先して席を譲るのが当たり前。

キリスト教の「助け合い」の精神が色濃い文化背景が感じられます。

キセル乗車の取り締まり

時々、警察か交通関連のスタッフによる見回りがあり、彼らの求めに応じて全ての乗客は切符かオパールカードを提示しなくてはなりません。

ここで切符を持っていなかったり、正しい運賃を支払わずに乗車にしていることが見つかると、約300ドルの罰金が課され、犯罪記録が残ることになります。

「うっかり」は認められませんので、切符を失くしたりオパールカードのタッチ忘れが無いように、十分に気をつけましょう。

オーストラリア電車の乗り方さいごに

%e9%9b%bb%e8%bb%8a%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

オーストラリアでの電車の乗り方、いかがでしたか?最初は戸惑うかもしれませんが、事前に知って準備しておけば基本は日本と同じです。

オーストラリアに来たばかりの人も、これから来る人も、現地での生活を100%楽しむために是非、電車を活用してみてくださいね!

この記事を書いた人


kyoko

オーストラリア在住6年。オーストラリアワーキングホリデーから学生そして現地で就労を通して経験したり学んだ生活のお役立ち・便利情報を発信中。
まずは無料で留学相談から