【iPhone?Android?】ワーホリ時の携帯端末の買い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキンングホリデーに行く前は色々なことで悩みます。具体的な例としては悩んだものの一つに「携帯電話はどうすれば一番お得になるんだろう」というものがあります。

前回はオーストラリアで選ぶべき携帯キャリアについて紹介しましたが、今回はワーホリにくる時は携帯電話本体についてはどうするのがいいかまとめました。

携帯を買う方法

選べる選択肢としては大きく分けて2つになります。日本からSIMフリー携帯*を持ってきてオーストラリアで使用するのが一つ、

もう一つがオーストラリアに来てから携帯本体も買う方法です。

*SIMフリー携帯: 通常日本のキャリアで買った携帯電話はそのキャリア専用になっています(SIMロック状態)。それを解除してどの会社でも使用可能な状態にしたものがSIMフリー携帯です。SIMロックの解除はキャリアでやってもらう(解除に際してルール有り)か元からSIMフリーになっているものをキャリア以外のお店やインターネット経由で買う必要があります。

日本で購入して持ってくる

日本で買ってくる場合は、街のお店やネットで買う方法と日本で使っているキャリアで購入した携帯をSIMフリーにしてくるという方法があります

キャリアのものでSIMフリーに出来るものは2015年5月以降発売のモデルのみで、何ヶ月以上の利用が必要などのルールもあります)。

街のキャリア以外のお店で購入する

実際に品物を見て、店員さんに質問をしながら選べるのが強みです。値段自体はネットに劣ることが多いですが、iphoneなどどこで買っても割引がない商品については家電量販店などで買う方がポイントが付く分お得な時があります。

日本の通販サイトで購入する

日本の通販サイトで買うと商品によってはだいぶ安いです。その反面ネットで口コミなどを見ることはできますが、直接質問しながら選ぶことはできないので相談できる方が安心であるなら店頭まで行って買う方が無難かもしれません。

キャリアで購入、またはSIMロック解除する

現在日本で携帯大手3社(ドコモ、 au、ソフトバンク)を使用しているかたで2015年5月以降発売の商品(例えばiPhoneなら6S以降)を使用しているかたなら使用中の携帯をキャリアにてSIMフリーにすることが可能です。

SIMフリーにする作業に3000円ほどかかりますが、この方法を取れるなら端末代は他の方法より安くすみます。

ただし2年縛り契約があったり月額料金を見るとMVNO(格安SIM)と比べて高いので万人にオススメできる方法ではありません。

オーストラリアに来てから購入する

オーストラリアに来てから購入する特徴として、こちらでは日本ではほぼ出回っていないような低価格(電話とテキストのみだったらAU$30ほど〜)で低性能な携帯が売っていることが挙げられます。

街のキャリア以外のお店で購入する

オーストラリアにも街中で携帯を売っているお店があります。こちらも店員さんに聞きながら購入することはできますがポイントがあるところなどはあまり見かけません。

オーストラリアの通販サイトで購入する

色々なサイトがあり、安いものも売っていますがワーホリの人は最初は住所がないこともありますし、届くのに時間がかかったり下手をすると届かなくて英語でクレームを入れなければいけない可能性もあります。

オーストラリアのキャリアで購入する

オーストラリアのキャリアでも携帯を購入できます。ワーホリの人の多くが選択するプリペイド方式のプランに利用できる携帯を購入する場合、合計でAS$80以上の入金がないとSIMフリーにするのにAU$80かかります。

価格比較

(2017年4月26日時点)

ここでは参考までに日本とオーストラリアどちらで購入するのが安いのか現時点での具体的な値段を上げて見ていきます。

携帯 日本(ネット通販) オーストラリア(ネット通販)
iPhone7(Apple公式サイト) ¥78,624~ AU$1,079(¥90,130)~
iPhoneSE(Apple公式サイト) ¥48,384~ AU$679(¥56,684)~
ZTE T815(AU最安のスマホ)* AU$46
ALCATEL 20.45X(通話とテキスト) AU$39
WPJ40-10(価格.com最安のスマホ) ¥4,480
Zenfone3 ZE552KL ¥43,789~ AU$359~
Galaxy J5(AUでそれなりの価格と品質) AU$199~

iPhoneは日本で買う方が安く、最安の商品を見るとどっちの国でも¥4000ほどであります。一方でZenfoneなどオーストラリアの方が低価格になっている商品もあることがわかります。

また、ギャラクシーなどでは日本ではないモデルを選ぶことができ、AU$200くらい出せばそれなりにオススメのものがあります。

*3Gのみ対応

対応周波数

携帯電話を日本から持ってくる時に気にしておかないといけないことがあります。それはその端末がオーストラリアの周波数に対応しているかです。

最近のモデルであれば基本的に対応しているので問題ないのですが、もし古い端末を持ってくる予定がある場合はその端末が1800MHz(Band3)に対応しているかどうかを調べておいた方がいいです。

もし調べるのがめんどくさいという人はオーストラリアで買うかiPhoneにしておけば対応しています。

まとめ

1. とにかく安く済ましたい人:オーストラリアでほとんど電話とテキストのみの機能しかない携帯が$39ほどで買える。

2. iPhoneじゃなくてもいいけどそれなりの携帯が使いたい人:オーストラリアと日本のサイトで比べて安い方で購入するかオーストラリアでGalaxyなどを選ぶ。

3. iPhoneを利用したい人:日本でSIMフリーのiPhoneを購入して持って来るのが一番お得

本体を購入したらどの会社のプランを選ぶかも重要なのでこちらもご参照ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
まずは無料で留学相談から